|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

家 族 襲 来


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 現在 文化祭当日 AM:11:15 店外

こういうイベントは他のクラスが何をやってるか?
これも一つの楽しみである

しかし、基本的にC・D組はメイド服装着の為、あまり外を出歩かない
恥ずかしいのとどうしても人の目線を集めてしまうからだ

基本的に休憩時間は休憩スペースでまったりするのが殆どだった
メイド服に何も考えず外を出歩く輩もいるのだが・・・

この鮫子、基本的に恥ずかしがりである

そしてこういうイベントにあるもう一つの出会い

「 家 族 襲 来 」 である

鯱子 とことことこ

俺「ん?どうした?迷子か?」
鯱「メイドおねえちゃむ・・・」
俺「オレは男だっ!!」
鯱「へんたいめいど・・・」
俺「もういい・・・どうした?迷子か?」
鯱「おねえちゃむ・・・さめこ」
俺「鮫子?妹か?」

嵐が来る


  • 現在 文化祭当日 AM:11:30 店内休憩所

鮫「ふぅ・・・やっと一息・・・」

とっときのミントアイスにさじをかける、そして次の瞬間

鯱「おねえちゃむ」
鮫「・・・」
鯱「おねえちゃむ」
鮫「私にメイド服着たチビ助の妹なんて居ないわ」
鯱「おとうちゃむ・・・」
鮫「お父さん来てるの?」

鯱「ぴかぴかひかるおじちゃむとけんかしてる・・・」

鮫「荘厳父か・・・漁師だからね、相性最悪かもね」
鯱「おとうちゃむ・・・むかし」
鮫「ん?」

鯱「むかち・・・『ぶらきあのえいゆう』だったってほんとう?」
鮫「嘘よっ!!」

 ----------------------------

ツンバカ「あ!鯨お・・・じ・・・さん?」
鯨「鯨チャーーーージ!!ふぅん!!!戦車投げぇぇぇぇえ!!!!」
荘父 ビカーーーーー!!!
軍父「誰じゃ・・・ワシの戦車に手を付けたのは・・・」


  • 現在 文化祭当日 AM:11:45 店外

鮫母「さて・・・行きましょうか・・・鮫子ちゃんの学校で暴れた罰ですよ」
鯨「ぬおーーー!!!ひ・・・引きずらんでくれぇぇぇえ!!」

荘厳父・軍父との邂逅、ふとむんずと鮫子の父「鯨」の首根っこを誰かがつかんだ
鮫子母である

ツンバカ「あ・・・あわわ・・・もっさいオッサンが光るオッサンと・・・爆竜大佐が・・・・何がなんだか」

所変わって、喫茶店休憩所
鮫子「・・・・」
鯱子「どうちたの?おねえちゃむ」
鮫子「しゃち子ちゃん・・・お姉ちゃんはここに居なかったの」
鯱子「ん?」
鮫子「と、言うわけであたし帰る・・・」

鮫母「何言ってんの・・・鮫子ちゃん。お昼まだでしょう?」
鮫子「ひいっ!!!」
鯨「ぬおーーーーー!引きずらないでっ・・・!!ここは暗いぞおぉぉぉ!!!」
鯱子「おとうちゃむ・・・うるしゃい・・・」

ミリ子「あ・・・あの男は!!!かつて・・・「ブラキアの英雄」と呼ばれた男・・・」
シュ「知ってるのか!?ミリ子!?」
ミリ子「ああ・・・今でこそもっさいオッサンだが・・・ひとたび水の中に入れば・・・その戦闘ry」
鮫子「嘘よっ!!!もっさい言うなっ!!!」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:00 店内

鮫母「あら・・?結構美味しい・・・」
鯨「ぬうっはっはっは!!美味美味ぃぃ!!おかわりじゃあああ!!精子の力じゃああああ!!!」
鮫子「・・・#」
鯱子「みまみま・・・あいすもってくるでち・・・めいど・・・」
鮫子「・・・###」

ミリ子「なぜ・・・黙ってたのにっ!!どこから漏れたのだ!!」
軍父「ミリ子・・・甘いな・・・情報を制するものが勝利する・・・鉄則だろう」
ミリ子「それは判っている!!しかし・・・今日の事は外部に漏れ」
軍父「ふうむ・・・むまむま・・・中々の味だが・・・やはりウチのワイフは世界一だ」
ミリ子「聞いているのか!?父よ!」
軍父「・・・あんだけデカイ垂れ幕下げてたら誰だって判るわい・・・」
ミリ子「しまった!!」

荘厳「あら・・・お父様・・・何時こちらに?」
荘父 ビカーーーー!!!
荘厳「まあ・・・ふふ・・・ただ通りかかっただけですか?」
荘父 ビカッ・・・!!ピカビカッ!!
荘厳「あらあら・・・その割には・・・結構綺麗に掃除された船内ですわ」
荘父 ビカーーーーーー///

友「なぁ・・・」
俺「言うな・・・」
友「オレは・・・正常だよなぁ・・・?」
俺「・・・問題ない」
友「でも・・・突っ込めないんだ・・・怖くて」
俺「うん・・・俺も怖いな」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:15 店内

鮫母「さて・・・どこかお勧め無いかしら?鮫子ちゃん」
鮫子「無いわ、ついでに私は今日ずっとここだから」
鯨「なにぃ!?どういうことじゃあ!!!?メイドさんっぽく喋って無いでは無いかぁぁ!」
鯱子「あいす・・・みまみま」

とりあえず昼食を終わらせ、これから鮫子一家は午後の予定を話し合う
どの道私はこの店で午後も過ごすから、あまり関係無いわね

そういえばあの宝塚みたいな一家は佐藤さんの家族だろうか?
 ・・・・どっちが母親でどっちが父親なのかしら・・・?不思議だわ

鮫母「ちょっと、いいかしら・・・どこかお勧めある?」
日下「え・・・?あたし・・・ですか?そうですね・・・隣の隣でお化け屋s」
鮫子「ちょっとこっちいらっしゃい!!」
日下「ひゅああああ・・・あの鮫子・・・さん」
鮫子「ダメよぉ・・・日下さん・・・嘘なんて言ったら・・・」

ぐわしっ

鮫子「ふあああっ!痛いっ!!痛いわよ母さんっ!!!」
鮫母「ごめんなさいね・・・えっと・・・クラスメイト?乱暴な娘が妙な事して・・・」
日下「ひいいっ!!!だ・・・大丈夫で・・・すぅ・・・」
鮫母「お化け屋敷かぁ・・・いいわね」
 ----------------------------
後に日下さんはこう語る
日下「ええ、あの時・・・そうです、鮫母の目が・・・光ったんです」