|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

見てはならない

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 実際に見て狂う人が出る前に、聞いたストーリーをあげておきます。


レジェンド


これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。
年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と田んぼの周りを駆け回った。
そして、日が登りきり、真昼に差し掛かった頃、ピタリと風か止んだ。と思ったら、気持ち悪いぐらいの生緩い風が吹いてきた。僕は、『ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい風が吹いてくるんだよ!』と、さっきの爽快感を奪われた事で少し機嫌悪そうに言い放った。
すると、兄は、さっきから別な方向を見ている。その方向には案山子(かかし)がある。『あの案山子がどうしたの?』と兄に聞くと、兄は『いや、その向こうだ』と言って、ますます目を凝らして見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと見た。すると、確かに見える。何だ…あれは。

遠くからだからよく分からないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。
しかも周りには田んぼがあるだけ。近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、ひとまずこう解釈した。
『あれ、新種の案山子(かかし)じゃない?きっと!今まで動く案山子なんか無かったから、農家の人か誰かが考えたんだ!多分さっきから吹いてる風で動いてるんだよ!』
兄は、僕のズバリ的確な解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消えた。

風がピタリと止んだのだ。しかし例の白い物体は相変わらずくねくねと動いている。兄は『おい…まだ動いてるぞ…あれは一体何なんだ?』と驚いた口調で言い、気になって
しょうがなかったのか、兄は家に戻り、双眼鏡を持って再び現場にきた。兄は、少々ワクワクした様子で、『最初俺が見てみるから、お前は少し待ってろよー!』と言い、
はりきって双眼鏡を覗いた。
すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる真っ青になっていき、冷や汗をだくだく
流して、ついには持ってる双眼鏡を落とした。僕は、兄の変貌ぶりを恐れながらも、
兄に聞いてみた。『何だったの?』
兄はゆっくり答えた。
『わカらナいホうガいイ……』
すでに兄の声では無かった。兄はそのままヒタヒタと家に戻っていった。

僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと、落ちてる双眼鏡を取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気が無い。しかし気になる。
遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、
それ以上の恐怖感は起こらない。しかし、兄は…。よし、見るしかない。どんな物が兄に恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる!僕は、落ちてる双眼鏡を取って覗こうとした。

その時、祖父がすごいあせった様子でこっちに走ってきた。僕が『どうしたの?』と尋ねる前に、すごい勢いで祖父が、『あの白い物体を見てはならん!見たのか!お前、その双眼鏡で見たのか!』
と迫ってきた。僕は『いや…まだ…』と少しキョドった感じで答えたら、祖父は『よかった…』
と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕は、わけの分からないまま、家に戻された。

帰ると、みんな泣いている。僕の事で?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように
笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくね、くねくねと乱舞している。僕は、
その兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。
そして家に帰る日、祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』
僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もう、無い。また来年実家に行った時に会ったとしても、それはもう兄ではない。何でこんな事に…ついこの前まで仲良く遊んでたのに、何で…。僕は、必死に涙を拭い、車に乗って、実家を離れた。
祖父たちが手を振ってる中で、変わり果てた兄が、一瞬、僕に手を振ったように見えた。

僕は、遠ざかってゆく中、兄の表情を見ようと、双眼鏡で覗いたら、兄は、確かに泣いていた。
表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような、最初で最後の悲しい笑顔だった。
そして、すぐ曲がり角を曲がったときにもう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながらずっと双眼鏡を覗き続けた。『いつか…元に戻るよね…』そう思って、兄の元の姿を懐かしみながら、緑が一面に広がる田んぼを見晴らしていた。そして、兄との思い出を回想しながら、ただ双眼鏡を覗いていた。
…その時だった。
見てはいけないと分かっている物を、間近で見てしまったのだ。

『くねくね』



1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/11(金) 23:32:09.03 ID:WOsjqhBX0
男「・・・なあ」
女「ん?何?」
くねくね
男「・・・なんでお前はいつもそうやってくねくねしてるんだ?」
女「仕方ないでしょう。私の一族はそういうモノなんだもの。貴方も知っての通りよ」
くねくね
男「・・・だけど都市伝説ではお前を見たら頭が狂っちまうはずだろ。何で俺はお前を見ても狂わないんだ?」
女「・・・さあ、何故かしら。私も長いこと田んぼに住みついてたけど、貴方のような人は初めてよ」
くねくね
男「一体お前は何なんだ?」
女「さあ・・・自分でも分からないわ。気がついたら田んぼにいたの。私の頭の中で声がするのよ。『踊れ』・・・ってね。だから私は踊っていたの。それが私の全てだった」
くねくね
男「・・・」
女「だけどね、貴方と出会って私は変わったわ。狭い田んぼの中が全てだった私を、外に連れ出してくれたもの。いっぱい楽しいことを教えてくれたわ。・・・人が居るところには行けないけど、私はそれでも十分よ。貴方が居てくれれば、私はそれで十分」
くねくね
男「・・・悪いな。いつか、お前が普通の女の子になったら、もっと色んな所に行こうな」
女「・・・うん」
くねくね
男「もっと近くへ来いよ」
女「えっ・・・でも、余り近づきすぎると何があるか分からないわ。貴方でも狂ってしまうかもしれない」
くねくね
男「・・・心配ない」
ぎゅっ
女「あっ・・・」
男「・・・もう狂ってるさ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/11(金) 23:46:26.33 ID:WOsjqhBX0
男「お前さ・・・服って一着しか持ってねえの?」
女「うん、この白いワンピースしか持ってないよ」
くねくね
男「もっとさ、おしゃれしようぜ。そういうとこから変えていけばいいんだよ」
女「でも・・・私どんな服着たらいいか全然わかんないよ・・・」
くねくね
男「大丈夫、実は持ってきてるんだ。ほら」
女「わ、どうしたのこれ」
くねくね
男「姉貴のおさがりなんだけどさ、ちょっと着てみてくれよ」
女「・・・うん、ありがとう。着てみる」
くねくね
女「・・・」
くねくね
男「・・・」
女「・・・」
くねくね
女「・・・ねえ」
くねくね
男「・・・何だ」
女「・・・着させてくれない?」
くねくね
男「・・・自分で着れないのかよ・・・」
女「うん・・・ごめん」
くねくね
男「しょうがねえな・・・ほら」
女「・・・」
くねくね
男「・・・じっとできないのか・・・?」
女「・・・うん・・・ごめん」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/11(金) 23:48:30.40 ID:JWF6FMt+0
男「くねくね」
女「くね?」
男「くねくねくね」
女「くねー」
男「くねくーねくね!」
女「くねくねwwww」
男「くーねwwwwww」
女「くねくね」
男「くねくね」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/11(金) 23:57:57.02 ID:WOsjqhBX0
男「お前ってさ、何か好きな食べ物とかあるの?」
女「あるよー。えっと、米とわらともみがら」
くねくね
男「・・・まあ、無理もないか・・・」
女「あ、あと雀」
くねくね
男「・・・」
女「・・・ごめん、嘘だからそんな引かないで・・・」
くねくね
男「・・・まあ、好物の一つくらいあってもいいだろ。お菓子をいっぱい買ってるから、色々試してみろよ」
女「わ、ありがとう。じゃあ早速・・・」
・・・・・・

・・・・・・
女「うん、これ美味しい。好きな味がする」
くねくね
男「へー、どれどれ?」
・・・
男「・・・『ねるねるねるね』?」
女「うん、何か懐かしい味がするの」
くねくね
男(・・・確かに響きは近いものがある、か?)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 00:12:38.98 ID:G2mkeATE0
男「やっぱりあれなのかな、今までお前を見たやつはみんな発狂したのかな」
女「・・・うん、多分そうだと思うよ・・・」
くねくね
女「可哀想なことしちゃったよね。もしかしたらまだ何処かの田んぼで踊り狂ってるのかも。。。」
くねくね
男「・・・別にお前は好きでそんなことしてたわけじゃないんだから、そんなに自分を責めるな」
女「・・・うん、ありがと。でもやっぱり気になるよ。今まで見た人の中には年頃の女の子も居たのに・・・」
くねくね
女「・・・私、あの子の人生、滅茶苦茶にしちゃったのかも・・・」
くねくね
男「・・・」

そのころ某所

狂う「君、好きだから私と一緒に死んでくれ」
「んな、何言ってんだあんt」
狂う「死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね」
「うわああああ!!なに斧なんか振り回してんd」
狂う「この世で一緒になれないのならせめてあの世でえええええ!!!」
「ぎゃああああああああああ!!!!!!!111」

彼らに関連性があるか否かは定かではない


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 00:34:06.85 ID:TKtqXWwa0
真っ白な服を着た人、
(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかった
そうです)
が1人立っています。
(あんな所で何をしているのかな)と思い、続けて見るとその
白い服の人は、くねくねと動き始めました。
(踊りかな?)そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な
方向に体を曲げるのです。
とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。
くねくねくねくねと。
A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。
「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」
すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。
ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、
分かったようです。
「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、
お兄さんは「分かった。でも、分からない方がいい。」と、
答えてくれませんでした。

 あれは、一体なんだったのでしょうか?
今でも、A君は、分からないそうです。
 「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、
私は弟に言ってみました。
これだけでは、私も何だか消化不良ですから。
すると、弟がこう言ったのです。
 「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 00:57:46.15 ID:G2mkeATE0
女「・・・ねえ」
くねくね
男「何だ」
女「私達ってさ、傍目から見たらどう写ってるのかな?」
くねくね
男「傍目から・・・見れないだろ」
女「いや・・・確かにそうだけど、客観的に見てってことよ」
くねくね
女「やっぱさ・・・おかしいよね。貴方は普通の人間で、しかもそんなに優しいし。
  私のほうは正体不明の化け物で、しかも貴方に依存しきってるのが現状だし」
くねくね
男「何だよ急に?」
女「うん・・・あのね、私・・・やっぱり田んぼに帰r」
男「俺はな」
女「・・・」
くねくね
男「好きな女の世話を焼いてやれないほど了見の狭い人間じゃねえ」
女「・・・・・・」
くねくね
男「それに、お前は正体不明の化け物なんかじゃない。少なくとも俺にとっては
  何者にも変えがたい大切な存在なんだ」
女「・・・本当に?」
くねくね
男「ああ・・・。頼むから、どこにも行かないでくれ」
女「・・・うん」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 01:19:32.88 ID:G2mkeATE0
男「思ったんだが、外に出られないのなら、テレビで世界を勉強するのはどうだ?」
女「てれび?何、それ?」
くねくね
男「・・・あー、そうか。テレビを知らないのか。あれだよ」
女「ん?あの箱がてれび?あれで世界の勉強が出来るの?どうやって?」
くねくね
男「んー・・・、説明するより実際に見たほうが早いな」
女「?」
くねくね
男「ポチッとな」
パッ!
女「!!??ええ??何これ、中に人が入ってるの!?」
くねくね
男「・・・・・・」
女「うわー、すごいねー。こんなちっちゃな人が居るんだー。あっ!大丈夫なのかな、私見ても。おーい、大丈夫ですかー?返事してくださーい」
くねくね
男(かわいい・・・)

女「あっ、この人私と似てる動きしてる」
くねくね
男「?どれどれ」
男「・・・・・・」
・・・ エスパー伊藤・・・。
男(確かに普通の人間の間接ではテニスラケットはくぐれんわな・・・)
女「ねえねえ、この人仲間かな?大丈夫かな?」
くねくね
男「・・・多分大丈夫だと思うぞ。ある意味お前より強烈なキャラだ」
女「?」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 01:36:24.44 ID:G2mkeATE0
男「『くねくね』ってのは、みんな白い色をしてるもんなのか?」
女「さあ・・・私も実は同族には会ったことないんだよね」
くねくね
男「そうなのか・・・。でも、もしかしたら色を変えたら何か変化あるんじゃないか?」
女「色を変える?どうやって?」
くねくね
男「ふっふっふっ・・・、実はこんなものを借りてきたのだ」
どどんっ!
女「・・・何、これ?」
くねくね
男「日焼けマシーンだ。これに入って暫く待つと、こんがり小麦色の健康的な肌に変われるって寸法だ」
女「・・・・・・」
くねくね
男「早速試してみよう」
女「でも・・・私」
くねくね
男「まあまあ、とりあえず色々試してれば、お前を元に戻す手がかりが掴めるかもしれないだろ?」
女「・・・うん、そこまで言うなら・・・」
くねくね
ウイーン・・・
くねくね
男(・・・スルメ焼いてるみたい・・・)

―30分後
男「・・・なんで全く色が変わってないんだ?」
女「うん・・・あのね、さっき言おうと思ったんだけど、年がら年中田んぼで日光浴びてても白かったのにこんな機械でちょっと焼いたくらいじゃびくともしないと思うのね・・・」
くねくね
男「・・・不覚」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 02:21:47.88 ID:G2mkeATE0
男「質問があるんだが」
女「何?」
くねくね
男「お前はそうなる前の記憶は全く無いのか?」
女「・・・うーん、全くってわけじゃないけど、ほとんど覚えてないよ」
くねくね
男「思うにだな、そうなる前の記憶を思い出せば元に戻る手がかりが掴めるんじゃないか?」
女「んー・・・、でも本当にほとんど覚えてないんだよ・・・」
くねくね
男「実はこんな本を買ってきた」
女「ん?・・・『催眠術で記憶探検2』?」
くねくね
男「うむ、実に怪しいうえに1はどこを探しても見つからなかったが、この本によると簡単な催眠術によって自分の奥底に隠された記憶を探れるらしい」
女「ふーん」
くねくね
男「まあ、駄目元で試してみるか?」
女「うん、面白そう」
くねくね

男「・・・貴方は今、どこにいますか?」
女「・・・・・・」
くねくね
男「・・・そこから何か見えますか?」
女「・・・誰かが立っています」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 02:22:03.24 ID:G2mkeATE0
くねくね
男「・・・その人は何をしていますか?」
女「・・・こちらをじっと見ています」
くねくね
男「・・・・・・」
女「少しずつ・・・こっちに近づいてきます・・・でも顔が見えません・・・もう目の前にいます・・・」
くねくね
男「・・・・・・」
女「私の髪に触れました・・・頬をなでられています・・・首筋から・・・肩へ・・・そして・・・顔が」
くねくね
男「・・・俺がみっつ数えたら戻ってきてください。いいですか?1、2、3」
女「ん・・・?どうなったの?」
くねくね
男「・・・何も聞くな」
女「?何何、何があったの?」
くねくね
男「何も無かったよ。インチキだこんな本」
女「嘘。絶対なんかあったでしょ。教えてよ、ねえ」
くねくね
女「ねーえー、おしえてよー」
くねくね
男「絶対ヤダ」
女「むー・・・、私のことなのにー・・・」

言えるか。あれは俺と初めて会ったときの記憶だ。
あのまま行くと、俺がいきなりあいつの唇を・・・。
男「うわわわっ!」
うーむ、我ながらなぜいきなりあんな行動をとったか未だに分からん。
やっぱり狂ってるのか・・・?



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/12(土) 00:31:19.57 ID:G2mkeATE0
男「・・・なあ」
女「なあに?」
くねくね
男「もし、さ。お前と普通の人間の間に子供が出来たとしたら、そいつは一体どうなるんだろうな・・・」
女「・・・分からないよ。だけど、普通じゃないことだけは確かだと思うよ」
くねくね
男「・・・・・・」
女「どうしたの?」
くねくね
男「・・・俺は大丈夫だぞ」
女「?」
くねくね
男「俺は・・・たとえ子供が普通じゃなくても愛せる自信がある。それがお前の子なら尚更だ」
女「・・・えっ・・・」
くねくね
男「・・・愛してる」
女「・・・本当に?だって私人間じゃないんだよ?ば、化け物なんだよ?それに人前にだって出られないし自分じゃ何にも出来ないし、それに・・・それに・・・」
くねくね
男「愛してる」
ぎゅっ
女「あっ・・・」
くねくね
男「愛してる」

・・・ やがて男と女の間には可愛らしい娘が生まれた。娘は全く普通の人間で、どこもおかしな所はなかった。
両親は揃って首を捻ったが(もっとも、一人はいつも首を捻っているが)、娘が無事ならそれでいいという結論に到った。

・・・ 当たり前のことだ。女は、元々は人間だったのだから。