|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新ジャンル in ダンボール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男「それにしてもダンボールさんのあれはどういう仕組みなんだ?
  ㍉子の爆撃にすら耐えるなんて・・・聞いてみるか・・・」
男「おーいダンボールs・・・ってなんで教室中にダンボールが置いてあるんだ!?」
男「ん?黒板に何か書いてあるぞ、何々・・・・」

黒板【ダンボール箱一つにつき一人誰かが入ってる。男の愛で誰が入ってるか当てろ byシュール】

男「シュールか、また変な企画を・・・しかたがない。付き合ってやるか」

男「まず一つ目はと・・・・上面に【素直クール】と書いてあるんだが?」
ク「さすが男だ。愛しているぞ」
男「何か色々間違ってる上に恥ずかしいんだが・・・///」

男「次はと・・・うわっ、こっちにダンボールが突っ込んでくる!?」
?「ヴォォォォォトォォォォォクオォォォォォォ!」←箱の中にいるせいで声がくぐもっている。
男「って、お前ヒートだろ!」
ヒ「さすがああぁぁぁぁぁぁぁ男だああぁぁぁぁぁぁぁ!愛してぇぇぇぇぇぇいr」
男「箱の中に戻ってろ」
ヒ「うおおぉぉぉ!おとこぉぉぉぉぉぉ!なにをするうううぅぅぅぅぅぅぅ!」

男「さて次のは・・・ん?」
?「・・・///」チラッチラッ
男「このダンボールだけ俺の前を行ったり来たり・・・しかも顔がちょっと見えてるし・・・ツンか」
ツ「!(ガバッ)ふ、ふん!私を見つけたからって調子に乗らないでよね!」
男「あんな風にされたら誰だってわかる。どうして顔見せたんだ?」
ツ「は、早くダンボールから出たいからに決まってるじゃない」
男「あぁ、あれか?クーとヒートが先に見つけてもらって焦ってたとかか?」
ツ「・・・///」

男「どんどん行くかってうぉっ!!」ヒュン
?「・・・」ヒュンッヒュンッ
男「包丁をっ(ヒュン)振り(ヒュン)回す(ヒュン)な、狂う!(ヒュンヒュンヒュン)」
狂「わぁ、ばれちゃった~♪もうこの中いなくても良いよね」ヒュン
男「こら(ヒュン)やめ(ヒュン)ろ(ヒュン)」
狂「やっぱダンボールかぶってると包丁って振りにくいよね~♪」ヒュンヒュンヒュン

男「はぁはぁ、死ぬかと思った・・・さて次はと・・・!こ、これは!!」
男「ダンボールだというのに溢れんばかりのオーラ!」
男「しかも【有田みかん】のダンボールだと言うのにいつの間にか【沖縄完熟マンゴー24個詰め】の箱に!!」
男「荘厳さん!!」
荘「あら、ばれてしまいましたわ。どうしてかしら?」

男「まだまだあるな、日が暮れるぞ」
男「ん?このダンボールなんか飛び出て・・・って銃じゃないですか㍉子!」
㍉「む、ただの銃ではないぞ。この銃はだな」
男「いや、別に語ってくれなくて結構です。それよりも何で銃を出してるんだ?」
㍉「このままC組にゲリラ戦を仕掛けるのでな、では行ってくる」スポッ
男「スネエェェェェェェェェク!」

男「次のはと、ん?」
男(うわぁ、本人は隠れてるつもりなんだろうけど頭が完全にはみ出してるな)
?「~~♪」
男「頭はみ出てますよ、渡辺s」
?「・・・・」ギラリ
男「ウワー、マッタクダレカワカラナイヤー(向こうのダンボールがこっちを睨み付けてる!)」
渡「あれれー?男君分からなかったかな?渡辺だよー?」
男「ゼンゼンワカラナカッタヨ、ワタナベサン。カクレルノジョウズデスネー」
渡「えへへー♪」

男「ふぅ選択肢は間違ってなかったはずだ。ですよね?佐藤s」
?「・・・」ギラリ
男「アレレー、コノハコモダレガハイッテルカ、マッタクワカラナイゾー?」
佐「・・・私よ」
男「サトーサンダッタンダー。ゼンゼンキヅカナカッタヨー」
佐「・・・ふん」
男「・・・orz」

男「どんどん行こうか」
?【箱】д゚ )
男「・・・・」
?【箱】д゚ )
男「( ゚д゚ )」
?【箱】д゚* )
男「( *゚д゚ *)」
ミ「( *゚д゚* )」

男「( ゚д゚ )・・・次行くか。これは・・・全く特徴が無いな・・・ん?」
男「!なるほど、俺だな」
俺「な、なぜわかった!?」
男「え~、あなたはひとつのミスを犯しました。それさえなければ完璧だったんですけどね」(古畑風で)
男「え~、ここ、この角を見てください。そうこれです。わかりましたね、これはエクレアのチョコとクリームです」(やっぱり古畑風で)
俺「くっ!」
男「しかし何でお前が参加してんだ?これ、俺の愛がどうこうって企画だろ?」
俺「シュー氏に無理矢理・・・グスッ」

男「ん~、これも特徴が無いな・・・」
?「・・・」モジモジ
男「さっきみたいにヒントになるようなものも無いし・・・」
?「・・・あぁ、もう!」
男「!」
荒「 ヘ□ヘ
     |∧   荒ぶる箱のポーズ!
    /                 」
男「・・・」
荒「・・・」

男「次はと・・・」
?「スースー」
男「・・・今日の昼飯は渡辺さんと食べよっかな~」
低「!ま、待て!ほら、私はここにいるぞ!」
男「やっぱり低血圧か、って殺気が!」
佐「・・・」ギラリ
男「ワタナベサントタベルダナンテ、ジョーダンニキマッテルジャナイデスカ、サトーサン」
佐「・・・ふん」
男「泣きたくなってきた・・・orz」

男「?おーい、ゆうや!」
ゆ「なんだ?」
男「なんで日和ちゃんまでダンボールかぶってんだ?」
日「~~♪」
ゆ「どうやらこの教室を見てて羨ましくなったらしい」
日「~~♪」

男「次のは、と・・・うん、わかりやすいな、この米の山はシュールだな」
シュ「まぁわかって当然だな」
男「なんでこんな企画を?」
シュ「なんとなくだ、強いて言うならお米様のお導きって言うことで」
男「わからん・・・」
俺「米などのために俺は3時間もダンボールに押し込められていたのか・・・orz」

男「疲れてきたな。?なんかこのダンボール、声が・・・」
?「はぁはぁ・・・この閉塞感が何とも・・・・」
男「とっと出て来い、変態古風!そもそもお前はこのクラスじゃないだろ!」
変「私、古風な女でございますので」
男「意味わかんねえよ!」

男「で、鮫子さんはなんでダンボールの上に?」
鮫「だって暑いじゃない」
男「でも、そういう企画なんでs」
鮫「暑いのは嫌いよ」
男「(´・ω・`)」
鮫「うっとしいわね」ガブッ
男「ぎゃああぁぁぁぁぁ!」

男「さて次のは・・・誰だこれ?わからんな・・・困った・・・・」
優「優だよー」
男「!なんで自分で言ってるんだ!?」
優「だって男君が困ってたから。困ってる男君は見たくないんだよー」
男「・・・///」

男「さて次はと・・・ん?何だ?箱にレバーがついてるぞ?」ガコン
?「アッー!」
男「!」
看「!こらっ!何をしているんだ!!」
男「あっ、すいません!」
看「分かっているのか!(ガコン)このレバーを引くということはだな(ガコン)その先にいる人を殺してしまうことになるんだぞ!(ガコン)」
囚「アッー!アッー!アッー!」
看「そんな責任のある仕事だ・・・(ガコン)これは(ガコン)お前みたいな(ガコン)素人がやっていい(ガコン)モノじゃないんだよ!!(ガコン)」
囚「アッー!アッー!アッー!アッー!アッー!」
男「分かりました・・・・すいません(ガコン)」
囚「こら、おまアッー!」

男「・・・1日越しになってしまった・・・さっさと終わらせよう」
男「さてこのダンボールはと・・・!何!周りのものがどんどん消えていくだと!」
男「ってお前ツンドロだろ!」
ドロ「!お、遅いのよ!何で私が・・・ブツブツ」
男「ごめんな、お前のことが嫌いなわけじゃないんだぜ?」
ドロ「~~~!!///」
男「ちょ、照れ隠しに俺の財布を盗むな!」

男「だんだん数が(ネタが)無くなって来たな。どんどん行こう」ガンッ
男「痛っ!机にぶつかってしまった・・・ってジュースが!」バシャッ
?「!!」
男「あぁ・・・ダンボールにかかってしまった。ん?どこからともなく蟻の大群が!」
?「痛い!痛い!噛まないで!」
魔幼「たいへんれす!蟻さんをやっつけないと・・・・イオナズン!!」
?「きゃああぁぁぁぁぁぁ!うわあああぁぁぁぁぁん!」
男「やっぱり不幸か」
不「・・・グスッ」

男「・・・次のダンボールはと、ん?黒こげ?って友じゃないか!どうした!」
友「さ、さっきのイオナズンに・・・・」
男「そもそもなんで参加してる!」
友「お、俺だって・・・出番欲しいんだぜ?・・・ガクッ」
男「ともおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!」

男「やっと終わりが見えてきたな・・・さて次はと・・・ツンバカだな」
バカ「!な、なんでわかったのよ!」
男「頭しか隠れてないし、学校にスカートをはき忘れてくるのはお前ぐらいだ」
バカ「~~~~!!///ちょ、ちょっと間違えただけじゃない!」
鮫「・・・ちょっと?」

男「さてと、次は・・・」
?「・・・」モジモジ
男「ん~わからないなぁ・・・」
?「・・・」モジクネ
男「・・・ん?」
?「・・・」クネクネ
男「くねくねさん・・・あなた隣のクラスでしょ・・・」
クネ「ちょっと楽しそうだったから・・・」くねくね

男「お、これで最後か。ん~、まったくもって特徴が無いな」
?「・・・」
男「・・・待ってみても反応無しか・・・」
?「・・・」
男「降参だ、いったい誰なんだ?」
店長「ははは、どうやら私はそこまで愛されてないみたいだね」

一同「「「「「「 店 長 !!!!」」」」」

男「お前、ここの生徒ですらないだろ」


  • エピローグ

男「やっと終わったか」
クー「お疲れ。私は男君の愛を確かめられたから良かったぞ」
ヒー「おとこおおおぉぉぉぉぉ!そろそろこの箱からだしてくれえええええぇぇぇぇぇ!」
ツン「ふ、ふん!わかって当然なんだから調子に乗らないでよね!」
狂「あはは♪男君も愛してくれてたんだね~♪(ヒュン)」
荘「どうしてばれたのかしら・・・・わかりませんわ・・・」
㍉「くっ!C組みの奴らめ、なかなかやるな!作戦を練り直さねば・・・」
渡「隠れるの上手ってほめられた~♪」
佐「・・・ふん(男め・・・後で殺す・・・あぁ、渡辺さん可愛い///)」
ミルナ「( ゚д゚ )」
俺「米ごときのせいで・・・3時間も箱の中・・・恨むぞ、シュー氏」
荒「荒ぶる箱のポーズ・・・思い出すだけで恥ずかしい///」
低「・・・スースー」
ゆ「そろそろ箱から出てきたらどうだ、日和」
日「~~~♪」
シュ「ふむ、今回の企画はなかなか成功だったな。これもお米様のお導きだ」
変「また入りとうございます・・・はぁはぁ」
鮫「やっと終わったの?はぁ、今日も暑かったわ」
優「楽しかったんだよー、やっぱり男君の愛はすごいんだよー」
囚「男め・・・許さな(ガコン)アッー!」
看「ふぅ流石に8回連続はきついな」
ドロ「べ、別に照れ隠しで盗んだわけじゃないんだからね!」
不「・・・うぅっ」
魔幼「不幸ちゃん、大丈夫れすか?ごめんなさいれす」
友「お、俺もいたわって・・・・」
バカ「男にパンツ見られた///」
クネ「楽しかった・・・家でもやろうかな」くねくね
店長「一番最後まで無視されてたがなかなか楽しかったよ」

一同「「「「「「「「「「 店 長 ! ! 」」」」」」」」」」

男「・・・あれ?結局ダンボールさんはどこにいるんだ?」
クー「ん?私たちが教室で準備してたときにはいなかったが?」
俺「そもそも違うクラスだろ」
男「いや、あっちにもいなかったからここに来たんだが・・・」
シュー「何か用事か?」
男「あぁ、聞きたいことがあったんだが・・・まぁいい、明日聞くことにしよう」

【用務室】
ダン「・・・(うぅ、用務員のおじさんがこんなとこに運んだせいで出れない)」
ダン「・・・(せめて上のダンボールさえどけれたら・・・)」
ダン「・・・(重くて動かせない・・・誰か助けに来てー!)」
ダン「・・・(あっ、でもここの匂い結構好きかも・・・ってダンボールの匂いか)」
ダン「・・・(あとちょっとぐらいいてもいいかな・・・)」
ダン「・・・(・・・やっぱり早く出たい・・・)」

                 END?