MyOSS XAデータソースの設定方法

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

MySQLを使ったXAデータソースの設定例(mysql-ds.xml)

   <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
   <datasources>
     <xa-datasource>
       <jndi-name>MysqlDS</jndi-name>
       <xa-datasource-class>com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.MysqlXADataSource</xa-datasource-class>
       <xa-datasource-property name="URL">jdbc:mysql://localhost:3306/test</xa-datasource-property>
       <user-name></user-name>
       <password></password>
       <track-connection-by-tx>true</track-connection-by-tx>
       <exception-sorter-class-name>org.jboss.resource.adapter.jdbc.vendor.MySQLExceptionSorter</exception-sorter-class-name>
       <metadata>
          <type-mapping>mySQL</type-mapping>
       </metadata>
     </xa-datasource>
   </datasources>

<track-connection-by-tx>true</track-connection-by-tx>を忘れずに。
これをfalseにするとまだMySQLでは実装していないXA派生コマンドをJBossが使ってエラーになります。