|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

23スレ目そのに


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

lunatic.end

男「……そこまでしてあいつを庇う理由があったのか?」
女「あの娘に、外の世界を十分見せたかったの。違った環境を」
男「…………」
女「心だけで捉えるのには、重すぎるわ」
男「…………」
女「それに、決着にはふさわしい場所が必要だったから」
男「…………廃ホテル?」
女「そう」
男「…あの場所に、何があるんだ」
女「………知りたい?」
男「…………」
女「……教えない」
男「…………」
女「ねぇ、もう分かってるんでしょう?」
男「………何を」
女「……多少の失敗はあったけれども、結末は見えてるの。あの子は変革する。引き返せない」
男「…………」
女「言い知れない悲劇が彼女を襲う。壊れた時計の針は、動き出す。鐘は鳴らされる。本当の裁きはその後に訪れる」
男「…………」
女「全部正しかったのよ。結局。あながち期待外れでも無い………有り得ないミスや選ばれるはずの無い選択肢、その先ではちゃんと帳尻を合わせている」
男「…………」
女「アンタも一瞬、これが正しい結末だって、思わなかった?」
男「…………」
女「なるようになるわ。時が経てば全部許せる」

男「……俺は」
ヴァ「男!」
男「……!」
ヴァ「こいつに惑わされるな!こいつは自分の利害について、何一つ語っちゃいない!」
男「え……」
ヴァ「役割だとか後始末だとかほざいているが、こいつの利害は別にある!こいつに惑わされて、彼女を見捨てるな!」
女「…………」
男「…………」
ヴァ「助けに行け!早く!この女の事は忘れろ!」
男「…………」
ヴァ「聞こえないのか!?」
男「……ああ。……ありがとう」

ヴァ「…………」
女「……あーあ。もうちょっとだったのに」
ヴァ「貴様、八つ裂きにしてやる………!」
女「だから無理だっての、ババア。私、今フリーターなんだから。宙ぶらりんなんだから」
ヴァ「…………!?」
女「大体、私あの二人に嘘ついてないじゃない。色々言わなかったけど。すべて事実じゃない」
ヴァ「死ね!」

ガキンッ!!

ヴァ「なっ……!?」
女「だから無理って言ったじゃない」
ヴァ「くっ……」
女「それに、………………私も裁かれるかもしれないし」
ヴァ「何……?」
女「あの娘のためとは言え、七人も殺しちゃったからね。可能性だけ………別にいいんだけど、まだ、夢は捨ててない、って、いうかさ!」

ガッ!!

ヴァ「ぐっ………!!」
女「……本当に死なないのは、アンタじゃないの。アンタ神様なんだから」
ヴァ「……。ホテルには行かせない……」
女「……。止めるんなら、本気でやるけど。血圧上げんなよ

男「………なあ」
友「何だ、話しかけんな。運転の邪魔だ」
男「あの女の言ってたこと、事実なのか」
友「………忘れろ。ヴァルも言ってただろう。正直………俺たちの手の届く話じゃない」
男「……あの女」
友「…………」
男「『本当の裁きは、その後に訪れる』って言ってたな」
友「……言ってたかもな」
男「あれさ、これから、狂の身に何かが起きて、あいつが変わってしまった時」
友「…………」
男「本当の裁きが来るのか?」
友「……知らない」
男「……俺はさ、最初、あいつを助けようとしたんだ」
友「みんなそう思うよ。お前だけじゃない」
男「ただ、あいつがあいつで居続けること………その事は」
友「………」


男「………結局、許せなかった」


友「…………」
男「あの女は怖い。本当に怖い。俺が思ってた事、言えなかった事。全部見通してた」
友「…………」
男「正直に言うよ。俺、今でも迷ってる」
友「………なら、今すぐ降りろ、とか言うとでも思ったか」
男「お前は言わない。愚かだから」
友「…………で?」
男「…………『最後の裁き』って言うのは………、俺の事なんだよ」

俺「…………」
男「生きてるか?」
俺「…………生きてる………でも……朦朧とする意識が俺の中で、うねる」
男「そんだけ血流してりゃな」
俺「あ、あそこに親父とお袋が………」
友「二人とも生きてるだろが」
俺「………間違えた、姉貴だった……」
友「それも生きてる」
俺「………」
男「ま、あきらめろ」
俺「……勝手に走って行ってごめんなさい、だから助けてください」
男「軍ちゃん」
軍師「はい」
男「こいつを丁重に葬ってくれ」
軍師「はい」
俺「…………狂なら、上の階に逃げた。たぶん屋上……」
男「そうか」
俺「勘だけど」
男「やっぱ埋めで」
俺「……。女の勘…………」
男「よし」

軍師「この後はどうしましょうか」
友「俺たちは離脱する」
軍師「え?」
男「俺一人で行く。あいつを屋上まで追い込む。俺が合図を出したら、㍉子の麻酔銃を使って狂を捕獲・撤収、のフローで頼む」
軍師「一人で行くのは危険です」
男「そこは決定事項なんだ。悪い」
軍師「………わかりました。くれぐれもお気をつけて」
男「ああ」
俺「………気をつけろ」
男「分かってる」
俺「ナイフ、返しちゃったからな………くれぐれも、殺されないように」
男「………俺も、約束、破っちゃったからな」
友「何の?」
男「あいつを、駅まで迎えに行くって、約束」