※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 マジックの歴史は長い。そのため、長くマジックを遊んでいるプレイヤーというのは希少種である。
 今回対戦する末原と細川は宮崎でもマジック歴の長いプレイヤーである。細川はテンペストから、末原は日本語版4版から。経験の深さがデュエルにどこまで影響するだろうか?
 デッキは、末原が赤単スライ、細川が青白マーフォーク。

第1戦

 ダイスロールで先行は末原。2ターン目にエンバーワイルドの占い師を出すと、返しで《銀エラの達人/Silvergill Adept》。

 末原の《怒鳴りつけ/Browbeat》に細川はライフルーズを選択。対して、細川は《水大工の意思/Aquitect's Will》で《ペンデルヘイヴン/Pendelhaven》を
島へと変え、《アトランティスの王/Lord of Atlantis》で達人を強化して殴る。

 しかし、末原は赤単。場に《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》、《血騎士/Blood Knight》を加え、細川のライフを火力圏内まで落とす。後、4。

それでも、細川は焦らない。忘却の輪で占い師を消し去り、二体目のアトランティスの王を追加する。

これで、クリーチャーサイズが大きくなったために、末原はうかつに動けない。
 そして、細川は次のターン、島渡りでアンブロッカブルのクリーチャーで全軍攻撃の後、《心霊破/Psionic Blast》で、末原のライフを一気に削り落とした。


第2戦
 末原は、「nice cut.」と言いつつ、マリガンを選択。細川はマリガンなし。
 1ターン目、《灰の殉教者/Martyr of Ashes》を加えるも、次が続かない。細川は、《銀エラの達人/Silvergill Adept》を出し、ビート。

細川「銀えら殴ります」
末原「じゃあ、砂漠でダメージを」
細川「じゃあ、銀えらに《猿術/Pongify》を」

3/3を場に光臨させる。

 対して、末原は《氷結地獄/Cryoclasm》でダメージを与えつつ、細川のマナを攻める。

 しばらく後、3/3の猿と殉教者が相打ちし、場がキレイになるも、
すぐに、細川は、銀えら、《アトランティスの王/Lord of Atlantis》と展開。

 あまり手札の芳しくない末原は《怒鳴りつけ/Browbeat》で手札の補充を図る。
 そして、《紅蓮地獄/Pyroclasm》をプレイするも、これは《ルーンのほつれ/Rune Snag》。

 細川は容赦なく《メロウの騎兵/Merrow Reejerey》をプレイし、マーフォークを強化。

 残りライフ2の末原は占い師2体と《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》でブロックを試みるが、ここで末原は手札0。
それを確認して、本体に《心霊破/Psionic Blast》をプレイし、ゲームは終わった。

細川 2-0 末原