※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

excelなどで

  • 別シートで定義してあるADDRESS関数のための参照先アドレス値が、参照元のセル位置で合っているかどうかを、参照元のセルCELL関数で得た値でチェックするための式
    • =CELL("ROW",N3)=INDIRECT("'sheet-TXT'!"
      address plugin Error: オプションがありません。オプションを記入してください。
      -QUOTIENT(CELL("ROW",L3)-3,37)-1)*2+QUOTIENT(CELL("ROW",L3)-QUOTIENT(CELL("ROW",L3)-3,37)-3,7),7))
アドレス値の記述セルは
1つ飛び
7個ごと+1セル
37個ごともう+1セル




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー