MyOSS WebLogicのデータソース設定

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WebLogic9.0の英語ドキュメントによれば,ver9.0はMySQL用JDBCドライバがプレインストールされているらしい.しかしver8.xは追加してあげないといけないようだ.

追加方法は以下.

1.CLASSPATHにJDBCドライバのJARファイルと$WEBLOGIC_HOME/server/lib/weblogic.jarを追加する.
2.WebLogicサーバを起動した後,WEB管理コンソールを起動する.
3.WEB管理コンソールのサービス>JDBC>接続プーリングから接続プーリング設定を追加.
4.WEB管理コンソールのサービス>JDBC>データソースからデータソース設定を追加.
5. 図のようになれば完了.



3のステップの時点で「テスト」みたいなボタンを押すと接続確認できる.WebLogic9.0でプレインストールされているMySQL用JDBCドライバが何なのか(Connector/Jなのか&もしそうならバージョンはいくつか)が気になるところ.

追記:9.0を試してみたものの、Connector/Jがプレインストールされている様子はなかった。