|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

変態古風


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ


物語

変「知ってますか」
男「何」
変「貴方の肌は綺麗な方なのです」
男「そうか?」
変「私は古風な女です」
男「ほう・・・って肌は関係無いんじゃ」
変「明日から半袖は禁止です」
男「なんでだよ」
変「こう・・・なんというか」
男「なんだ?」
変「貴方の肌など見ておりますと」
男「露骨で照れるな・・・」
変「授業中でも構わず裸にひん剥いて麻縄で縛り吊るしてやりたい情欲に駆ら」
男「我慢しろ」

備考

常に敬語、古風な佇まいと雰囲気を持ち横文字に弱い
もう一つの名を「浅草の縛り牡丹」
体に仕込んだ麻縄を自由自在に操る変態でもある。もちろん縛り以外もOK
そもそも人の話は基本的に聞かない、聞く気も無い
「わたしは古風な女ですので~」が口癖

処女を捨てるのは結婚し籍を入れてからという古めかしい想いを持っている
しかしすぐそのタガは外れる
しかし、実際に接吻となるととたんに真っ赤になる歪んだ羞恥心もある

橘という側近黒子がいる

参考記事