※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

都道府県選手権宮崎県大会も残すは決勝。

青黒同士だが、デッキタイプは違う。

パーミッションを操る山本哲也、フェリアーを操る吉田将人。

どちらも勝てば初優勝。


第1戦

 ダイスロールで、山本は3、吉田はピンゾロを出し、山本が先行を取る。

 パーミッションらしく土地を淡々と置いていく山本。逆に、吉田は、早いターンにクリーチャーを展開できない。

 吉田の4ターン目のエンドに山本が《神秘の指導/Mystical Teachings》をプレイ、これは《ルーンのほつれ/Rune Snag》。
 次の吉田のエンドには、山本の《入念な考慮/Careful Consideration》。これは通る。

 まるでパーミッション同士のような対決が繰り広げられるかと思ったが、吉田が《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler》
を通す。なおも、《思考囲い/Thoughtseize》で優位を維持しようとするが、ここで、対応《堕落の触手/Tendrils of Corruption》、
カウンター合戦の後、触手が通る。また、思考囲いも打ち消される。

 場が綺麗になった後、山本は、《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》、《墓忍び/Tombstalker》と展開。

 これを止められる術をもたなかった吉田は投了を宣言した。



第2戦

 優勝に大手をかけた山本、デッキを入念にシャッフル。吉田は険しい表情でサイドボードを見つめている。

 1戦目と違い、吉田は1ターン目、2ターン目と《雲のスプライト/Cloud Sprite》、3ターン目、《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler》をプレイし、ビートダウン。 
山本は、《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler》を《葬送の魔除け/Funeral Charm》で除去。スプライト1体も恐怖するが、これは、
《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》。

 吉田は、《思考囲い/Thoughtseize》で手札を狙うが、対応して除去でスプライト2体が除去。手札は、《入念な考慮/Careful Consideration》、
《堕落の触手/Tendrils of Corruption》、《滅び/Damnation》。吉田は、ライフゲインを嫌ってか、《堕落の触手/Tendrils of Corruption》を落とす


 《雲のスプライト/Cloud Sprite》1体がコツコツ殴る。
 山本は、《入念な考慮/Careful Consideration》でライブラリを掘り進め、打開策を探す。
 《突然の死/Sudden Death》でスプライトに引導を渡す。

 吉田は、次なるクリーチャーを展開したいが、山本の打ち消しに阻まれ、思うように行動できない。

 逆に、山本は《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》を場に出す。

 吉田も、《ウーナの末裔/Scion of Oona》、《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》展開するが、
山本は《死者の王、ドラルヌ/Dralnu, Lich Lord》を場に送る。


 数ターン後、勝ち目を失った吉田は投了を宣言した。



 山本哲也氏、優勝おめでとう。

山本 2-0 吉田