|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

荘厳


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ


物語

荘厳「くっ…う……」
男「ど、どうしたんだ、荘厳!」
荘厳「近寄らないで下さい!」
男「ぐあっ! なんだこの突風は!」
荘厳「大したことでは……大したことではないのですっ!
    ですから、男様…私のことは気になさらないで下さいませっ!」
男「でも、そんな、苦しそうな表情をして…」
荘厳「ふふ…この程度の痛みならば、乗り越えて見せますから…」
男「(おお……まるで女神のような微笑だ…)」
荘厳「ですから…どうか……男様……」
男「わ、わかったよ……でも、ムリは…」
荘厳「ええ…」


女「荘厳さん、昨日賞味期限の過ぎた牛乳飲んで腹痛らしいね」
男「そんな理由ーっ!?」

備考

文字通り、彼女の周囲ではあらゆる現象が無駄に華麗で荘厳になる。
彼女が荒ぶる鷹のポーズをとれば鳳凰降臨かと見紛うばかりであり、プールに行けばモーゼの如く水が割れる。
もちろん、どこからともなくクラシカルなBGMが自然と流れてくるのはお約束。
誕生そのものは当スレの思いつき(第一スレ927)。試行錯誤の末、1時間半で964が原型を完成させる。

註)
一部男子生徒の間では、
「あれはアルター能力では?」とまことしやかにささやかれている。
勝手に名前までつけられている。

アルター名:『荘厳なる舞(ゴージャス・タンゴ)』
無意識発動。外界(無機物、生物、概念まで)に干渉して何もかも荘厳に変えてしまう。
もちろん荘厳さん自身の視点では、世はすべて事も無し。

参考記事