|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ダンボール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ


物語

男「はぁ、学校行くのだるいなぁ」テクテク
ガタッゴトッ
男「ん?何だ、今の音は?・・・まぁいっか」テクテク
ガサゴソ・・・トコトコトコ
男「ん?まただ。おかしいぞ。誰もいないように見えるが・・・」
男「気持ち悪いな、走って逃げるか。」タタタッ
?「!」タタタッ
男「と、見せかけて振り返るっ!」バッ
?「!!!」ピタッ
男「・・・・ダンボールが動いてる・・・?う、うわああぁぁぁ!」ダダッ
?「!」ダダッ
男「うわぁぁぁ!しかも追いかけてきてるううぅぅぅ!!」ダダッ

備考

常にダンボールをかぶっていてその素顔を見たものはいない。
しゃべったりしゃべらなかったり。
なぜかいつもそこにある。
ダンボールの中は彼女の不思議な小宇宙。
ロストテクノロジーだったり機動兵器だったり
のはとこらしい。