|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

シリーズ「四季」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 荘厳さん
春の荘厳さんは、桜が咲き乱れて即花見宴会が発生する。
夏の荘厳さんは、ヒマワリが咲き乱れて背の低い人々が行方不明になる。
秋の荘厳さんは、コスモスが咲き乱れてやっぱり背の低い人々が行方不明になる。
冬の荘厳さんは、一面銀世界になって交通が止まる。
そしてまた春がくる。
そんな荘厳さん。

  • ウェックス
節分のウェックスは、大豆じゃなくて小豆を撒いて、
子供の日のウェックスは、柏餅じゃなくて大福を食べて、
真夏のウェックスは、素麺じゃなくてちゃんぽんを茹でて、
焼芋の時のウェックスは、薩摩芋じゃなくて山芋を焼いて、
クリスマスのウェックスは、キリストじゃなくてアッラーを崇める。
そしてまた節分がやってくる。
そんなウェックス。

  • 死体さん
春の死体さんは、真っ赤な桜の木の根っこ。
夏の死体さんは、海にプカリと浮いている。
秋の死体さんは、焼芋と一緒にバーニング。
冬の死体さんは、雪に埋もれて凍り付く。
そしてまた春がくる(解凍)。
そんな死体さん。

  • ダンボール
春のダンボールさんは、真新しい段ボールに身を包む。
梅雨のダンボールさんは、防水対策に腐心する。
夏のダンボールさんは、通風性を考えて無数の小さな穴を空ける。
秋のダンボールさんは、その上に月見団子を鎮座させて月見に耽る。
冬のダンボールさんは、防寒の為に段ボールを重ね着して巨大化する。
そして、また春がやってくる。
そんなダンボールさん。