|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ハバネロ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ


物語

俺「うわーハバネロだよハバネロ。すげえ辛いんだろ?」
▼「当の然!辛さこそが俺様の俺様たる所以!心して食うがよい!」
俺「どう食うのが一番うまいの?」
▼「ふはは!如何に加工しても俺様は辛さも旨さもハイエンド!」
▼「だが、まずは生のままの俺様をかじりその鮮烈な辛さに涙するがよい!」
俺「つーか俺、辛いの苦手だからいいや」
▼「!!!!??」
俺「そーいう訳だから、取りあえずお前は俺の鞄のマスコットな」
▼「ほほう。キングオブピリピリの俺様をマスコット呼ばわり」
俺「だってさ、きれいな色だしいーじゃんいーじゃん」
▼「ま、よかろう。王者は時に寛容だ。食いたくなったらいつでも食」
俺「あーそれは一生ないから」
▼「…………一生ないとか言うな…」

備考

文字通りハバネロの実。
おのれの辛さに絶対の自信を持ち、食え食えと迫るがにその気はなし。
性格も辛口で高慢。
ふだんは男の鞄にぶら下がるマスコットになっている。
生命力もまた並ではない。

暴君の間