MyOSS Tomcatクラスタ構成手順

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Tomcat クラスタ構成手順

HttpセッションのクラスタリングをTomcatで行う手順を以下に示す。

環境

OS:SuSE 9.2
Tomcat:5.5.9
Apache:2.0.54
mod_jk:1.2.14.1
JDK:1.5.0_04

構成

Apache
     Tomcat1
           Cluster1
     Tomcat2
           Cluster2

前提

Apache+Tomcatの連携手順Tomcatロードバランシング設定手順を参照し、ApacheとTomcatの連携が完了していること。

修正ファイル

sever.xml
対象アプリケーションのweb.xml(今回はservlets-examples)

修正方法

1.server.xml
  • Cluster定義のコメントアウトを解除。Clusterタグで囲われている部分)
  • SHUTDOWN,HTTP/1.1,AJP 13,tcpListenPortを、Cluster間で重複しないようにずらす
  • mcastBindAddressの値に、ループバックアドレスを設定(N/Wに接続していない場合)

2.web.xml
web-appタグ直下に、distributableタグをを追加する(属性なし)

確認方法

本来であれば、Apache経由でTomcatにアクセスするのだが、Tomcatのクラスタリング機能が正常に稼動していることを確認するため、直接Tomcatにアクセスする。
http://localhost:[$Tomcat1のポート番号]/servlets-examples/servlet/SessionExample
1."Name of Session Attribute"と"Value of Session Attribute"に適当な値を入れて、実行ボタンを押す。

2.Tomcat1に障害が発生したと想定し、Tomcat1を終了させる。

3.http://localhost:[$Tomcat2のポート番号]/servlets-examples/servlet/SessionExampleにアクセスする。

おおぉー、さっき入力した値が表示されていますね。