|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

荒鷹帰還


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日の、午前最後の授業。
突然――勇ましい唄が教室中に響き、クラスの大半が噴き出した。
鳴った着うたは某野球チームの応援歌。しかも旧バージョン。
こんなチョイスをする生徒は、さしあたり1人しかいない。
「あー……シュール。授業中は携帯の電源切っておけー」
「あーい」
「授業を続けるぞー。はい、笑うのやめっ」
そう簡単な注意をして、教師は授業に戻った。
特に反省する様子も無く、シューは堂々と携帯をチェックする。メールだ。
「………………」
それは、彼女をよく知る者でないと分からないくらいの表情の違いだった。
シューは、微笑んでいた。

その日の、昼休み。屋上にて。
「男ォォォ!!! 今日こそ私の昼飯を食べろォォォォォ!!!!!」
「つぶれるつぶれる!! そんなに強く握ったらサンドイッチの具がおんも出る!」
「古式ゆかしい殷の手法で作ったハンバーグよ……食べてっ」
「うわあい矛盾たっぷり! 漫画だろ!? 出展あの漫画だろ!?」
「私の弁当はいつも通りまともだ。食べるがいい」
「ごはんの上に桃屋のアレで『愛』と書かれている弁当の何処がまともだ!? その技術を他に活かせ!」
「私も珍しくまともアルね、食べるヨロシ」
「逆! 御飯とおかずの位置逆! 御飯すげぇ少ない! 炭水化物ダイエットか!」
「きょ、今日もたまたま余っちゃったから分けてあげるだけなんだからね!」
「だからってなぜ学校にカレーを持ってくる!? しかも専門店のようなカレー器まであるし!」
いつかも見たような、いつも通りの風景だ。男のツッコミは今日も冴え渡る。
いつも通り屋上の隅で仲良く食事を取っている日和とゆうやも、その光景を見て微笑む。
10数分後、大騒ぎしながらも楽しい食事を終えて、さて戻るか、と男が立ち上がったとき。

「あー、先に戻っててくれ。私はちょっと彼女達と話がしたいから」
そう、シューは言った。


午後の授業も終わり、放課後。男は1人で校門を出ていた。これは相当に珍しい事であった。
なにせいつもの5人のうち誰ひとりとして、「一緒に下校しよう」と言わなかったのだから。
昼間のシュー達の話し合いに関係があるのだろうか、そう考えた男は発端であるシューに尋ねてみたのだが、
『……そろそろ戦隊物ユニットとしてやっていきたいと思って』といつも通りの不可解な発言ではぐらかされた。
さらに不可解なことには、『学校近くの定食屋で待っててくれないか。あとで皆で向かうから』という発言もついてきた。
他の4人に尋ねてみても、用があるんだ、の一点張り。
そこまで言われては仕方ないので、男は言いつけ通りに定食屋に行き、待つことにした。
背中に一抹の哀愁が漂っているように見えるのは、錯覚ではないだろう。

「……行ったね」
校門を出る男の姿を、教室の窓から遠目に確認したシューが呟く。
おもむろに振り返り、室内を見回す。そこには5人の女と1人の男がいた。
「さて、諸君」
彼女達に向かい、切り出す。
「部屋の隅でガタガタ震えて命乞いをする心の準備はOK?」
台詞のチョイスが致命的に間違っているが、言いたいことは分かる。
「オッケェェェェイ!!」
「肉片は作れないけど……ま、いいでしょ」
「無論万全だ」
「し、仕方なく付き合ってあげるんだからね! 仕方なく!」
「ああ、頑張るよ。な?」
「がんばるよ~」
その返答を聞き、シューは頷く。
「では行こっか……と言いたいけど、あと1人」
6人の頭上にクエスチチョンマークが浮かぶが、シューはそれを無視し、教室入口の陰にむかって呼びかけた。
「ぎーちゃん――行くだろ? 久々に彼女に会えるんだから」

時が、止まった――実際に止まったというか固まったのは私自身だけど――確実にそう感じた。
正しい反応だと思う。だって――だって、電車を降りて駅から出てみたら。

「荒鷹あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
ヒーちゃんと、
「解体し甲斐のある体付きになったわね、荒鷹さん……」
クルちゃんと、
「久しぶりだな、荒鷹くん」
クーちゃんと、
「おみやげちょーだい、鷹ちゃん」
シューちゃんと、
「べ、別にまだ戻ってこなくてよかったのよ荒鷹さん! ……ライバルの数が元に戻って困るわ!」
ツンちゃんと、
「や、元気そうだな荒鷹」
ゆうや君と、
「あらぶるたかのぽ~ず~。どう? うまくなったかな、たかちゃん?」
日和ちゃんと、
「………久しぶりね」
ぎーちゃん――ぎぜんちゃんが、


       「お か え り っ ! !」

ヘ○ヘ  ヘ○ヘ  ヘ○ヘ  ヘ○ヘ  ヘ○ヘ  ヘ○ヘ  ヘ○ヘ  ヘ○ヘ   
  |∧    |∧   |∧    |∧     |∧   |∧    |∧    |∧ 
 /     /     /     /     /    /      /     /  


皆して荒ぶる鷹のポーズを決めていたんだから。

皆の出迎えを受けて泣いちゃった荒鷹

シュー「よーしよし泣くな鷹ちゃん、まだ肝心な奴に出会ってないぞ」
鷹「ふぇ?」
クー「よし皆、定食屋で男も交えて荒鷹くん帰還記念パーティだ」
鷹「え? え?」
鷹以外の全員「お――――――!!!」
鷹「ええええええええええちょっと待って心の準備が!」
ヒー「問答無用ぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!(がしっ)」
鷹「ちょっと!かつがないでぇぇぇぇ!!」

ゆうや「見てて飽きないね、男君の周りの人たちは」
日和「あきないねー」


一方定食屋
定「……すっぽかされたんじゃないのか?」
男「泣いてない!泣いてないもんね!!」

面々が遅すぎるので泣いてました