|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

13スレ目-その2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男「おーい学~、お前そろそろ…」
ガチャッ

ドカッ バキッ

学「ふぅ…。……?」
#ref error : ファイルが見つかりません ()
男「…いや、そうだけど……」
学「なんだ、何か言いたげなその目は」
男「…それ、なんの学習だ?」
学「………これは学習じゃなくて、個人的な事。」

ドカッ ガスッ バキッ

男「…そ…そうか…じゃ、保守忘れんなよ…ノシ」
学「あぁ、(バシッ)わざわざ(ダンッ)ありがとうノシ」
バタン


ドカッ ダダダッ ズバンッ ガッ ガッ



男「…あいつもやっぱり…ストレスとか、たまってんのかな…(体育座り)」


学「(鏡に向かいながら)よう、今日も可愛いな学」


学「……我ながら完璧な男の真似なのだが…何か違うな」
学「まあ、男は私にこんなこと言わないか…」


学校

学「おはよう、男」
男「よう、今日も可愛いな学」
学「っ!?1!?!!?!!!!!」
男「ちょ、珍しく慌ててどうしたw」

薄暗い部屋の中、渡辺さんはその人形のような指先をゆっくりと私の唇に這わせる。
その指先は顎を伝い絡み付くように首筋へと促されていく。たったそれだけで私の中の官能が暴れ出すのだ。
「渡辺さん…」
無意識のうちに口に出していた―私の躯慰める、この部屋に存在しない少女の名前を。
薄暗い部屋の中、私は渡辺さんを想いながら獣のように躯をまさぐり続ける。
右手は胸を揉みしだき、左の指はその登頂に爪を立てる。
指先が乳首を擦り、弾き、挟みこむ度に小さな吐息が部屋を埋めていき、視界には霞がかかっていく。目の前には一糸纏わぬ渡辺さんの姿があった。その姿は幻想的でありながらも卑猥であった。
「渡辺さんのココ…もう濡れてる…」
私がそう呟くと少女は優しく笑い、そっと囁く。
「佐藤さんだってびしょびしょだよ~」
言いながら私の秘部へと手をのばし、下着越しに擦りつけ
(省略されました。全て読むには俺に続きを教えてください。)

魔少「ああ、その件か。たまには私の意見を聞く前に自分で何とかしてみろ」
魔幼「……だれと話しているんです?」
魔少「Dxsを使うだと?待て、今授業中だ……なに?わかった、今行く。」
ぬ~「こら、魔法少女。どこへ行くんだ?」
魔少「……愛する人を守るためなんです!」

ダッ

ぬ~「ヴァル頼んだぞ」
ヴァ「承知した。」
魔少「な、離せぇ!」
ヴァ「こらこら暴れるな」
魔少「だ、だめだ。押さえきれない!私から離れろ!!さもないtへぶるあ
魔幼「うるさいれす。少し黙るです。」
魔少「糞……今日が満月だったらお前らなんて私の邪気眼で……」
ヴァ「わかったから、席に座れ……」
魔少「し、しまった今の騒動で。私のペンダントが!!あれがないと私は!!」


ぬ~「(この子が一番の問題だな……)」

男「明日は一日これで頼む」
学「…らぶらぶ☆こめでぃ…」
男「読めば分かると思うけど、俺明日は先に学校行くから」
学「了解」

学「ふむ…朝曲がり角でぶつかって知り合い、学校で偶然再会。そして初々しい下校デートか……よし。」



男「うん…多分、ここの角を曲がると…」

たったったった

男「お、来たか…?」

たったったった…ドンッ

男「うわっ!」学「きゃっ!」

男「い、ってぇ…」
学「ごっ…ごめんなさい!私急いでて!…お怪我とかないですか?」
男「いや…大丈夫、それより、急いでるんなら行っていいよ?」
学「そうですか…?…じゃぁ、お先に失礼しますっ!(ペコリ)」

たったったった…

男「これは…この王道は、くる…(ぐっ)」

昼休み

男「お、そろそろ学が偶然教室に来る頃だな…」

ガラッ

学「失礼しま~す、女ちゃん教科書…あっ!」
男「ノシ」
学「この学校の生徒だったんですか?!朝は急いでて制服にも気付かなくて…会えるなんて偶然ですね!」
女「…あんた何言ってんの?」
学「あれ、もしかして女ちゃんこの人と知り合い?」
女「知り合いも何も…親友の彼氏でしょーが」
男「お、おい学…」
学「…ぁ…彼女、いるんだ…(ぽつり)」
女「ん?…ははぁん…まーたこの変態がなんかやらせてるのね?」
学「でもお礼はしたいし…その…良ければ今日、一緒に帰りませんか?(モジモジ)」
女「学を恥じらわせてるー変態ー変態ー。みなさーん、ここに変態がいまーす」
男「うわああああああああああああ」
学「(モジモジ)」


下校

男「…学、とりあえずもうやめていい」
学「そうか?今日も完璧だっただろう?」
男「…友人巻きこむのは無しだって、俺が学べたわ…」
学「?」

男「学~、今日はこれ頼む」
学「………」
男「おい?寝てんの?(ヒラヒラ)」
学「………」
男「返事くらいしろよー」
学「………(スッ)」
男「カンペ?何々…」



男「返事がない、ただの屍のようだ」




学「よし、これで完璧に役をこなせた」
男「お役に立てて光栄です…」

ア「すごい事を思い付いた」
男「そうか」
ア「…ぁ…やり直す」
男「どうぞ」


ア「あなた、すごい事を思い付いた。聞いてくれ」
男「おk」
ア「知ってのとおり私はピノが好きで、たくさん食べたい」
男「ほうほう」
ア「しかし私はあまりお金を持っていないし、あなたもあまり持っていない」
男「悪かったな」
ア「そこである案があるんだ」
男「聞こう」
ア「私が自分で食べたいだけピノを作ればいい」
男「お前ピノ作れたのか、そりゃすげぇ」






ア「…まずはピノ工場を買わないといけないのか」
男「すごい事を思い付くな…」

学「今日はアホの子クールというのをやってみようと思う」
男「ふむ。で、どうして髪の毛をいじってるんだ?」
学「こういうものはまず形から入るものだ」


学「…できたぞ。完璧だろう?」
男「うむ、見事なアホ毛だな」
学「地味に苦労した」
男「……で、メガネを外し忘れているのはアホの子だからなのか?それとも素でなのか?」
学「…………」
男「……………」

学「ふふん」


ツンとデレの反復攻撃を兼ねた保守

男「昼飯昼飯!そうだ、一緒に食べない?」
女「は?友達がいないからか?」
男「う・・・」
女「じゃ、食べよっか♪」
男「お、おう」

男「なぁ、その鳥のから揚げ、俺のおかずと交換しない?」
女「同等の対価として、これと、これと、これとなら許可してやらんでもない」
男「ぬぅ・・・」
女「・・・ダメかな?」
男「これと、これと、これのみならず、全部持ってけぇ!」
女「なんだ、腹が空いてなかったのか」
男「やっぱり返s」
女「あ、おいし~」
男「食うの早!」

○月♪日 学がリサイクルショップで『望遠鏡』を買ったと話していた。
      「今度男も見に来ないか?」とも誘われた。勿論OKしたとも。

○月?日 何だか学の様子がおかしい。今までに見たこともない行動をとる。
      『望遠鏡』を買ってきた翌日からだ。何か関係があるのか?
      明日は学の家に星を見に行く予定だ。まさかとは思うが…。

○月☆日 学の家に『望遠鏡』を見に行くと、その先には住宅地が広がっていた。
      「よその家を覗き見していたのか?」と聞くが学は「そんなことしていない」と言う。
      その日はとりあえず星を見て帰ったが、さて、どうしたものか…。

○月TL日 学が学校に怪しげな『本』を持ってきた。聞くと海外の宗教に関するものらしい。
      ページを開くと学がここ最近とっていた行動が書かれていた。これだったのか。
      学が覗きをしていると疑った件について謝罪した。ところで学、こんなもんどこで買った。


ア「大変だ、あなた」
男「どうした」
ア「最近の流行と言うものを耳にしたんだが」
男「知らんな、なんなんだ?」
ア「ようじょらしい」
男「………」
ア「私はもとより幼女だな?」
男「…まぁ…いやだが…」
ア「何もしなくても流行の中心にいる、これはすごい事だと思う」
男「…世間様が求めている幼女像とは、かけはなれている気がするけどな」
ア「ふふん」

ア「喋っている間に、もっと重要な事に気付いてしまった」
男「今度はなんだ」
ア「あなたは私をアホの子と言うな?」
男「あぁ、本当にアホだな」
ア「違う」
男「え?」
ア「私はアホな子ではなく、アホの子だ」
男「…何?…つまり…」
ア「アホなのは私じゃなくて、私の親だと思う」
男「…………」
ア「ふふん」
男「まぁカエルの子はカエル、アホの子はアホに違いない」
ア「あれ?」

1000 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/09/05(火) 15:34:27.21 ID:d3bbH3Vg0
んふふ~次回予告です~
また、どこかで会えるかもしれません。
その時はドロップキックを望みます
古畑任三郎でした。