|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第七話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

- 第七話 -


ゆうや「大丈夫か、日和」
日和「…だいじょうぶ」トコトコトコ
ランダエタ「鬼ごっこ、か。厄介なことになったな」

今のところ、ゆうや達は化け物の被害にあっていない。
といっても隠れていた訳でもなく、化け物が勝手に怯むのでその隙に逃げているのだ。
怯む理由はもちろん――

荘厳「困りましたわね…」
彼女がいるからであった。

いつもながらの荘厳オーラで廊下をレッドカーペットに変えながら、放送室へと向かう。

そして、簡単に放送室まで辿り着いた。

ゆうや「よし…じゃあ、入ろう…!」
ガチャリ。

扉を開くと其処には――
ツンドロの、死体。

全員がその場に氷ついた。
「……ふふふ♪」
荒鷹はそんな四人を愉快そうに見ている。
状況はもはや歴然としていた。

荒鷹がツンドロを殺したのだ。
今自分達を狙っている、拳銃で。

荒鷹は、すでに彼らの知っている荒鷹さんではない。
狂うと同じ瞳。同じ微笑み。
――空間は狂気に包まれていた。

ダッ!

突然ランダエタが走り出した。
ゆうや「馬鹿っ!危な――」
しかしランダエタは銃が火を吹く前にふところに入り――
ズバッ

ナイフで斬りつけられた。
ランダエタ「ぐっ……」
しかし傷は浅い。とっさにバックステップでかわしたのだ。

ランダエタ「――ゆうや!日和と荘厳さんを連れて逃げろ!」
ゆうや「なっ…」

ゆうやを見るランダエタの瞳は本気だった。
そこにはいつものふざけた男ではなく、ボクサーとしてのランダエタがいた。
ランダエタ「ここに親玉はいない!俺は荒鷹さんを正気に戻してから追いつく!」