|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

鍋戦争


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食欲の秋…食べ物が美味しい季節です。魚とか野菜とか果物とか新ジャンルとか…
ここ、新ジャンル学園、一室3年D組であるイベントが行われようとしていた…

男「おいーす、って何だこのダンボール箱の山は。機動兵器量産?」
友「それはない。あったら困る」
荘厳「あぁ、男様…実は父が『大漁だったからそっちに送る』との連絡で…
   鮭、鱧、鮪に鯨を送ってきたのです…」
ツン「鯨って…捕って来ていいの?」
ダンボールの山の中から超現実少女が口を開いた
シュー「実は私も実家から米と野菜が来ている。米は足りてるし野菜は要らないというのに」
俺「シュー氏、野菜嫌い発言?野菜食わないtはぐあっ!?」
米粒が額に命中、メキメキと嫌な音がした
男「さてどうしたものか…」
クー「鍋にしよう。季節は秋だ」
ヒー「賛成だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!よしっ、私は鍋をもってくるぞぉぉぉぉぉぉ!!!」
㍉子「寄せ鍋か…私はそこらの鳩で鶏肉を調達してくる」
男「危険発言すな。つか豚肉が欲しいな」
ブーブー グサッ
友「なぁ、ちょうど豚が狂うの傍らにいるんだぜ?…あぁ殺った」
狂「豚の調達か・ん・りょ・う♪適当に切り刻んどくわぁ…」
男「哀れ豚。つか誰のだったんだ…」

こうして鍋戦争が始まるのだった…ところで豚は誰のだったんでしょう?
美容師「やばいっスよwwwwwww理事長の飼ってたPちゃんが行方不明wwwwwwwwどこいったんスかwwwwwwww
    サーセンだけじゃあの方許してくれねぇっスよwwwwwwwwwww」
…理事長のでした…美容師の命尽きたり

グツグツと煮えたぎる鍋…それを囲むは、男子8人・女子24人
明らかに女子多すぎです。男性キャラ増やそうぜ。
一同「……………………………」
鍋の中には鮭、鱧、ほうれん草、キャベツ、人参、白菜、大根、鮪、鳩、鯨、Pちゃん(お頭付)。
しゃくしゃくと野菜を噛む音が部屋内で繰り返される…
睨み合いが続く中、鍋奉行の男が
男「…そろそろか。鳥と鯨以外はOKだ。野菜食えよ」
ヒー「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!肉貰ったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
クー「遅い」ヒョイ
ヒー「あぁ!!!!一番デカイのが!!!!!おのれクー!!!」
㍉子「野営ではよくやったな……豚肉貰ったぁ!」
友「物凄い勢いで肉が減ってくんですけど。でもお頭には誰も手をつけてないな」
俺「くそっ、こうなったら魚類食うぞ!肉は少しでもいい!お頭は何か怖い!」
狂「(私が解体したのに…まぁいいわ、バラしただけで充分だし)食べないと今夜も殺れないわねぇ…」
さつき「狂ちゃん、バラす時は私も呼んでよ」
ツン「ぁー…また取れなかった…べ、べつに食べたいわけじゃないんだかr、あぁ、また…」
男「言ってる合い間に取られるぞ。かく言う俺も言ってる場合じゃねぇ…おい、全員野菜食えよ」
争奪戦は続く…………一方
日和「ゆうやー、あれー」
ゆうや「はいはい、シャケな。野菜も食おうな?」
日和「うまー♪」(しゃくしゃく)
渡辺さん「お頭もらったぁー。えへへー」
佐藤さん「ニコリ(あぁ、可愛い…///////)」
優「皆ー、豚肉あげるよー」
和みもある。これぞ秋の醍醐味

さっきまでの速すぎる箸さばきは今はない。それには原因がある
  • 誤殺が、ヒー、クー、㍉を、羨ましそうに見ている
誤殺「……………(いいなぁ、私もお肉欲しいなぁ…あれ?皆お箸が止まってる…えーい貰っちゃえ!)」ぱくぱく
ヒー「ぐぅ…………(怖いぞぉぉぉ!誤殺ちゃぁぁぁぁん!!!)」
クー「………………(あぁ、この子は肉が食べたかったんだな…)」
㍉子「ちぃ…………(戦場でもこんなプレッシャーは……動け!動け箸!何故動かん!)」
  • 人外ズが陽炎出してる
ヴァル「私たちにも」
魔幼「食わせるれす」
魔少「食べさせないと、ペレーヌム様呼んじゃうぞ★」
友「(手が出せねぇ…)野菜食うか…」
俺「同意(お頭取るべきだった…)」
鍋をすると卓上は戦場と化す。今は冷戦状態。……………一方

くねくね

くね子「あうー食べれんー!」
シオン「海老!海老はどうしたぁぁぁぁぁ!!!荘厳とやら、父方から海老は送られてないのか!?」
荘厳「すみませんシオン様…海老が捕れる場所に父は今居ないので…」BGM・悲しみの音楽
シオン「いや、なんだ、その、、、あ、謝んなくてもいいぞ?」
ア「肉とーれた」
相棒「それ豚の骨」
食えなかった、もとい食わなかったやつもいる

鍋の中の具材が全て無くなる。残りは汁だけ。
選択肢は二つ、うどんか雑炊か、だ。
男「シューの米があるから雑炊に決定」
~雑炊の作り方~
1、ご飯を入れる 2、卵を2つ、塩と醤油少々 3、混ぜる 4、好みで葱、海苔を入れる →完成
できる間、
プロ「肉12g、ほうれん草14g…」 カロリー計算する者
軍師「肉を取るための私の策略が…何故!」 悔しがる者
学「こんどは男を真似て鍋奉行なろうっと」 学ぶ者
がいた

で、雑炊ができるころ。
男「美味いなこの米」
荒鷹「おいしーい」バッ
友「最後のほうになってやっと出てきたな荒鷹さん」
書き忘れてたんです。許して
先ほどの戦争とは180度違って和やかな雰囲気が続くのだった…

理事長「Pちゃーん何処行ったのー?」
緊張感の無い声が廊下に響く。最強の女理事長の左手には引きずられる美容師。
美容師「ちょっwwwwwww離してくださいよwwwwwwwwww」
理事長「おだまり、元はと言えばあなたが悪いのよ」
D組のドアを開ける理事長。見えたのは、豚の頭骨。
理事長「美容師さん?ちょっと来てくださいな…」
美容師「ちょっwwwwwwww理事長wwwwwwサーセンwwwwwwww」
理事長「覚悟はできてるわね…?」にこにこ
その日の夕方…とある学校から全宇宙に聞こえる悲鳴が聞こえたそうな

              fin