※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

片手剣 考察

■総括データ
武器威力 C+
ガード C
手数 B+
属性
移動速度 A
リーチ C
遅延時間 C
納抜刀速度 A
スーパーアーマー
総括 A


■特徴
片手剣は比較的攻撃力は低めだが、手数の多さとPからの追加機能のおかげで
序盤から終盤にかけて活躍できる武器になっている。

特筆すべき事は「肉質透過」。
片手剣は切れ味ゲージに緑以上の切れ味があれば、従来なら弾かれた部位にも
威力は低めだが弾かれずに斬り続けることが出来る。
しかし緑ゲージがあっても切れない部位も存在する事を頭の隅に置いておいて欲しい。
(グラビモスの翼、足は刃が通らない。等々)


△切れ味によって不利になる場合も。

解説によると
「甲殻の隙間を狙って斬るので弾かれずに済む」らしいのこと。
ちなみに双剣にこの効果が適用されない理由は「斬るのに必死だから」だそうだ。
合理的な理由だがなんともしっくりこない理由である。


■立ち回り
シングルモード───
各モンスターのスキを突いて飛び込み斬り~回避の繰り返し。
また状況に応じて派生を全て出さずに、適当な箇所で回転斬りで締めて、回避。
モンスターとの距離が近いならR3押し込みの「切り上げ」から攻撃していこう。
移動は抜刀しっ放しでも可だが、モンスターとの距離が離れているなら納刀した方が良い。

オンラインモード───
ここでは多人数で狩りをしている事を前提にして書きます。
片手剣の攻撃派生のフィニッシュは仲間に当たると吹き飛ばしてしまう。
なので、最後まで出さずに回転斬りで締める事を勧める。
勿論、言うまでも無いが回りに仲間が居ない場合はフルコンボでも可。


■基本戦術
基本はモンスターの攻撃後のスキを狙って攻撃するのだが
詳細は各ページで紹介するのでここでは省略させてもらう。

片手剣は属性が豊富なのでそこも活用して、的確に弱点を突いていきたい。
特に手数が多い割りに属性値は高めなのでステータス異常攻撃も有効であり
片手剣の長点でもあるので十分に活用して欲しい。

個人的意見だが勧めたい武器は
「デスパライズ」「デッドリィタバルジン」で、双方ともに作りやすく、強力である。
|