※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップ8の一戦にて、フェアリー対フェアリーの同キャラ対決が実現した。
勝つのは川崎か吉田か。

第1戦

吉田は1ターン目、《人里離れた谷間/Secluded Glen》から《思考囲い/Thoughtseize》プレイ、
《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》をディスカード。次ターンに《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler》
と抜群の周り。

 川崎も《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》を出して応戦するも、これは《奇妙な転置/Strange Inversion》。
その後、お互いに《やっかい児/Pestermite》を場に出して殴り合いになる。

 吉田は《思考囲い/Thoughtseize》で手札を攻めるが、川崎は対応して《殺戮の契約/Slaughter Pact》。川崎の手札は、
土地2枚と《否定の契約/Pact of Negation》。《否定の契約/Pact of Negation》が墓地に落ちる。

 攻めの一手の吉田は、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》をプレイ。川崎はチャンプブロックの後、
《神秘の指導/Mystical Teachings》、《恐怖/Terror》へと繋ぐ。
 吉田のうろつく者がライフを削る、と思いきや、川崎は今引きの滅びでこれを凌ぐ。

 なおも、吉田は、《雲のスプライト/Cloud Sprite》と《やっかい児/Pestermite》を出すが、川崎もクリーチャーで対抗。
逆に、《ウーナの末裔/Scion of Oona》と《やっかい児/Pestermite》でビートし返す。ここに来て、神秘の指導や《熟慮/Think Twice》で
コツコツとアドバンテージを稼いでいたのが聞いてきた感じだ。

 展開するクリーチャーを打ち消され、吉田は勝ち目がないと感じ、投了した。


第2戦

川崎は1マリガンスタート。
 お互い、土地を並べる序盤、動きがあったのは、吉田の4ターン目、吉田は《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler》プレイ、
川崎のクリーチャーをカウンターや《恐怖/Terror》で除去しながらうろつくものと《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》でビート。

 対する川崎は決め手を引けない。吉田は容赦なく、《思考囲い/Thoughtseize》で手札を攻める。川崎はこれを《否定の契約/Pact of Negation》
するが、吉田は《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》。手札の《神秘の指導/Mystical Teachings》を落とされて、川崎は負けを認めた。


第3戦

 川崎は先行をチョイス。悩みながらもテイクマリガン。トップをめくって残念がる。マリガンしたらトップを見ないのが鉄則である。

 川崎、思うように土地を引けないため、展開できない。そんな川崎を尻目に吉田は、マナを伸ばし、4ターン目、《ウーナの末裔/Scion of Oona》、
5ターン目に《根絶/Extirpate》で《ルーンのほつれ/Rune Snag》を除去する。

 吉田は攻撃の手を緩めない。《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》で打撃力を上げつつ、川崎がブロッカーとして出した《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》
を恐怖、やっかい者を《誘惑蒔き/Sower of Temptation》、《噛み付く突風、ウィドウェン/Wydwen, the Biting Gale》に《名も無き転置/Nameless Inversion》。

 状況を完全に固めた吉田がそのまま殴り勝つ。

吉田 2-1 川崎