|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

荒鷹放浪


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュー「……(かきかき)」
男「何書いてんだ?」
シュー「……(ぴら)」


『鷹ちゃんへ
早く戻ってこないとヤマジュンです
お土産よろしく』



シュー「……」
男「……宛先は」
シュー「……京都府宇治市」
男「平等院?」
シュー「平等院」





男「荒鷹は平等院から帰ってきたのか?」
シュー「鷹ちゃんなら今、沖縄」
男「・・・シーサー?」
シュー「当たり。今、ラウンド6までいって、いい勝負してるみたい」
男「・・・」
シュー「ヤマジュン決定かな」


前略 シューちゃんへ
ヤマピカリャーと死闘の末仲良くなりました
私の後を付いてきます



――警察に誤解されました



シュー「……」
男「……学園生活での地味さが嘘のような面白生活だな」
シュー「……いいなぁ」





シュー「……♪」
男「ん、どうした?嬉しそうだな」
シュー「鷹ちゃんから手紙。本土に帰還したって」
男「……誤解は解けたようだな」
シュー「飼育許可が出たって」
男「何考えてんだ日本……で、今は?」シュー「……拮抗状態、だって」
男「……拮抗状態か」
シュー「相手はこう……アナログ時計で3時のポーズをとってる奴だって」
男「……九州?」
シュー「……九州」

男「……」
シュー「……」
男「……勝てないだろ」
シュー「首相とニートくらい背負ってるものが違うよね」






シュー「……(ぺら)」
男「……何見てるんだ?写真か?」
シュー「鷹ちゃんが手紙に同封してきた」
男「へぇ……どれどれ(ぴら)」


鷹VS猿、緊迫した状況
威嚇する鷹の右手には食べかけのお菓子


男「……(ぴら)」


お菓子を守りつつも泣きながら逃げている鷹


シュー「……」
男「……」
シュー「……高崎山かな」
男「てか……これは誰が撮ったんだ」



添付ファイル