|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

MDD2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太田「さて、MDD第二回会議の時間だ
早速今回の議題を発表する
ズバリ『どの様な男性が女性にもてるのか?』だ」

友「悲しい事だが、やはり顔ではないですか?」

ランダエタ「まて、内藤の存在を忘れるな
顔だったら内藤では100年たっても彼女など出来ないはずだ」

B「ならば金とかは?」

( ^ω^)「それならランダエタがもてるはずだお、亀○父からタップリと裏金頂いてるはずなんだし」

太田「白熱した議論の最中に申し訳ないが、実は女子生徒にあるアンケートをやってもらったんだ」

大門「アンケートでごわすか?」

太田「その名も『貴方の憧れの男性は誰ですか?』だ!」

(;^ω^)「な、なんということだお!」

友「先生、結果はどうなったんですか?」

太田「まさに驚愕の結果が出た
なんと一、二年の約三割が生徒会長という回答を書いたのだ!(ちなみに三年は0)」

友B(;^ω^)側近BA大門ランダエタ生徒会長「な、なんだってー!?」

側近A「そんなバカな!
勉強だけが取り柄の劣化版出来杉くんがもてるだと!?」

側近B「えぇい兄者しっかりしろ!
これはきっと幻聴だ!」

B「生徒会長、しっかりと説明してもらうぞ!」

生徒会長「待ってくれよみんな!
何故そんな結果が出たのか僕にもさっぱりだ!」

太田「ふっふっふっ、諸君がうろたえるのもわかる
しかし生徒会長には諸君にはないある物を持っているのだ」

友「我々にはないある物……ですか?」

B「一体なんなんだ!?」

太田「それはズバリ……『肩書き』だぁああああ!!!!」

側近ABB(;゚ω゚)大門友生徒会長ランダエタ「……っ!!!」

(;^ω^)「『肩書き』……」

友「盲点だった……」

側近A「いや、俺は前からそうじゃないかと思っていたよ」

側近B「兄者、知ったか乙」

太田「そう、女性は肩書きに惚れる!
生徒会長しかり、部長しかり、トリックスターしかり!
古今東西、あらゆる女性は肩書きを持つ歳上の男性に魅力を感じるのだ!」

友「よし、そうとわかれば話は簡単だ!
先生、早急に我々にも肩書きを付けましょう!」

B「よぉし、腕がなるぜ!」

ランダエタ「今夜は徹夜だな!」

大門「我々の未来は明るいでごわすな!」

次の日

友「『絶対的脇役』友!」

( ^ω^)「『幻の白豚』内藤!」

大門「『カレー一筋』大門!」

ランダエタ「『金に負けた男』ランダエタ!」

B「『空気読めない』B!」

生徒会長「『生徒会長』生徒会長!」

側近A「『ロリコンキング』側近A!」


側近B「『ロリコンエンペラー』側近B!」

太田「『MDDの長』太田!」

太田側近AB生徒会長Bランダエタ大門( ^ω^)友
「みんな揃って……もてない男子同盟(MDD)!!!」

背景で9色の爆発!

クー「……今日は熱いからな」

ヒー「……みんな、漢だぞ」

ツン「……」

シュー「……」パチパチパチ

渡辺「佐藤さーん、あれなーにー?」

佐藤「見ちゃダメ、汚らわしい」

荘厳「あらあらまあまあ」

男「まあ、なんだ……頑張れよ?……」

俺「……(カッコイイナ)」

友「視線が痛い……」

生徒会長「先生……何か間違ってませんか?」

太田「バカ、気付いたら敗けだ」

ツン「だいたいそれは『肩書き』じゃなくて『二つ名』よ」

(;^ω^)「アッー!」