※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 予選ラウンド最終戦。おそらく予選突破ラインが2-1-1だということで、現在、1-1-1の戦績の方をフューチャー。
 小森は青白マーフォーク、川崎は青黒フェアリー。クロックパーミ同士の対戦。


第1戦

 マーフォークをゆったりと展開する小森に対して、川崎は除去しつつ、《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》
から《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》へと覇権し、ビート。

 続けざまに川崎は、霧縛りの徒党/Mistbind Clique。続けざまの土地縛りに思わず小森も苦笑。

 この霧縛りの徒党は《外身の交換/Crib Swap》で除去するも、戻ってきた最初の《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》
が再び覇権。

 小森は事態を打開しようと、《メロウの先触れ/Merrow Harbinger》で《群れの召喚/Summon the School》をサーチ。

 返す刀で川崎も《神秘の指導/Mystical Teachings》。徒党を持ってきた川崎に、またもや小森は苦笑。
起きない土地に「もー…」とため息が漏れる。

 残りライフの少ない小森は《忘却の輪/Oblivion Ring》で2体いるうちの徒党の除去を試みるも、クリーチャーが戻ってくること、
そして、そのクリーチャーがいることで次のターン、ライフが0になることに気付き、負けを認めた。


第2戦

 シャッフル中、「またフェアリーかあ」と嘆く小森に対し、川崎はマリガンスタート。

 1,2ターンとお互いクリーチャーが出てこない状況で、先に動いたのは、小森。場に《銀エラの達人/Silvergill Adept》を送り出し、1ドロー0.

 対する川崎はエンド時に《ウーナの末裔/Scion of Oona》をプレイ、これは小森が《外身の交換/Crib Swap》で除去。
しかし、トークンが出ているために、銀エラは殴れず。

 小森はマーフォークを増やし、場を固めようともくろむ。

 が。

 川崎は一つの呪文をプレイ。

 「《滅び/Damnation》」

 「あー」という小森の小さな叫びと共に場が一掃される。

 形成を逆転させた川崎は、《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》から《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》へ繋ぐ。

 こうなるとクロックパーミの本領発揮。致命的な呪文を打ち消しつつビートダウンモードに。
 小森も《銛撃ちの狙撃者/Harpoon Sniper》、《水流を読む者/Judge of Currents》とクリーチャーを展開するも、
《神秘の指導/Mystical Teachings》→《恐怖/Terror》、神秘の指導フラッシュバック→霧縛りの徒党と展開を阻む。

 勝てる見込みのなくなった小森は静かにデッキを畳んだ。

川崎 2-0 小森