※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誰でも情報発信を!


知る人ぞ知る沖縄発「軽度三角頭蓋」。          それが’04年6月インターネット上でこの疾患について語られたのをきっかけに、一気に日本国内外での  認知が高まりました。特に、発達障害児を持つ多くの親の中には、情報を得るや興奮を抑えきれずにこの話題に釘付けになった人も少なくありませんでした。今日まで、既に手術を受けた子どもは300人程。    そのことにより、最近では医療関係者、教育・療育  支援者、行政担当者などの間でも広く知られる機会が増えてきていると思います。                           とはいえ、軽度三角頭蓋にまつわる話は賛否両論数々あれど、一体どこにこの疾患の真実があるのかは、未だはっきり見えてきません。しかし、それこそが疾患に興味と関心を持つ誰もが本当に知りたいところではないのでしょうか?

mt-projectでは、発達障害児に関わる親・専門家・支援者などが、立場を超えて語り合い、軽度三角頭蓋への共通の理解と認識を得ることを目指します。 





 上記の図は、関係をわかりやすく説明した簡略図であり、現実と異なる場合があります。予めご了承ください。

興味と関心のある方へ:
軽度三角頭蓋を取り巻く環境の日々の変化や見え隠れする問題、そして手術を受けた子ども達のその後について、このサイトを通じて一緒に考えてみませんか?

私達は願っています。自由な発想と広い見地から多くの意見が寄せられ、関わる人たちに多くの気づきを 与えられますように。そのことから、軽度三角頭蓋についての真実が探られ、発達障害を抱える子ども達の明るい未来が得られますように。


このページは@Wiki(あっとういっき)というシステムを利用して作成されています。このシステムは不特定多数の利用者からのページ更新や、新規作成を可能とします。

単に固定情報を発信するだけでなく、みなさんが持つ最新情報を取り込んでこのサイトを成長させることが出来ます。そうです、日々成長するサイトを作るのはあなた自身なんです。

ただし、HPの目的に反する場合、管理担当者等が一方的に削除することが有ります。あらかじめご了承下さい。

編集の練習用ページや、@Wikiのヘルプがあります。一度確認してみて下さい。


mt-projectサポートメンバーズクラブは、        発達障害児を持つ
親たちの集まりです。

特定の団体等から支援を受けない
中立な、ボランティアの集合体です。                                      よって、当HP内に掲載されている情報に関し、                                                           特定のものを支持したり支援したりする目的は                     ありません。                                           ご意見・ご要望がある場合は、以下の                          サポートメンバーズクラブまでお寄せ下さい。                                              また、当HPを通じて発信したい・伝えたい                                                                             という事柄がある場合も                                      ご相談を受け付けております。                                        お気軽にお問い合わせ下さい。                     

サポートメンバーズクラブへアクセス


添付ファイル