|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

お茶飲み


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男「やっと1人になれた………」
昼休み、食事が終わってからもヒーやクーやシューに追い回された。
騒ぐのはすきなのだが、いかんせん、俺にだって1人になりたいことはある。
ふとそう思ったから、いままで逃げてきた。ずいぶんと時間がかかったけど。
おもいっきり伸びをする。
なんだか、学校内で1人でいるのは久しぶりのように思った。
男「屋上にでも行くかあ」
誰に言うまでもなく、ただなんとなく屋上に向かった。

風が気持ちいい。
屋上に入った瞬間、そう思った。
広い空間を1人占め出来ていると思うと、気分が高まった。
ふつふつと熱いものが胸に湧き上がってきて、無性に何かをしたくなった。
フェンスに近寄って、何を叫ぼうか悩む。
やっぱり、あれだろう。
うん、とうなずいて、出来る限りの空気を吸い込んだ。
男「ヤッホ」
?「あれ、男君だ」
今まさに叫ぼうとした瞬間、後ろから声が聞こえて思わずとめてしまった。
その結果、
男「げっほごっほがはっ!」
むせた。
?「だ、大丈夫?」
そうして俺の背中をとんとんしてくれる。
その人は、
荒鷹「もう、平気?」
右手に荷物を持っている、荒鷹さんだった。

男「あ、ああ、もう大丈夫」
荒鷹「よかったあ、いきなりせきこむんだもん」
にっこり笑いながらも、まだ俺の背中をさすってくれる。
荒鷹「ところでさ」
男「ん、何?」
荒鷹「なんで咳き込んだの?」
男「ぐはぁ!」
また咳き込んでしまった。
荒鷹「別に、あせらなくていいから」
また世話になってしまう。情けない。
男「い、いや、特にたいしたことじゃないから、さ」
いえない。まさかこの年になって「ヤッホー」と叫ぼうとしたなんていえない。
荒鷹「ん、そっか」
特に追求することなく荒鷹さんは納得してくれる。
男「ところで、荒鷹さんはなんで屋上に?」
そう言うと、
荒鷹「こ、れ」
と、手に持っていた風呂敷を揚げる。
そうして、風呂敷を開けていった。
中から出てきたのは、
レジャーシートと、魔法瓶だった。

俺は手際よくレジャーシートを広げる荒鷹さんをボーっと見ていた。
別に、レジャーシートを広げるのに助けは必要ないし。
荒鷹さんは轢きおえると、ぽんぽんと、自分の前の場所を叩いた。
荒鷹「座る?」
俺「あ、おう」
特に断る理由もなかったので、ありがたく座らせてもらった。
荒鷹さんは、魔法瓶の中身をこぽこぽとコップについで、俺に渡してきた。
荒鷹「いる?」
男「あ、どうも」
また断る理由がなかったので、ありがたくいただく。
何か俺、さっきからペースに流されっぱなしだ。
ちなみに、中身はお茶だった。
男「あ、でも、荒鷹さんが飲めなくない?」
そう言うと、
荒鷹「大丈夫」
そう答えて、風呂敷から専用と思われる湯飲みを取り出した。
そして、それにもこぽこぽとお茶を注いだ。
荒鷹「それじゃあ、飲もうか」
それを合図に、俺と荒鷹さんはお茶を飲み始めた。

のどかだ。
ここが学校とは思えないくらい静かだった。
ゆったりした時間が流れていた。
適当に空を見上げて、時間をつぶす。
会話は、なかった。
それが気まずくならないくらい、この雰囲気は心地よかった。
ふと荒鷹さんを見ると、目を細くしてほんわかしていた。
なんというか、なごむ。
ボーっとしながら見ていると、ゆっくりと荒鷹さんの目が開いた。
じっと見ているのは失礼かなとおもったけど、なんとなくその一連の動作から目が離せなかった。
荒鷹「ああ、お茶がなくなったんだね」
確かに、俺のコップの中は空っぽだった。
荒鷹「もう一杯、いる?」
男「お願いします」
またこぽこぽと入れてもらう。
ズズーッと飲む。 
そんな俺の様子を、荒鷹さんはじっと見ていた。
男「どうしたの?」
そう聞くと、
荒鷹「ん、お茶飲んでる男君見てると、和むなあと思ってた」
………どうやら、なごんでたのは俺1人ではなかったらしい。
なんと答えていいかわからず、またコップに口付けた。
そんな俺の様子を、また荒鷹さんはじっと見ていた。

お茶を飲み干すと、眠くなって来た。
目が半眼になっているのが自分でもわかる。
荒鷹「眠い?」
男「おう」
そう答える声も、いかにも寝むいです、といった意味が含まれていた。
荒鷹「膝枕、貸すよ?」
いつもだったら恥ずかしくて断ってしまうけど、
男「じゃ、遠慮なく」
こののほほんとした空気と、眠気で、すぐにぽすっと荒鷹さんの膝を借りた。
それはとてもやわらかくて、すぐに睡魔が襲ってきた。
それに頭を撫でてくれているので、気持ちよかった。
荒鷹「予鈴がなったら、起こしてあげる」
その声に安心して、俺は静かに夢の世界に落ちていった。
いい夢が、見れそうだ。

目の前で眠っている男君を見ながら、お茶を飲んだ。
いま、すごく幸せな気分だった。
いつもはあまり近づけない男君が、こんな近くにいる。
しかも、幸せそうな寝顔で。
何の夢を見ているのかなあ?
もし私が出ていたら、嬉しいなあ。
そんなことを考えていると、顔が赤くなるのを感じた。
湯飲みに残っていたお茶を飲み干す。
でも胸はこれ以上あったかくならないようだ。
またぽんぽんと男君の頭を撫でる。
その無防備な寝顔に、思わずキスしたくなってしまうが、
荒鷹「やっぱり、だめだよね」
口に出して、その行動を律する。
そんなの、ほかのみんなに対して失礼だ。
私だけが卑怯なことは出来ない。
でも、でも---
やっぱり我慢できない。
そして私は男君の顔にゆっくり近づいて、

おでこに、キスをした。

大きな幸福感と、小さな罪悪感。
ごめんね、みんな。
でもこれなら、神様のいたずらってことに、ならないかな?
空を見上げる。
雲1つない青空に、予鈴の音楽が流れていった。