※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

準決勝は、デッキタイプこそ違えど、2卓とも青黒VS緑黒。

そのうち、青黒コンの山本と緑黒エルフの緒方の一戦をお届けします。


第1戦

 静かに土地セットを続ける山本。緒方は、《ボリアルのドルイド/Boreal Druid》、もう一体ドルイドと
追加して、《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》へとつなげようとする。さすがにガラクは打ち消される
 しかし、次のターンに再び《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》をプレイし、これを通すことに成功。

 山本は、《入念な考慮/Careful Consideration》で打開策を探す。緒方は象トークンを増やし、《樹上の村/Treetop Village》と一緒にビート。
 山本も、《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》召還→ブロック(この後、《眼腐りの終焉/Eyeblight's Ending》でテフェリー除去される)や
《トレイリア西部/Tolaria West》から《殺戮の契約/Slaughter Pact》で、数を減らす。

 なおも、クリーチャー&トークンを展開する緒方だが、山本の《堕落の触手/Tendrils of Corruption》がライフ増加と共に、緒方の勝ち目を積んでいく。

 そして、増えてきたマナで山本が徐々に試合の主導権を握る。

 テフェリー、《神秘の指導/Mystical Teachings》からの《墓忍び/Tombstalker》。

 緒方も《ソーンウィールドの射手/Thornweald Archer》、《エルフのチャンピオン/Elvish Champion》と粘るが、ダメ押しの《堕落の触手/Tendrils of Corruption(TSP)》10点。

 伸び行く相手ライフに、勝ち目が見えなくなった緒方は投了を宣言した。


第2戦

 1戦目のように、《ボリアルのドルイド/Boreal Druid》スタートの緒方、山本は同じように淡々と土地を伸ばす。
 《鋸歯傷の射手/Jagged-Scar Archers》、これは《恐怖/Terror》で落とされる。が、緒方は返しで《猛牛の目/Eyes of the Wisent》を置くことに成功。

 山本は4ターン目に、《滅び/Damnation》で凌ぐものの、緒方も《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》を置き、対抗。

 ガラクの象トークン軍団は、再びの《滅び/Damnation》で凌ぐも、2体の《樹上の村/Treetop Village》が山本を襲う。
猛牛の目のために、うかつに除去すら使いづらいが、《堕落の触手/Tendrils of Corruption》でライフを水準域に戻しつつ、出たトークンをソーサリー除去で切り抜けていく山本。

 が、ゲームは突然終わった。


緒方「パクトのコスト支払いしてないよね?」

山本、暁…ではなくて、パクトに斃れる。



第3戦

 先行を選んだ山本。緒方は、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と抜群のスタートだが、これは《恐怖/Terror》で除去。

 しかし、その後、《ボリアルのドルイド/Boreal Druid》、《傲慢な完全者/Imperious Perfect》、《樹上の村/Treetop Village》と揃え、ビート開始。

 山本も《トレイリア西部/Tolaria West》変成から《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》に繋げて、来るべき《堕落の触手/Tendrils of Corruption》に準備を固める。

 しかし、緒方も《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》、《麗しき者の勇気/Prowess of the Fair》と、2体目の《傲慢な完全者/Imperious Perfect》と展開する。

 3/3のドルイドと完全者が山本を襲う。

「テフェリー」

 《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》をプレイし、完全者をブロックして除去。
《堕落の触手/Tendrils of Corruption》もプレイし、緒方のエルフと象の軍団を退けていく。

 そして、山本は、《墓忍び/Tombstalker》を場に出す。

 5/5 飛行。

 場のクリーチャーを綺麗に除去していった山本が場を完全に掌握し、そのまま、ゲームが終わった。


山本 2-1 緒方