|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

plus 俺(運動会)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少女は屋上で寝転がっていた。
そろそろ開会式が始まるが、そんなことお構いなしに屋上で寝転がっていた。
俺「お、いたいた」
殺「……」
先日と同じ調子で少年がやってきた。
殺「怪我…治ったのね」
俺「ん?あぁ、大体ね」
殺「あなたもサボり?」
俺「違う違う。さつきちゃんを迎えに来たんだよ」
殺「その呼び方はやめて」
俺「やーだ」
女みたいな少年は、意地悪っぽく目を細めて笑った。
俺「運動会出ようぜ」
殺「面倒だから、パス」
俺「そんなことないって。きっと楽しいぜ?」
殺「人を殺すこと以外に興味はないの。諦めて」
俺「やーだ」

少女は寝る体勢を少し変えて、少年に背を向ける。
殺「さっさと消えて。私なんかに構っててもいいことないよ」
俺「んなことねぇーって」

ガシッ

殺「え、あ、ちょっと!?お、下ろしてよ!!」
俺「違法駐車につき、レッカー移動でーす」
横になっていた彼女をそのまま持ち上げ、いわゆるお姫さま抱っこのまま少年が歩きだす。
殺「や、やめないと、あなたを殺すわよ!?」
俺「ほーう。こんな情けない姿の人に言われても、全然怖くありませんなぁ」
殺「く、この……////」
顔を赤らめながらも、精一杯抜け出そうとする少女。
だが、肩をしっかりと掴まれているため、思ったように動くことができない。
殺「はーなーせーっ!!」
俺「やーだ」
可愛らしい少年は、満面の笑みでそう答えた。

開会式

狂「さつきちゃんは参加しないと思ってた~♪」
殺「……私も思ってた」
アイツ、後で絶対殺す。
狂「でも、さつきちゃんがいた方が私は嬉しいな」
殺「え?」
狂「さぁ、今日は張り切っちゃうよ~♪」
私がいて嬉しい?なんで?
狂うは、その答えを出さずに一人でテンションを上げていた。
殺「狂う。私って、何に出たらいいの?」
狂「え~と、リレーと綱引きと騎馬戦とフォークダンス?」
殺「……結構多いな」
狂「だね~♪」
狂うは、まるで他人事のように相槌を打つ。
狂「あ、開会式終わったよ。移動しよ~♪」
殺「あぁ……」

今日は大変になりそうだ。

運動会本番
少女のクラスが属している赤組の勢いは凄まじかった。
徒競走では、クー・ヒートらの爆走。
障害物競走では、荘厳さんの通った道に新たな障害物が出現。
長距離走では、シューが米を食い続けながら最後まで全力疾走。
借り物競走では、ツンドロの鮮やかな手並みが炸裂(当然借りてない)。
そして、殺人鬼・狂う・誤解殺気・㍉子の騎馬による騎馬戦単独勝利(狂うが上であったため敵味方まとめて壊滅状態。誤殺の迫力に負けて崩れた騎馬も多数)。
明らかな実力差を見せつけていた。
実力的に渡り合えるハズの人外クラスは、同じ赤組だったため、もはや白組は諦め状態だった。

殺「私が参加する必要はなかったんじゃないか?」
狂「だね~。楽勝過ぎて、なんかつまんな~い」
クー「何言ってるんだ?クラス対抗リレーがある限り、勝負はわからないぞ?」
狂「なんで?もうかなりの点差だよ?」
殺「1630対750だから、赤の勝ちは決定的に思えるけど………」
クー「リレーの点数は1位が10000点だ」
殺&狂「(゚д゚)」
クー「こ、こっちを見ないでくれ」
狂「でも、燃えてきた~♪」
ヒート「燃えてきたぁぁぁあ!!!!」
鮫「うるさい………」


殺「10000……」
俺「それなんて定番?」
殺「失せろ」
俺「(;д;)」
殺「泣くな」

クラス対抗リレー(男女混合・人数は14人)
第一走者・クー
予想どおりの独走で現在一位
第二走者・男
二位に追い付かれつつも現在一位
第三走者・鮫子
陸ではあまり早くないので現在二位
第四走者・バカ
バトンを放り投げて現在四位
第五走者・シュー
いつのまにか現在一位
第六走者・内藤
こけて、踏まれて、蹴られて、殴られて、刺されて、埋められて現在四位
第七走者・狂う
前のランナーが必死に逃げたため差が縮まらず現在四位
第八走者・誤解殺気
上記と同じで現在四位
第九走者・㍉子
高速ほふく前進により現在三位
第十走者・友
現在三位
第十一走者・俺
わりと速く現在二位

第十二走者・ツンにバトンが渡り、一気に一位との差が縮まっていく。
私まで残り十メートル。
ツン「えっ―――きゃあっ――!?」
彼女が私の目の前で転倒する。
ツン「ご、ごめん……」
申し訳なさそうに呟きながら、ヨロヨロと立ち上がり、私へとバトンを渡してくる。
彼女の膝からは、赤い血が流れている。
殺「……大丈夫。後は任せて」
バトンを受け取ると、彼女に聞こえないように呟き、私は走り始めた。

前を走るのは、ランダエタ。
曲がりなりにもスポーツ選手なため、そこそこ速い。
殺「…………」
私は、ランダエタに狙いを絞り、獲物を追い掛ける時の体勢を作った。
スピードは筋力ではなく、美しいフォームから生まれる。
獲物との距離は徐々に狭まっていく。
そして、ギリギリのところで私の狙いは最終走者へと替わり、バトンをしっかりと渡した。
ヒート「うぉぉぉぉおお!!!!」
変ヒート「負けるかぁぁぁぁああ!!!!」

全員(うるさいっ!!)

ヒート・赤組勝利

全員(速っ!!)

残るはフォークダンスのみ……

殺「……(サボろう)」
さすがに、これだけは参加したくなかった。
私は、皆にバレないようにその場を離れ、学校の屋上へと行った。
殺&俺「「あ」」
意外な奴と遭遇してしまった。
殺「サボり……」
俺「オマエモナー」
朝と言ってることが違うぞ美少女。
殺「……フォークダンスとか苦手なのよ」
俺「禿同」
変な所で意見が合う。
俺「でもさぁ……」
殺「何?」
俺「……」
グラウンドの生徒達を見つめながら、美少女が黙り込む。
殺「……?」
ゆっくりと美少女が私の方を向き、右手を差し出した。




俺「踊るのは嫌いじゃないんだよね」
曲が流れ出したのが聞こえた。

それはフォークダンスではなかった。
しかし、その流れるような動きと曲は、絶妙なまでに噛み合っていた。
私は、彼に手を引かれているだけだったにも関わらず、自然と彼の踊りに添うような動きをしているようだった。
それほどまでに、彼のリードは巧かった。
他人に自分の体を預けているという感覚が、私の中の自尊心を刺激した。

暗い声が聞こえた。

【今スグソイツヲ殺セ】
(黙れ)
【内臓ヲ引キ出セ】
(黙れ)
【眼球ヲ抉レ】
(黙れ)


【ソレナラオ前ガ死ネ】




殺「ああ、あああああ、ああああああ、あああ、あああああ、ああああ、ああああ!!!!」
俺「――!!」
殺「あああぁぁ…ぁ……ぁ…」
俺「さつき……ちゃん?」
殺「……はぁ…はぁ………はぁ……」
俺「大丈夫……?」
殺「……うるさい」
俺「え………」
殺「今後一切、私に話し掛けないで」
俺「どうし 殺「話し掛けるなぁっ!!」
俺「……」
殺「お願いだから……」


私はその場から立ち去った。
彼を殺さないために立ち去った。
私には普通の生き方はできないんだ。



私の目に、失ったはずの涙が溢れた。