※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

必要なコマンドだけ紹介しています
コマンドが分かり次第追加していきます
uuuu=オプション
xxxx=ファイル名
yyy=拡張子名
zzzz=変換時のファイル名
aaaa=イメージフォーマット
nn=ラップ数
S.s=スピード値
フォーマット wimgt名
I4 I4
I8 I8
IA4 IA4
IA8 IA8
RGBA565 R565
RGBA5A3 R3
RGBA32(RGBA8) R32
C4 C4 ※1
C8 C8 ※1
C14X2 C14X2 ※1
CMPR CMPR

Wiimms SZS tool

コマンド 説明 対応形式
wszst extract xxxx.yyy
(wszst x xxxx.yyy)
szsファイルを展開します 展開したszs内のファイルはxxxx.dフォルダに入っています breffやbreftを編集する際はexractのあとに「--all(もしくは -a)」をつけてください szs,brres,breff,breft
wszst create xxxx.d
(wszst c xxxx.d)
編集したxxxx.dフォルダをszsファイルにします szs,brres,breff,breft
wszst minimap --auto xxxx.yyy 作成したマップモデルを調整します szs,brres,mdl0
wszst check xxxx.szs szsファイルに問題がないかどうかを確認します szs
wszst normalize --wu8 xxxx.szs SZSファイルをWiimms U8形式に変換します wu8をszsに戻したければ--wu8をszsにし、ファイルもxxxx.wu8にしてください szs,wu8
wszst patch --scale x,y,z xxxx.szs コースを変形します x=左右の幅 y=上下の幅 z=前後の幅 szs
wszst compress xxxx.u8 U8形式をYAZ0形式に(szs)に変換します(BrawlBox v0.68でszsをセーブするとU8形式になってしまうのでその目的で使うことが出来ます。その場合一度szsをU8として保存(Save as)してから使うことが出来ます。このコマンドを適用した後、SZS Modifierでセーブしないとフリーズします u8
wszst patch xxxx.szs --kmp nlap コースのラップ数を変更します szs
wszst patch xxxx.szs --speed-mod S.s コースのスピードを変更します szs

Wiimms KCL tool

コマンド 説明 対応形式
wkclt decode xxxx.kcl kclをobjに変換します kcl
wkclt encode xxxx.obj objファイルをkclに変換します obj
wkclt cff xxxx.obj objファイルをflag(txt)ファイルに変換します kclタイプを変更する時などに使えます obj
wkctl encode track.flag --dest course.kcl 設定したflagファイルをkclに変換します flag,txt
wkclt encode xxxx.kcl --dest zzzz.kcl --kcl drop kclの無駄な部分を削除します kcl
wkclt encode xxxx.kcl -o --kcl-script lower-walls.txt kclの壁(wall全般)を少し下に低くします(lower-walls.txt必要,したにあります) kcl

Wiimms KMP tool

コマンド 説明 対応形式
wkmpt decode xxxx.kmp kmpファイルをtxtに変換します kmp
wkmpt encode xxxx.txt 設定したtxtファイルをkmpに変換します txt
wkmpt cobject xxxx.kmp kmpをobjに変換します(ENPT,CKPT,ITPTのみ変換) kmp
wkmpt check xxxx.kmp kmpに問題がないかどうかを確認します kmp

Wiimms Image tool

コマンド 説明 対応形式
wimgt encode xxxx.yyy --transform =aaaa --dest zzzz.yyy 画像ファイルを指定したファイルに変換or画像フォーマットを変換します tpl,tex0,bti,png,btimg(breft image)
wimgt decode xxxx.yyy 指定したファイルをpngに変換します tpl,tex0,bti,btimg(breft image)

Wiimms StaticR tool

コマンド 説明 対応形式
wstrt tracks トラックIDリストを表示します rel
wstrt arena バトルコースIDリストを表示します rel
wstrt patch xxxx.rel --region c リージョンIDを変更します 詳しくはこちら rel
wstrt patch xxxx.rel --tracks AA=BB トラック配置場所を変更します 詳しくはこちら rel

Wiimms mkw-ana

現在開発中とのことです

lower-walls.txt(下の文をコピーしてtxtで保存するかこちらを右クリックで保存してください)
# Setup
@def start	= mSec()	# start time, for the status line
@def mod_count	= 0		# modification counter

# Get the value for lowering the walls.
# If 'lower' is defined as number by option --const, use it.
# Otherwise use the default of 50.
@def lower = isNumeric(lower) ? lower : 50
 
# Define a function to test the KCL flag for walls
@function isWall # flag
    @pdef t = $1 & 0x1f
    @return t == 0x0c || t == 0x0d || t == 0x0f || t == 0x14 || t == 0x1e || t == 0x1f
@endfunction

# Main loop: Iterate through all triangles
@for t=0;tri$n()-1
    @if isWall(tri$flag(t))
	  # Is it a wall? If yes, lower the wall & increment counter
	  @def status = tri$shift(t,-vy(lower))
	  @def mod_count = mod_count+1
    @endif
@endfor

# Print a little status line
@echo "  - " mod_count " of " tri$n() " triangles lowered by " lower
	  > " in " (mSec()-start) " msec."

※1 マリオカートwiiでは対応していません