|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ナール超音波のしくみ

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通常の脂肪分解について


通常の脂肪分解は、血中のエネルギー源が不足すると脳からの指令によって全身にノルアドレナリンが分泌されます。ノルアドレナリンが分泌されると脂肪が分解されて遊離脂肪酸となって血中に移動します。血中に入った遊離脂肪酸はエネルギー源となり消費されます。ただし、消費されなかった分(運動で使われなかったエネルギー源)は再び脂肪になります。


ナール超音波による脂肪分解について


ナール超音波を当てた部分でノルアドレナリンが分泌されます。通常の脂肪分解ではエネルギー源が不足した場合、つまり運動を行い血中のエネルギー源が消費され尽くした場合に脂肪が分解されます。しかし、ナール超音波を当てると運動しなくてもノルアドレナリンが分泌され、脂肪が分解されます。ただし、血中に入った遊離脂肪酸を消費しなければ通常の脂肪分解と同様、消費されなかった分は再び脂肪になります。


つまり

ナール超音波を利用すると、ナール超音波を当てた部分の脂肪が分解されるので、照射後に運動すれば部分やせが可能ということになります。