MyOSS Xen 2.0の導入

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Xen 2.0 構築環境

H/W:Dell Inspiron 510m
CPU:Pentium M 1.5GHz
Memory:1G
OS:SuSE 9.3 Professional

SuSE 9.3の導入

以下のサイトを参考にインストール。
FTPでのインストールは上手くいかないため、HTTPインストールを実行。
Novell社公式サイト

Xenの導入

Xenのインストール前に、以下のパッケージを導入。
iproute
bridge-utils 2.1
Python 2.3
Twisted
libcurl
上記モジュールの説明は、@IT ~ インストール & Debian環境構築編 ~を参照。
YaSTから、
kernel-xen(Xen版Linuxカーネル。ハードウェアドライバ込み)
xen(VMモニタ本体)
xen-doc-html(htmlドキュメント)をインストール。

GRUBの設定

SuSE 9.3で使用されるブートローダーのGRUBにXenのエントリを追加する。
#/boot/grub/menu.lstに以下の記述を追加する
title Xen 2.0.5
kernel (hd0,1)/boot/xen.gz dom0_mem=131072 
module (hd0,1)/boot/vmlinuz-2.6.11.4-20a root=/dev/hda2 ro console=tty0
module (hd0,1)/boot/initrd-2.6.11.4-20a.xen
#rootデバイスやdom0_memの値は各自の環境に合わせて変更する

Xenの起動

PCを再起動しブートメニューが表示されたら、先程追加したXenを選択する。
#ログインのユーザIDとパスワードはSuSEインストール時のものと同じ
コンソールから、
"xend start"でXenを起動し、"xm list"でDomain-0のエントリが表示されていればOK。