|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

学 with B組


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男「なぁ学、お前ってさB組の奴らのも学習できんのか?」
学「な・・・B組だと・・・?あの、人外クラスのB組だと・・・?」
男「まぁ流石に無理だわな、さっきの質問は忘れてくれ」
学「待て。私にもプライドというものがある。やろうじゃないか。」
男「無理しなくてもいいぞ?」
学「無理などしていない。何より男のためだ」
男「・・・そうか、ありがとう」
男(ちょっと聞いてみたかっただけで、やってほしいわけではないんだが・・・まぁ、いいか)
学「じゃぁ、ちょっと行ってくる」
男「あぁ気をつけてな」



学「さてあぁは言ったものもどうしたものか・・・ん?あれは・・・」
魔「やっほ~☆B組のみんな!魔法少女ちゃんだぞ~☆」
学「・・・よし、まずは魔法少女から学習してみるとするか」
魔「みんな~?元気がないぞっ☆」
ヴァ「はいはい、わかったから座ろうな」
魔「む、私を子ども扱いするな~★ザキかけちゃうぞ!」
ヴァ「やれるものなら。どうせMP切れなんだろ?」
魔「・・・ふん、運が良かったな。ペレーヌム様が今日は魔法を使ってはいけないって仰っている。」
ヴァ「・・・誰だ、それは」
魔「ペレーヌム様はペレーヌム様なの★!いい?ペレーヌム様はね、この世の理を・・・・」
学「・・・」

──次の日──

男「お、学。おはよう」
学「ペレーヌム様万歳!ペレーヌム様万歳!」
男「・・・魔法少女の毒気にやられたか・・・」
学「はっ!ち、違うんだ、聞いてくれ男君!」
男「ボクハナニモミテナイヨー?」
学「だから聞いてくれ!ペレーヌム様って言うのはだな・・・」

男「ペレーヌム様万歳!」
学「ペレーヌム様万歳!」



学「くっ・・・流石はB組、一筋縄ではいかないか・・・」
ヴァ「はぁ、魔法少女の相手は疲れる・・・」
学「・・・よし、今度はヴァル姐でいこう。B組唯一の常識人だ、少なくとも魔法少女よりは簡単だろう」
ヴァ「さてと・・・しまった!」
魔幼「どうしたんれすか?」
ヴァ「部屋に教科書を置いてきてしまった!ちょっと取ってくる!」バサバサ
魔幼「いってらっしゃいれす~」
学(飛んでる・・・)
ヴァ「ふぅよかった。さてと・・・次は国語か」
魔幼「そう言えば、ヴァル姐はもう日本語覚えたのれすか?」
ヴァ「ば、馬鹿にするでない!当たり前だろう!」
魔幼「ほえ~凄いれす。わたしはまだ漢字が書けないれす」
ヴァ「ふ、ふん!貴様とは出来が違うのだ!(漢字・・・?日本語にはまだそのようなものまで・・・くっ!)」
学「・・・」

──次の日──

男「よう、学」
学「男か、遅いじゃないか。どういうことだ?」
男「(ヴァル姐か、ちょっと怖い・・・)あ、あぁ弁当を忘れてな、コンビニで買っk」
学「何!弁当を忘れたのか!よし取ってきてやるぞ!」カチッ・・・・ボシュー
男「うぉ!小型ジェット!?」
学「理系に作らせた。羽を生やすことは出来んのでな。行って来るぞ!」
男「いや、だからコンビニで買っt」
学「ぐおおぉぉぉぉぉ!操縦方法が分からん!なんてややこしいのだ!」
男「普通のラジコンじゃねぇか」



学「はぁ・・・取りあえずはヴァル姐は成功かな?男も顔を引きつらせながら笑っていたしな・・・」
学「次は・・・・よし、幽霊で行くか」

幽「あ、魔幼ちゃん、消しゴム落ちたよー・・・あれ?取れない・・・」
魔幼「ありがとうれす、自分で取るれす」
幽「優ちゃんの真似しようと思ったのに・・・」
学(少し考えれば取れないことぐらい分かると思うんだが)
幽「あ!そうだ!えいっ」・・・フワッ
魔幼「!ひぃっ!ポルターガイストれす!消しゴムが浮いてるれす!!うわああぁぁぁん!」
幽「あぁ、待ってよー!(スカッ)・・・やっぱり掴めない・・・うわぁぁぁぁん!」スッ
鵺「こら!魔幼、授業中に廊下に出るな!幽霊!床をすり抜けて下の階にいる後輩を驚かせたら
  駄目だと何度も言ってるだろう!」
幽・魔幼「「ごめんなさい(れす)」」
学「・・・」

──次の日──

男「どうした、学?こんなとこに呼び出して・・・」
学「実はだな、昨日幽霊ちゃんを学習したんだ」
男「!・・・・出来たのか?」
学「いや、無理なようだ・・・・生きてる状態ならな。というわけで今から幽霊になるから見送ってくれ、じゃぁな」
男「やめろおぉぉぉぉ!飛び降りようとするなああぁぁぁ!」ガシッ
学「離せ!離せばわかる!」←誤字ではないよ
男「ちょ、誰かあああぁぁぁぁ誰か早く来てくれえええぇぇぇぇ!」



学「失敗か・・・このままだと私の【学習型クール】としてのプライドが・・・」
学「・・・あれは、ダンボールさんか。これは簡単に学習できそうだ。よし、頑張るか」

渡「あれれ~?私のお弁当がないよ~?」
佐「・・・じゃぁ私n」
ダン「・・・」スッ
渡「くれるの?ありがとう、えへへ~♪」
佐「・・・チッ」
学「・・・」

友「へっへっへっ。今日こそダンボールちゃんの素顔を見せてもらうぞ!」ガバッ
ダン「いやぁぁぁぁ!らめぇぇぇぇぇぇ!こないでぇぇぇぇぇぇぇ!」ブンッブンッブンッブンッ
友「ちょ、ダンベルは、投げ、ないで、うお!(ガツン)」
学「・・・3キロのダンベルが15個も・・・」

──次の日──

男「おっす・・・ん?今日はダンボールさんか」
学「・・・た、頼む助けてくれ、動けない」
男「・・・なぜ?」
学「ダンボールさんのもっていたものを全部持って入ったら、重すぎて動けなく・・・グスッ」
男「そういうことか、まぁダンボールさんは諦めろ。あの箱は4次元ポケット並だ。全部その中に入れられただけでも十分だよ」
学「それより早くどかしてくれ」
男「わかったよ、よいしょと」
学「いやあああぁあぁぁぁぁぁぁ!男くぅん!脱がさないでえええぇぇぇぇ!らめええぇぇぇぇぇぇぇ!」
男「ちょ、そこだけは完璧か」
警察「君、ちょっと署まで来てもらえるかな」
男「・・・orz」



学「・・・筋肉痛がとれない・・・orz」
学「だんだんいい感じになってきたな。この調子で魔幼を学習してみるか」

鵺「・・・であるからして、ここのxが」
魔幼「せんせい!飴が無くなったれす!」
鵺「授業中だ、静かにしてなさい!」
魔幼「ふぇ、飴がぁぁぁ無いのれすうぅぅぅぅぅぅ」
鵺「わかったから、あぁもう!これでも舐めてろ!」
魔幼「チェルシーれす!ありがとうれす!」
鵺「ったく・・・これでも俺より年上なんだよな・・・・さて、ここのxがだな・・・・」
学「・・・」

魔幼「ひゃぁ!ゴキブリれす!メラゾーマ!イオナズン!マダンテ!」
ヴァ「やめろ!こっちにまで被害が出る!」
魔少「・・・プスプス」←イオナズン直撃
魔幼「・・・ごめんなさいれす」
学「・・・」

──次の日──

学「おはようれす」
男「おはよう・・・って学か。なるほど、今日は魔幼か」
学「そうなのれす。魔法も完璧れすよ。メラゾーマ!」シーン
男「・・・いや、魔法は流石に無理だろ」
学「おかしいれす・・・腕の角度も発音も体勢もすべて完璧なはずなのに・・・ふ、ふぇぇぇぇぇん!」
男「お、おい・・・ほら、飴やるから元気出せよ」
学「・・・あ、ありがとうなのれす・・・」



男「うん、今のはなかなかよかったんじゃないか?」
学「そ、そうか?・・・やった!成功だ!成功だぞ、男!」
男「いや、はしゃぎすぎだ」
学「何を言うのだ。あのB組の、そうB組の魔幼を学習できたのだぞ!これを喜ばずして何を喜ぶというのだ!」
男「そう言われればそうだな。ついにお前は人外のものまで学習できるようになったか・・・」
学「そうだ!これでわたしにもう怖いものは無いぞ!素直シュールも、もう目ではない!」
男「そうだな」
学「褒めてくれ」
男「その前にひとついいか?」
学「?なんだ?」
男「・・・結局魔法は出せなかったから学習できたとは言い難いんじゃないのか?」
学「・・・」
男「・・・」
学「・・・グスッ・・・男、なんて、嫌いだ・・・」
男「お、おい」
学「・・・グスッそこまで言うなら仕方がない・・・ヒック・・・今度こそ完璧な幽霊ちゃんに!」ガバッ
男「やめろおおぉぉぉぉ!」
学「離してくれ!このままでは私の存在意義が危うい!」
男「何を訳のわからないことを!誰かあああああぁぁぁぁぁ早く助けに来てくれええぇぇぇぇぇぇ!」

                     END?