|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

お化け屋敷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 現在 文化祭当日 PM:12:30 店内

3年B組-----------通称「人外・S」(ジンガイズ)
道理で朝からこのクラス付近から・・・何か叫び声が聞こえたんだ今思った

入り口の魔王幼女にお金を渡し
入り口を開け中に入る・・・異世界?

妙に寒いし、何より

鯨「嫌じゃああああ!!!!勘弁してくれい!!!母さんっっっ!!!」
鮫母「ダメよぉ・・・鯨ちゃん♪逃げようとしちゃあ」

なんであんなに細い腕で・・・あの大きな人を引きずれるんだろう?
とりあえずこの場で一番鯨さんが物凄く怖い

鯱子「おねえちゃむは・・・?」
鮫母「さあ?逃げたのかしら・・・おかしいわねぇ・・・」
日下「いえ・・・あの実は・・・私のスカートの・・・なかに」

鮫子「これは夢よ・・・これは夢よ・・・・夢・・・現実こそ夢なのよ・・・」 ガクガクブルブル

日下「どうしよう・・・これ」
鯨「うおおおおおお!!!!怖いぞおおおおおおおおお!!!」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:30 B組内・お化け屋敷

日下です
今物凄い事になっています

鮫母「あら・・・これ結構リアルねぇ・・・ふふ」
鯨「か・・・母さん勘弁してくれええええ!!!暗いぞおおおお!!!」

目の前でもっさいオッサンが暴れて、その首根っこを引きずる鮫子ちゃんのお母さん
淡々とアイスをむさぼり食う鯱子ちゃん。多分良くわかってない
そして

鮫子「さ・・・さっさと歩いて・・・お願い・・・」
日下「スカートの中で・・・・ううっ!もそもそしないでぇ!!」
鮫子「違うの・・・ダメなの・・・あたし、こういうの」
日下「・・・うう・・・今は自分が怖いよぉ・・・あうんっ!」

日下です・・・このメイド服のスカートはなんか提灯みたいにふわっとしてるんです
でも中に人が入って、しかも鮫子さんってのは・・・正直怖いです・・・ドキドキしてる自分が

ランダエタ「・・・フランケンですよー♪」

鯨「うおおおお!!!!母さんに何をするうううう!!!!ふぅん!!!」

ラン「え・・・ザsxdcfvgbhんjmk、l。;・・・・俺人外じゃ・・・ない・・・のn」

鮫母「あららら・・・大海嘯・・・」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:35 B組内・お化け屋敷

日下です・・・正直何がなんだか・・・です

ヴァル「・・・」
鮫母「あら?」
ヴァル「ここは皿屋敷だ!!」
鮫母「まあ♪鯨ちゃん!あの有名な・・・お皿がいちま~いよ♪」
鯨「かかかあさん!!!お家にかえしてくれぇえぇえええええ!!!」

白い着物を着たヴァル姐さんが井戸から出てくる
BGMが本格的にデンデロデロデロしてくる

日下「わ・・・ヴァル・・・さん?」
ヴァル「とりあえず皿が一枚足りん!!どういうことだ!!」
日下「い、色々違うよ・・・ヴァル姐さん・・・」
鮫子「ひいっ・・・」 ガクガクブルブル
日下「さ・・・鮫子さぁん・・・何時ものヴァルさんだよぉ・・・」

ヴァル「・・・鮫子は何をしているのだ?」
日下「えっと・・・なんかこういうの苦手らしいです・・・」
ヴァル「ふん!我に臆したか!まあ・・・しょうがな」

ぶん!

ヴァル「がふっ!!!」
鮫子「ううううううるさいっ!!!」
日下「だ!ダメだよ!!小道具の石投げないでぇ!!」
鮫子ちゃんは私のスカートから手だけだして石を投げる、とりあえず・・・どっちも怖いよぉ


  • 現在 文化祭当日 PM:12:40 B組内・お化け屋敷

日下です・・・とりあえず井戸から離れたんですけど・・・

またしばらく行くと・・・また井戸がありました
くねくねさんがくねくねしながら井戸から出てくる

くね「えっと・・・お皿が、いちま~い・・・にま~い」
何かくねくねしながらお皿を数えている。お皿を持ちにくそうだ

くね「ふぇ・・・さん・・・まいっ!!よ・・・んまい」
少々バランスを崩しかけてる

くね「ううう~はちま~いいい!!っと・・・きゅう・・・?まい?あれ?」
あれ?全部で何枚だっけ?・・・なんかハラハラして・・・わかんなくなりました

くね「やりましたっ!!わたし・・・皿を落とさずに最後まで出来ましたよっ!!!」 くねくね
日下「あ・・・お、おめでとうございます」
くね「今日はもう・・・何百枚って割ってしまって・・・でも諦めたらそこで試合終了だって」 くねくね
日下(あ・・・誰だろう?ぬ~べ~先生かな?)
くね「あの先ほどの・・・何か大きな人を引きずる人でしたが・・・」 くねくね
日下「あ・・・鮫子さんのお母さんだね」
くね「そうですか?・・・同じ妖怪かと」 くねくね
日下「・・・多分人間だよ」
鮫子「#」 がぶっ

日下「ひやああああああ!!!!太もも噛まないでぇぇぇぇぇ!!!」
くね「・・・人間?」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:45 B組内・お化け屋敷

鮫子「そういえば・・・鯱子は?」
日下「あ・・・一緒じゃないのかな・・・親と」
鮫子「探さなきゃ・・・あの子ぼーっとしてるから・・・」 ばさっ!

スカートがめくれあがる

日下「ふやああああ!!!す・・・すかーとがっ・・・」
鮫子「しゃちこーーー!!!どこーーーー!!!」

今来た道を戻る
でも、鮫子さん・・・平気なのかな?怖くないのかな?

きっと家族思いなんだろうな、本当の鮫子さん

 ------------------------

冥土「わはははは!!怯え泣き叫ぶがいいです!!!」
鯱子「・・・?」
冥土「わはははは!!さあ・・・許しを・・・って・・・あれ?」
鯱子「なに?」
冥土「怖く・・・ないのですか?」
鯱子「なんで?」
冥土「ほら!大きな鎌です!これで命を刈り取るんです!」
鯱子「そう・・・みまみま」
冥土「あ・・・あいす・・・う!羨ましくないですっ!!」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:50 B組内・お化け屋敷

鮫子「鯱子?」
冥土「うわあああああん!!痛いです!!離しなさい!!」
鯱子「あぐあぐ・・・」
日下「うわ・・・この子も噛むんだ・・・」

鮫子さんの妹の鯱子ちゃんが・・・誰だろう?この子
なんかちっちゃい、でも可愛い洋服着た子の指に噛み付いている

鮫子「ほら・・・鯱子離しなさい」
鯱子「あぐ・・・ぺっ」
冥土「ひぐっ・・・ひぐ・・・」
日下「大丈夫?ほら指見せて・・・」

結構強い力で噛んでたのだろうか?血は出てないけど真っ赤になっている

鯱子「このひと・・・あたちのあいすとろうとしたの」
日下「あちゃあ・・・」

ウチのクラスでも鮫子さんのアイスに手を出す奴は居ない
居るとすればアホ子ちゃんくらいか・・・それでも怒られてばっかりだけど

鮫子「ダメよ・・・こんな所で一人になって・・・迷子になったらどうするの?」
鯱子「ごめんなちゃい・・・」
日下「ふふ・・・なんか仲いいんだね」

冥土「き・・・綺麗にまとめようとしないで!!」


  • 現在 文化祭当日 PM:12:55 B組内・お化け屋敷

日下です・・・なぜか私のスカートの中に今度は鯱子ちゃんが潜ってます
意味はわかりません・・・少しシュール子ちゃんの匂いがします・・・不安です

鮫子「・・・も・・・もうそろそろ終わりかしら・・・?」
日下「さあ、もうどのくらい歩いたのかも判らないです・・・」

そもそも教室ってそんな大きく無かった筈なのに・・・なぜだろう?

そこへシャクヤクさんが天井から舞い降りる

鮫子「きゃああ!!!」

鮫子さんが思い切り抱きついてくる、少し苦しいよぉ・・・
日下「ふがふが・・・」 パンパン
鮫子「うえ・・・ぇ・・・もう嫌ぁ・・・」

シャク「えっと・・・うがー♪」

鮫子「ううう・・・許して・・・」 ぎゅううううう
日下「むぅううううう・・・」 パンパンパンパン!!!

鯱子「・・・?」

鯱子ちゃんがいつの間にか私のスカートから抜け出て、またふわふわしている
すると横のシーツをめくって潜って行ってしまった

つか・・・苦しいです


  • 現在 文化祭当日 PM:13:00 B組内・お化け屋敷

鯱子「・・・なにしてんの?」
内魔「ひやああああぁぁぁあ!!」
鯱子「?」

魔方陣のど真ん中
内気魔王が陣を組み何かを詠唱中
どこからともなく現れた少女

内魔「あの・・・ここ危ないから・・・」
鯱子「・・・?」
内魔「あの・・・ここで魔法唱えてです・・・そして空間をですね」
鯱子「つまんない」
内魔「がーーーん・・・」

その瞬間、集中力が切れたからなのか
教室内に明かりが灯り、雰囲気が変わる
そして周りの黒っぽい歪が消えていき・・・その向こうに現れる・・・魔王幼女

まいまいはコンニャク吊るした釣竿持ってキョトンとしてる
ゾンビ妹は・・・寝てる

魔幼「何してるですか!?ここで魔力切らしたら中が全部・・・」
内魔「ごめん・・・つい集中力切らしちゃって・・・」
鯱子「・・・あいすどこ・・・?」


  • 現在 文化祭当日 PM:13:05 B組内・お化け屋敷

シャクヤクが声をあげる

シャク「あの・・・!二人動かないよぉ!!」

まい「うわ・・・一人は・・・気絶で・・・もう一人は・・・息できなかったんだ・・・」
魔幼「ふふーん♪ここまでびっくらこかせたらあたしたちの勝ちですぅ!」
内魔「あの・・・早く回復しないと・・・」

魔幼「ふむ、しかたないですね。べほまー!」
内魔「えっと・・・べほまずん・・・」

ぴろりろりろ

魔幼「・・・なんであっちしより・・・凄い魔法使うですか!」
内魔「え・・・あの・・・」
魔幼「うー・・・あちしのべほまが意味ないじゃないですか!!」
内魔「えっと・・・ごめんなさい。でもでも!魔幼ちゃんのべほまも切れがありましたよ!」
魔幼「言ってる意味がわかんないです!」

二人が目を覚ます
鮫子「う・・・ん」
日下「ふあ・・・息が出来る・・・」


  • 現在 文化祭当日 PM:13:10 B組内・お化け屋敷

光が見えた
ああ、私生きてるんだ・・・確か鮫子さんに思い切り抱きしめられて・・・
やっぱり胸、大きかったなぁ・・・・いいな。

日下「ふう・・・ねぇ・・・何が一体・・・」
 ----------------------------
光が見えた
ったく・・・こんな事で・・・気絶でもしたのかしら・・・ムカつくわ
それにしても・・・日下さん、ちっちゃいわね、あれはロリ好きにモテそうだわ

鮫子「う・・・うん・・・ここはB組かs」

人外・S 「 「 「 「 大 丈 夫 ? 」 」 」 」

鮫子「ふやあああぁぁぁぁぁぁ!!!!嫌あああぁぁぁぁぁ!!!」
日下「鮫子さ・・・ぎゅむ!!がふがふ!!くふひい!!」

ゾンビ妹・シャクヤク・メイクしたくねくね・メイクしたヴァルそして・・・ぬ~べ~の連れて来ただろうその他

それらがこの二人を心配そうに見つめていた

鮫子「ぐすっ・・・もう嫌ぁぁぁ・・・・きゅう・・・」 ぱた
日下「がふ!!くふひーでふ!!!くふ・・・ぶふうぅ・・・」 ぱた

鯱子「・・・おねえちゃむ・・・へたれ」