|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新ジャンル「てけてけ」3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:04:57.45 ID:gAqRYD/00
俺は、いつもの道を歩いてく。
帰っても誰もいないであろう家に。

もはや「おかえり」という言葉すらかけてもらえないことを感じながら。

俺は帰宅しても、そのドアを開くことをためらった。
そこに誰もいないということを、受け止めなければならなかったから。

俺は彼女の部屋、もはや無人の部屋のドアを開かずに、自分の部屋へと戻ろうとした。



        そんな俺の手を、だれかが掴んだ


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:05:36.20 ID:1kn83Ge1O
ちょっとまて・・・これはまさか・・・・・wktk


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:05:51.39 ID:j2+fU4Rx0
101
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:07:03.26 ID:gAqRYD/00
それは冷たく冷え切った手じゃなかった。

確実な温もり。

人の肌。

俺は振り向いた。

そこにいたのは、自分の足で立っていた、彼女だった。

               「おかえり」





         ただ……いま



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:08:40.69 ID:GmLk2hc+O
ハッピーエンドktkr!!!!!!!!!!


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:08:58.35 ID:SmXDoJAIO
   微   妙


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:09:01.80 ID:1kn83Ge1O
。*゚・(ノД`)・゚*。


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:09:17.70 ID:gAqRYD/00
俺は言葉を発すると同時に彼女を抱きしめていた。

強く、力の限り、まるで壊れてしまいそうなほど。

泣いた。

ただ、泣きじゃくった。

まるで子供がだだをこねるように。

そんな俺の頭を、撫でてくれた少女。

俺は、一度も言えなかった言葉を、彼女に伝えることにする。


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:10:39.51 ID:gAqRYD/00
ただ一言








愛してる
もう、離しはしない
          と
                   -完-




119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:11:22.53 ID:DnIPdxJaO
ちょwwwwwwさすがに強引だよそれはwwww


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:11:56.04 ID:gAqRYD/00
と、まぁ、こういう話でした。

ここまでこの愚話につきあっていただき、ありがとうございました。


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:13:06.63 ID:gAqRYD/00
何も考えずにその場で即興で考えましたから(´・ω・`)


それともBADのほうがよかったでしょうか?


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:17:27.88 ID:uUUvptZt0
ていうか即興であれだけ書けたら十分凄ぇよアンタ。


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:22:55.15 ID:DnIPdxJaO
十分楽しめた。
個人的にはラスがちと強引だったかな。
また書いてくれると嬉しい。

1乙!


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:31:36.22 ID:gAqRYD/00
んじゃ、このスレも終わりかな?

では、皆さん、また後日m(_ _)m


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:34:02.18 ID:DnIPdxJaO
144
乙!
また頼むね。


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:34:39.30 ID:d8bF2L/S0
144
乙ー
また楽しみにしてる


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:42:39.48 ID:wJzL5zU60
144
今追いついた
「ひよこすとぉかぁ」の作者だったのか!乙


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 11:57:47.44 ID:GbL2g50O0
流れ的にはアレだよ

南君の恋人
(深田恭子じゃないやつ)
の可変版

アレって実は彼女は死んでたってオチだったじゃん?

でもみどりの日々の方が似てる?


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 12:00:33.74 ID:JLIsfCXO0
153
おまえ、創作者の気持ち考えたときある?
似ているということばが一番いたいのだよ。
少年。

いまさらながら1GJ
ひよこのひとだったとは思いもしなかったよ。
ひよこ復活して。


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 12:03:15.82 ID:gAqRYD/00
ヒヨコ復活とか無理

(´・ω・`)もう、燃え尽きたよ………


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 12:04:38.58 ID:JLIsfCXO0
最後までみてないのに!!!
ま、いいや。
このスレ開いた瞬間、「新ジャンル幽霊」を思い出した。


157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 12:06:18.88 ID:gAqRYD/00
最後はただのエロスだよ……

(´-ω-`)車に撥ねられたときがほんとのエンディングだよ


159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/07/18(火) 12:07:37.32 ID:JLIsfCXO0
そうか・・・。
もしかしてこのスレもう終わり?
てけてけ話するだけのば!?