|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ドジ巫女が行く!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【渡辺さん】新ジャンル♪スクール【弁当無し】 より

ガラッ!

ドジ巫女「また来てやりましたよ、お馬鹿さん達!パートスレ反対です!」

シーン…

ドジ巫女「あれ?誰もいません…」
???「D組なら課外授業でいないよ」
???「男がいないと性欲がわかんなああああああ!!」
ドジ巫女「何者ですか!?いえ、知っていますよ…変態コンビ!」
変態クール「これはこれは、可愛い巫女キャラだな」
変態ヒート「なんだか悪戯してやりたくなってきたぞおおおお!!」
ドジ巫女「何をする気ですか!やめなさい!」

バッ!

ドジ巫女「キャッ!」
変態クール「ほほう、着物の下はさらしか」
変態ヒート「こっちはフンドシかああああ!!」
ドジ巫女「らめぇ!見ないでください!!」
変態ヒート「くんくん…ん~、この匂いはまさか!!生理ち(ry」

ドジ巫女「馬鹿!馬鹿ぁぁぁ!!」

ダダダダダダッ

変態クール「ほんのり血がついていたな」
変態ヒート「しかもあの感じ、処女だなあああ!!」
ベッキー「なにやってるんだ?お前達」
変態クール「ベッキー、犯させろ」
変態ヒート「ベッキー、犯させろおおおお!!」
ベッキー「なんだ?いつもより元気だぞこいつら…」




ドジ巫女「うぁぁん!痴女に大事なところ見られてしまいましたぁ!」
生徒会長「こら、廊下を走るんじゃない」
ドジ巫女「うぇっ…ぐずっ…」
生徒会長「泣いてる?というかうちの生徒じゃないな…迷子か?」
ドジ巫女「うぁぁん…」
生徒会長「これじゃ話もできないな…あ!おいツンサメ!」
ツンサメ「ん?」
生徒会長「この子を職員室まで連れていってくれないか?」
ツンサメ「なんで私が…つーか生徒会長が行けばいいじゃない」
生徒会長「いや、俺は用事が…」
ツンサメ「それにこの子ってこの前騒動起こした子じゃない」
生徒会長「そういえば…」
ツンサメ「どうせ課外授業あるってことも調べないでD組目当てに来たんでしょ、ドジ」
ドジ巫女「うっ…」
生徒会長「そんな言い方しなくても…」
ツンサメ「生徒会長こそ、今日は渡辺がいなくて随分ヘタレてるのね」
生徒会長「うっ…」
ツンサメ「それじゃ」
ドジ巫女&生徒会長「うわぁぁぁぁんっ!!」
ヤンデレ「うっせーな!お前ら何泣いてやがんだよ!」
生徒会長「あ…ヤンデレ、この子を職員室に連れていってほしいんだが」
ヤンデレ「あ?なんでだよ?」
生徒会長「頼むよ…」
ヤンデレ「な、なんだよ!そんなうるんだ瞳で見んじゃねーよ!!」
ドジ巫女「ぐすっ…」
ヤンデレ「し、仕方ねーな!これきりだぞ!」
生徒会長「すまないな。それじゃ、俺は」
ヤンデレ「ほら、ついてきな」
ドジ巫女「あ、ありがとうございますぅ…」
ヤンデレ「んな…礼なんか言っても何も出ねーぞ!」




ヤンデレ「ほれ、着いたぞ!」
ドジ巫女「本当にありがとうございました」
ヤンデレ「だ、だから礼を言われるようなことはしてねーよ!」

ガラガラ

ヤンデレ「先公!迷子だぞ!んじゃ、もう行くからな!」
バーボンガール「やぁ(´・ω・`)ようこそ職員室へ。今は説教中なんだ、すまない」
太田「バーボンガール!勝手に喋るな!お前ら四人な、私の授業を聞いてるのか!?」
難聴「え?ごはん?」
太田「授業だ!お前ら全員成績も下だぞ!」
消失「すみません…」
太田「一番悪いのはアホの子クール!お前だ!」
アホの子クール「ん?マリオカートに夢中で聞いてなかった」
太田「お前というやつは…というかなんでマリオカートなんぞあるんだ!」
バーボンガール「このマリオカートはサービスだからプレイしてほしい」
太田「お前の仕業か!アホの子クール、お前は保留だ!消失、まずお前だが……いない」
難聴「え?ごはん?」
太田「ごはんじゃない!もういい!私にもマリオカートをやらせろ!」
アホの子クール「いいよ。難聴さんもやる?」
難聴「うん。で、ごはんは?」
バーボンガール「この素直シュール直送米のごはんもサービスだから食べてほしい」
ドジ巫女「……どうやらここに私の居場所はないようです」




ドジ巫女「ふぅ。鏡が学校にトイレぐらいしかないというのは不便ですね」
ドジ巫女「あぁ…目が充血して真っ赤になってます…」

ドジ巫女「あれ?こんなところに目薬があるのは何故?」

こんな小さな気配りも、美オッサンのおかげなのです。

ドジ巫女「ありがたいです、使わせてもらいましょう」
ドジ巫女「はあ…今日はなんだか、凄く疲れてしまいました」
幽霊ちゃん『大変でしたね』
ドジ巫女「はい。やはり既存ジャンルである私が、常識はずれた新ジャンルの産物共に敵うはずがありません」
幽霊ちゃん『ず、ずいぶん悲観的なんですね?』
ドジ巫女「それがVIPクオリティというか、新ジャンルキャラとしての在り方ではないと思っていますので」
幽霊ちゃん『凄い…』
ドジ巫女「ちょっと私のジャンルとはキャラ付けが離れてしまいましたね」
幽霊ちゃん『あはは。でも悲観的なわりには、楽しそう』
ドジ巫女「好きですから、ここの人達。幽霊ちゃん、あなたも含めてね」
幽霊ちゃん『あ、私の名前…それに私の姿も見えてるんですか?』
ドジ巫女「巫女ですから。それじゃあ、また」

ツルンッ

ドジ巫女「痛い!」
幽霊ちゃん『何もないところで転んでる…』

おしまい



C組
変古「それは残念でしたね・・・せっかく巫女花瓶一つ欲しい所でしたが・・・」

変厳「ふふ・・・そうね・・・飼い犬二匹ってのも悪くないわね」 うねうね←触手

変ヒ「だろだろだろおおお!!?あの血の匂いは・・・・」

変ク「堪らないわね・・・ふふ・・・見て、この血のついたハンカチ」

変シ「通だな・・・5点やろう」

変古「地下室・・・楽しみです」

変厳「まあ・・・その巫女が居ないなら・・・荒鷹でいいわ」

変古「ふふ・・・楽しみですね・・・」



荒鷹「・・・さ・・・鮫子ちゃん・・・こっち見てるよ・・・あの人達・・・」
鮫「はぁ・・・」
荒鷹「た・・・助けてよぉ・・・」
鮫「後であの五人はきつく言っておくから・・泣くんじゃないわよ・・・はぁ」

委員長「大変だ!!鮫子君!!あの五人が・・・ツンバカをひっくり返して」
鮫「なんで私このクラスなんだろう・・・」