|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

エピローグ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • エピローグ---- AM:8:20 

ツンバカ「鮫子っ!おはよー」

丘の上の木の下で涼む鮫子
朝のHRまでここでのんびりするのが鮫子なのだ

鮫子「・・・」
日下「あの・・・」
鮫子「駄目よ・・・日下さん、制服裏表ちゃんと言ってあげないと」
ツンバカ「ほぇ?あーーーーーー!!!!な!なんで言ってくれないのよぉ!!日下ちゃん!」
日下「な・・・何回も言ったよぉ!」

鮫子「まったく・・・ふふ」

涼しい風が吹いてくる、木がさわさわと揺れる
ツンバカ「好きだね、この天使の木の下」
日下「何時もいるもんね、この天使の木の下に」

鮫子「ふふ・・・やっぱり・・・覚えててくれたのよ」

あの夜の後、この木は異常な成長を始める、枝が妙な形で育ったのだ
そして緑の葉っぱがまるで天使の羽のように広がって

あのサメイドのシンボルマーク、メイドさんの羽のように空を描いていた