|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

鬱デレ短編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どうしてだろう
とてもつらい

なんでだろう
すごく寂しい

私は、何が嫌なんだろう
私は、どうして泣いているんだろう

私は、一人だ

ずっと、一人だ

永遠に、一人、なんだ

思わず、ため息をついてしまう
一人でボーッと窓の外を眺める

何もない日常
男君や、その周りの皆を眺める

退屈でつらい日常
私を蝕む鎖

刻、一刻と私を、傷つけていく荊の時計

なんで、私は生きているんだろう
なんで、私はここにいるんだろう

もはや何がつらいのか
何が苦しいのか
それすらも忘れてしまった

きっと、生きている意味なんて、ないのだろう

だけど、死ぬこともできない
もう、何もかもいやだ

寂しい
  苦しい
   つらい
    悲しい

形容しがたい、負の感情が私を取り込んでいく
もがいても、もがいても、逃げることなんてできない

ずっと同じことの繰り返し
いっそのこと、この感情に身を任せてしまおうか
そう思ったこともある

だけど、怖くなって、できない
どうして、私はこんな中途半端な人間なの?

生きている意味なんてない
だけど死ぬこともできない

まるで心が石になってしまったかのように、私の中に落ち込む

「………どうしたの?」

突然、あまりにも突然、私に声がかかる
「なんでも、ないよ」
「………うそ」
「え?」
「……今にも泣き出しそうな顔してる」

私は、いつもこんな顔だよ
なんて、言えるはずもなくて

「私、あなたが笑ったところ、見たことない」
笑えるはずなんて、ないよ
だって、こんなにつらいんだもん
生きているのが、苦痛なんだもん

「誤殺さんは、強いね」
思わず、私の口から言葉が出る
どうしてこんなこと言ったのだろう

「強くなんかない」
「強いよ」
「……私なんかより、ずっと」
「やめてよ」

「やめて!」
思わず手を払いのける

「あ……」
誤殺さんは、少し悲しそうな顔をする
いつもは怖い顔なのに、こんな時に見せる弱い顔
反則だよ

「同情なんて、しないでよ」
「え?」
「つらくなる、だけだから」
私はまくしたてる
いつもなら怖くて怖くて言えない言葉
本心ではない言葉

でも、心のどこかでずっと思っていた言葉

「私なんかに構わないでよ!」
「鬱さん……」
「やめて!どっか行って!」
「……」

「私が消えれば、構わないでくれるかな!?」

───パァン
乾いた音が、教室に鳴り響く

頬に感じる痛み
はたかれたと気づくまでに、少しかかった

思わず私は言葉を無くす

───嫌われてしまった?

心が落ち込む
私は、ばかだ、ばかで、また一人だ
ヤダヤダヤダヤダヤダヤダ

もう、何もかもいやだ!



誤殺さんが近づいてくる
私は思わず身をこわばらせる

───コツン

私の額に、彼女の額が重ねられた

「やめてよ」
目の前にある誤殺さんの顔

その顔は、とてもまっすぐ私を見ていて

    そして涙を流していた

「っ、誤殺さん」
「やめて、やめてよ、放っておけるはずないでしょ」
次から次へとあふれる涙
こんな誤殺さん、はじめて、見た

「私たち、友達だよね!?」

そして誤殺さんが、私を抱きしめる
「ぁ」

「鬱さん、つらいかもしれないけど、苦しいかもしれないけど」
普段無口な誤殺さんの口からあふれる言葉
「お願いだから、私も、一緒にいさせて」
まるでダムが決壊したかのようにあふれ出る言葉
「私なんか、何もできないかもしれないけど」

「でも」

「友達で、いさせて?」

いいの?

私でも
私みたいな生きていても意味のない人間でも

そばに、いてくれるの?

頬に冷たさを感じる
いつの間にか私も涙を流していた

「ごめんなさい」
私の口から言葉が漏れる
「ごめんなさい、ごめんなさい」
「鬱さん?」

「ありがとう」
「……」
「ありがとう、ありがとう」

私は泣いた
泣いて言葉を吐き出した

誤殺さんの身体のぬくもりが、温かかった
優しかった

「友達で、いてくれて、ありがとう」

きっと、私は暗いところばかり見ていたのだろう

きっと、幸せのかけらなんてどこにでもあったのだろう

きっと、私が見落としていただけなのだろう

そう、どこにだってあるんだ





     ───ほら、今も、私の目の前に





 -start of her history-