|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ねこつん11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ

猫とツンのお話

鮫子との邂逅

ツン子の悲しげな顔

猫はただ男に立ち向かう

しかしやはり猫

首根っこ押さえられ

猫はコンクリートの熱をただただ感じるだけだった

猫 「フーーー!!フーーーーー!!!」

男 「な・・・何か怒ってるぽいね・・・」

クー「ちょ!いい加減にしろ!!ほら!!これくれてやるから!!」

猫の口元に秋刀魚の唐揚げを寄せる
しかし猫は見向きもしない
猫はただ自らの爪と牙を男に向ける、男の抑える手を跳ね除けたその時

ツン 「まったく!上でニャーニャー聞こえるかと思ったら・・・猫・・・もういいから・・・ね?」

猫  「!?・・・・にゃ」

ツン子は猫を優しく抱き上げ、顔を寄せる

ツン 「私は平気なんだから!ね!?猫も・・・お腹空いたでしょ?今日も弁当持ってきてやったんだから」

猫  「・・・」
猫は俯きながらツンの手をから離れ、屋上を後にする

ツン 「あ!猫・・・」

ただツン子は見送る、猫はこちらも振り返らず走り去った

男  「しっかし・・・痛いな・・・うわぁ・・・擦り傷みたいになってる」

ヒー 「あの糞ネコおおおおお!!!今度会ったらとっちめてや」

ツン 「ダメよ、私の友達なんだから」

へ?と皆ツン子の顔を見直す
ツン子の好きな男を傷つけた猫を庇うというのが想像できなかったのだ

ヒー 「だけど!!!これじゃあ男がよおおお!!!」

ツン 「ゴメン・・・」
そう言うと彼女はポシェットからバンテージと消毒液で男の手を優しく癒す

男 「ツン子・・・」

クー 「しかし野良だ・・・そんなのが学校に住み着いてるってのも」

男 「あ、いや。そこまで過敏になるなよ・・・猫にも事情ってのが」

荘厳 「でも男様・・・せっかくのお昼が・・・」

男 「へ?あああああ!!!オレの弁当が・・・ああ・・・つつつつt・・・ツン子・・・ぜひぜひ食べ物をお恵m」

どがあっ

ツン 「このっ・・・・この馬鹿!!何が・・・何が食べ物くれよ・・・」

男  「ぐおおおぉぉ・・・鼻が・・・鼻が」

男の顔面にツン子の踵
昂ぶるザ・ハーレムズ

ヒー 「ちょ!!何するんだ!!!」
クー 「いきなり顔面に蹴りは無いだろう・・・」
荘厳 「そうです、貴方だって男さm」

どがあっ!!

男 「ぶべらっ!!」

鮫子 「あらごめんなさい、そんな所で這い蹲ってると危ないわよ」

ツン 「鮫子・・・」

鮫子 「ふん」

男  「あの・・・正直何が何だか・・・」

鮫子 「別に、あの猫と一緒でアタシはアンタの事好きじゃないから」

クラスが真っ二つに割れた瞬間だった