|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

一回戦第六試合:3年D組男VS1年?魔王幼女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒鷹「観客が半分に減ってしまいましたが記憶から追い出して次の試合に行きましょう!」

第六回戦
3年D組男VS1年?魔王幼女

荒鷹「ついに男くんがキタ――(゚∀゚)――ッ!!」

鮫「優勝賞品が男だと思ってた人、甘いわよ」

ヒー「男ぉおおおおお!!!ファイトぉおおおおお!!!!」

クー「闘技場に立つ男…うっとりする」

㍉「男、必ず勝ち上がってこい!」

その他大勢「オトコー!ガンバレー!カッコイー!シネー」

荒鷹「女性からの熱い声援と男性からの底しれぬ呪いを一身に受け男くんが入場しました!」

魔騎士「魔幼さまー頑張ってくださーい!」

側近A&B「ようじょハァハァ」

勇者「ようじょハァハァ」

荒鷹「魔幼ちゃん側も負けじとロリコントリオ+αが応援に駆け付けております!
会場はすでに燃えたぎっております!」

鮫「試合開始」

魔幼「くらえっメラゾーマ!」

荒鷹「おおっと!魔幼ちゃんが早くも大技です!男くんが大ピーンチ!」

男「はっ!」

荒鷹「なんと!なんと避けました!俊敏な動きで男くんメラゾーマを回避!」

鮫「いつもヒートやクーから逃げ回っているからね
動きは速いわよ」

魔幼「むぅ~よけるなんてなまいきです!
メラゾーマバキクロスベギラゴンマヒャドイオナズン!!!」

男「うぉおおおおお!!!」

荒鷹「また避けたぁああ!かなり必死にですが魔幼ちゃんの呪文連発をことごとく避けました!」

鮫「凄いわね…でも避けてるだけだといつか疲れで殺られるわよ
ここらで攻撃をしないとダメだけど…あまり期待出来ないわね」

男「ふっふっふっ…確かに僕にはこれといった攻撃はない
しっかぁし!!」ゴソゴソ

荒鷹「おおっと!男くんがポケットから何か取り出しました!あれは…」

鮫「注射器のようね」

男「理系に依頼して作ってもらった最高傑作!ドーピングコンソメスープだぁあああ!!!」

荒鷹&魔幼「な、なんだってー!」

ヒー「うおお!?男がみるみるうちに超絶マッチョに!?」

クー「気色悪いが時にはこれもありだな」

荒鷹「男くんの有り得ない行為に会場の熱は最高点に達しております!
対する魔幼ちゃんはあからさまに泣きそうです!」

鮫「まあ幼女にあれはキツイわね」

男「うへへへへへへへへへへへ」

魔幼「ふぇ…やだぁ…こないでよぉ…」

荒鷹「半泣きの幼女に不気味に笑いながら近づくマッチョ!
通報されてもしょうがない、というかした方がいい場面になっております!」

男「あは、あはは、あはははははは!」

魔幼「う…ヒッ…」

男「あぁあああああ!!!!!」

魔幼「いやぁああああああ!!!
ザキザキザキザキザキザキザキィイイイ!!!」

男「アッー」

荒鷹「…」

鮫「…勝者、魔王幼女」

魔幼「びぇえええ!!」

荒鷹「あー泣いちゃった…ていうか今日の男くんはやけにキャラが違いましたね…」

鮫「優勝賞金1000万円に釣られたんでしょうね
金に囚われるなんて見苦しい」

荒鷹「そういう鮫子さんだって日給五万円に釣られて実況をs」