|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

準決勝第一試合:教員代表太田VS3年D組㍉子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒鷹「スランプ+受験である意味絶好調の作者はほっといて準決勝をはじめたいと思います!
ていうか勉強しろ!
では早速準決勝第一試合をはじめます!」

準決勝第一試合
教員代表太田VS3年D組㍉子

荒鷹「外道太田先生と勝ってはいるけど目立ってない㍉子さん!
どちらが勝つでしょうかね鮫子さん」

鮫「単純な戦闘力は㍉子だけど…太田の『普通なら反則』な行為が厄介ね」

荒鷹「なるほどなるほど!
おっと、とうとう選手入場です!
会場から罵声を受けながら太田先生がやってきました!一体どのような心境でこの罵声を聞いているのでしょうか!?」

太田「罵声か…言いたい奴らには言わせておけばいいさ
次のテストが難しくなるだけさ」

荒鷹「あ、罵声が止まった
おおっと!今度は㍉子さんが入場です!
マシンガンを携えて悠然と…って撃ったぁああああ!
試合開始の合図を待たずに㍉子さん戦闘開始です!」

鮫「殺られるまえに殺るか…外道には外道で対抗ってことね」

太田「おのれ卑怯者めが!貴様には武士道というものが無いのか!」

㍉「貴様にだけは言われたくない!」

荒鷹「㍉子さんが明らかに正しいですね
おおっと!太田先生が脚に被弾!動きが止まりました!」

㍉「今だっ!」

太田「ぐぉおおおお!!!!」

荒鷹「動きの止まった太田先生をマシンガンが無情に撃ち抜きます!
太田先生は哀れ蜂の巣に!」

鮫「これは勝負ありかな?」

太田「……甘い…な」

㍉「ば、馬鹿な!」

荒鷹「なんと太田先生立っています!
全身に銃撃を受け満身総意の状態ながら倒れません!何が彼をここまで戦わせるのか!」

鮫「金でしょうね」

太田「フフ…酒池肉林の夢の為…私は負けるわけにはいかない!」

㍉「クソッ…死ね!」

荒鷹「銃弾がさらに太田先生を撃ち抜きます!しかし太田先生はそれでも立っている!
その姿はまさに煩悩の化身と言えましょう!」

太田「酒池…肉林!
金!金!諭吉パワー!!!!!」

㍉「何故だ!何故死なない!」

荒鷹「な、なんか知りませんが太田先生の背後に福沢諭吉が見えます!
ベクトルは違いますがそのオーラは荘厳さん並です!」

鮫「煩悩もここまでくれば悟りを開くようね」

太田「金…金…いっせんまーん!」

㍉「く、来るなぁああああ!!!」

荒鷹「とうとう㍉子さん手榴弾を投げ出しました!
恐怖で歪んだ顔で必死に投げています!」

鮫「何発なげてんのよ」

荒鷹「今ので五発…あ、また投げた
計六発の手榴弾が太田先生にジャストミートしました!」

太田「酒池肉林の夢…が…」

荒鷹「手榴弾の攻撃で流石の董卓…じゃなかった太田先生もダウーン!
日下さんが見に行きます!」

日下「息…してません!」

鮫「勝者、㍉子」

荒鷹「ついに㍉子さん、煩悩の化身太田先生を成敗して決勝戦に進みました!」

日下「えっと…太田先生の治療お願いします」

魔幼「むぅー
こいつはこのままにしといたほうがいいきがします!」

魔騎士「いけません魔幼さま
こういう輩は死んだ後がややこしいんですよ
ただで死ぬわけありません」

バル姐「こいつの亡霊、呪い、ゾンビ等を想像してみろ」

魔幼「ベホマ!」