|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

クラス全員で遊園地に来た


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀「……」
俺「どうした銀の字」
銀「皆子供みたいにはしゃいじゃって、て思ってる」
俺「そうか」
銀「うん」
俺「両手にソフトクリームを持ってる奴の台詞じゃないな」
銀「両方私が食べるわけないじゃない」
俺「んじゃなんで?」
銀「ハイ」
俺「お、サンキュ」
銀「ただの気まぐれよ」
俺「ん、だけど美味いな」
銀「そう」
俺「あ、銀の字」
銀「へ?」
ペロッ
銀「!?!?」
俺「ほっぺにクリームついてるぞ」
銀「な、舐めてから言うな!」


一般人A「ぎゃあああああ!!!」
一般人B「いやぁあぁああぁぁあああ!!!」
一般人C「おたすけええええ!!!」
男「なんなんだ?このパニックは」
友「なんでもお化け屋敷に本物が出たんだとさ」
魔幼「えー、さっきいったけどなにもいなかったですよ?」
幽霊「ねー」


優「みんな、アイス買ってきたよー」
全員「おー」
ぬ~べ~「でもお金はどうしたんだ?」
優「ツンドロさんが払ってくれたよー。ツンドロさんありがとー」
ツンドロ「いいわよ、もともと私のお金じゃないし」
ぬ~べ~「俺のサイフーッ!」


ダン「・・・」
優「だ、大丈夫なんだよー・・・必ずダンちゃんも楽しめるところがあるはずなんだよー・・・・・・」
ダン「・・・・・・・・・うぅっ」
そびえ立つのは身長制限の看板


がしっ子「次はアレさ!」
がしっ子「今度あっち行こっ!」
がしっ子「あれも面白そうだっ!」
がしっ子「ぁあ!あれも乗らなきゃ!」
男「大丈夫か?タケル」
タケル「大丈夫に、見えるか?」


ヒート「男!コーヒーカップに乗るぞっ!!」
男「嫌な予感」
ヒート「…うえー……」
男「…やっぱり……」


ゆうや「日和次はどれ乗る?」
日和「あれ」
ゆうや「コーヒーカップか」
日和「こぉひぃかっぷ」
ゆうや「よし、行くか」
日和「……」コクッ
友「普通過ぎてつまらんな」


不幸「あれ? もしかして集合場所間違えた…?」


ピンポンパンポーン

「迷子のお知らせです。○○からお越しの日和さん、渡辺さん、アホの子クールさんをこちらで預かっております
 お連れ様は迷子センターまでお越しください」
日「ゆぅやぁぁぁ・・・」
渡「ふぇぇ、佐藤さんがいないよぉぉぉ・・・」
アホ「む、相棒がいないぞ?まさか私を捨てたのか?・・・グスッ」

ゆ「・・・あ、どうも」
佐「・・・」
相「・・・まぁお互い大変ですなぁ」


男 「ツン子、お化け屋敷に行かな」
ツン「お、男っ!あ、アイス食べない!?」
男 「いや、あのだからお化け屋敷」
ツン「きょ!今日だけだからね!!『あーん』してあげるわっ!!」
男 「それは後でいいから、お化」
ツン「ここまで譲ってあげたのよ!!察しなさい!!」
男 「はいはい、でだな、ここのお化け屋敷が有名で」
ツン「す、好きなの!!」
男 「お化けが?」
ツン「男がっ!!・・・その、愛してるのよ!!」
男 「お化けを?」
ツン「男がっっっっ!!・・・///・・・って何言わせるのよ!!」
男 「とりあえず、お化け屋敷の中で続きを・・・あ、怖いんなら怖いと言ってくれれb」
ツン「こ、怖いなんて!!ばばばばばバカじゃないの!?こっ子供じゃあるまいし!」
男 「よし、じゃあ行くか」
ツン「ちょ!だから、察しなさいよぉぉぉぉ!!!嫌ぁぁぁぁ!!」


あの地面から紐でびよーんってする奴

脇谷 「こ、この待ってる時間も怖いよね・・・」
軍師 「結構人気なのでしょうか・・・結構ひとだかりですね・・・」
上田 「うう・・・上田っち怖いよぉ・・・こういうの苦手だよぅ・・・めそめそ」
軍師 「・・・何演技してやがりますか、この邪悪メガネ・・・」
脇谷 「た、多分ギャラリー多いから・・・あはは」

がこん!びよーーーーーーん!!!上空にて

脇谷 「きゃあああああああ!!!」
軍師 「ふやあああああああ!!!」
上田 「ふははははは!!まるで人がゴミのようね!」

びよんびよんびよん-----ぶしゅううう-------着地

脇谷 「・・・」
軍師 「・・・」
上田 「うええぇぇ・・・怖かったよぅ・・・怖かったよぅ・・・」
脇谷 「#」
軍師 「こ、コンニャロゥ・・・」


ミラーウォール

男 「クー!?どこだー!?」
クー「私はここだが?」
男 「ミラーハウスの中は凄いな・・・クーだらけだ・・・って痛っ!!」
クー「大丈夫か?」
男 「くぅぅ・・・これも偽物・・・」
クー「しょうがないな、こんな子供だましに引っかかるなんて愛が足りないな・・・愛が・・・」
男 「んお?クーは直ぐ判るのか・・・?」
クー「判るさ、君の事だもの・・・いいからおでっ・・・くぅ・・・」
男 「・・・ぶつけたんだ・・・」
クー「ぶつけてなどいない、ぶつけてなどいないぞ!!この私が男を見間違えるものか!」
男 「ひいっ!!な、なんか必死なクーに囲まれるのは少し怖いぞ・・・」


男 「ヒート・・・?どこだぁ?」
ヒー「うおおおおおっ!!男ぉぉぉ!!!これかぁぁぁ!!!」
ばりーん
ヒー「ぬ!!これも偽物か!!!男ぉぉぉぉ!!!いたら返事しろぉぉぉ!!」
ばりーん
男 「な、何をしているんだぁぁぁぁ!!?」
ヒー「男かっ!!こう手当たり次第の男にキスすれば・・・何時かは男に会え」
男 「ガラス破壊するキスって・・・おっかねぇなぁ・・・」
ヒー「とりゃぁぁぁぁ!!」
ばりーん


男 「何回ここに来れば・・・」
誤殺「あ、男君・・・」
男 「ひいっ!!こっ小銭しか持って無いッス!!小銭!!!ああ!!あっちにも誤殺さん!!」
誤殺「うぇぇ・・・その、おちおおおお落ち着いて・・・」
男 「ひゃあ!!し、四方を囲まれ・・・・」
誤殺「だっ・・・だからその・・・あぅ!・・・・鼻痛いぃぃ・・・うぇぇ・・・」
男 「ひいっ!!はははははっはは八人に囲まれ・・・に、二万円が八分割でひいっ!!」


男 「ま・・・また来てしまった・・・」

ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」
ミルナ「(゚д゚)」

男 「こ・・・こえぇ・・・」


友 「おーい!俺ー!!どこだー!近いのかー?」
俺 「んお?ここだって!ってどこから声が聞こえるのかもさっぱりわかんねえなぁ・・・」
友 「距離感もつかめねぇし・・・」
俺 「だな、早いトコ出ようZ」

チュ

友 「!!!」
俺 「!!!」
友 「・・・」
俺 「・・・」
優 「ん?どうしたんだよー?何か顔が真っ赤なのか真っ青なのかわかんないんだよー?」


メリーゴーランド

荘「うふふふ、楽しい~♪男様、一緒に乗りましょう~」
スタッフ「うわあああぁぁぁぁぁメリーゴーランドがぁぁぁぁぁ!!!!!」
友「メリーゴーランドが荘厳さんのオーラに取り込まれていく!」
男「荘厳さん!!!」


ゆうや「まさかこの年でこんなものに乗る羽目になるとは・・・」
タケル「まあ、ぶつくさすんな、童心に帰ったと思えb」
大門 「ゆうやどん・・・あの・・・メリーゴーランドの廻りをくるくる・・・」
ゆうや「日和・・・?」
たったったった
日和 「ゆうやぁ・・・ゆうやぁ・・・」
タケル「・・・」
大門 「・・・」
ゆうや「日和!!そのベンチで待ってろって!!」
日和 「ゆうやー!!ゆうやー!!」 たったったったった
タケル「・・・こりゃ切ない・・・」
大門 「童心どころか・・・親心みたいなのが沸いてくっとですたい・・・」
ゆうや「日和ーーーー!!!」
日和 「ゆうやぁぁぁぁ!!!!」
くるくるくるくるくる


看守 「・・・」
囚人 「アッー!」

くるくるくるくるくる

看守 「・・・」
囚人 「アッー!」

くるくるくるくるくる

看守 「・・・」
囚人 「アッー!」
 ・
 ・
 ・
友 「回る電気イスって怖いなぁ・・・」


観覧車

ヒート「男ぉお!観覧車に乗るぞぉお!」
男「騒がないならな」
クー「私も一緒に」
ツン「そ、それなら私も一緒に乗るわ、
   別にあんたがいるから乗るってわけじゃないんだからね!」
男「そうか」
F『えー、こちらの観覧車は一人乗りとなっております』
男「ソロ!?


渡辺 「佐藤さ~ん!早く乗ろうよ~!!」
佐藤 「ええ、もうすぐ私たちの番よ・・・」

がこん 

渡辺 「あれれ~?四人乗りだよ~?あ!男くーん!!一緒に乗ろうよ~」
佐藤 「・・・」
男  「お?いいのか?悪いな・・・結構高いんだな・・・」
佐藤 「男君・・・ちょっといいかしら・・・」
男  「ん?どうした佐藤さん・・・?」
佐藤 「あの窓・・・見て」
男  「・・・ん?窓だな・・・普通の・・・」
佐藤 「男君の体」
男  「んお?」
佐藤 「・・・窓から通り抜け出来そうね・・・」
 ・
 ・
 ・
男  「アーワタナベサン、ボクハアトカラ ヒトリデ ノルヨー」
渡辺 「え~残念・・・お喋りしたかったなぁ」
佐藤 「渡辺さん・・・あまり男君を・・・困らせちゃ駄目よ・・・タカイトコロニガテみたいだから」


ガコンガコン

相棒「何を地図とにらめっこしてるんだ・・・?」
アホ「ぬ、相棒おかしいのだ・・・この地図・・・この方向にお化け屋敷があるはずなのだが・・・」
相棒「・・・ああ」
アホ「北方向は・・・こっちのはずなのだが・・・地図が間違ってるのか?」

ガコンガコン

アホ「このさらに上空なのか?」
相棒「北ってのは上の事じゃ無いからな・・・」


ジェットコースター

内藤 「おっおっおっ・・・」

がこん----がこん----がこん

ツンドロ「ふ、ふん!!今更怖いなんて言っても遅いんだからね!!」
内藤 「ツ、ツンドロは平気なのかお?」
ツンドロ「わ、私はこんなものにびびびびっびビビったりしないもの!!」
内藤 「ブーンは苦手だお・・・た、高いおーー!!!」
ツンドロ「こ、怖くなんてないんだからね!!」
内藤 「おおおお・・・ん?ツンドロの持ってるのはなんだお?」
ツンドロ「え?あ、何時の間に・・・内藤の安全ベルトが手に・・・」
ガコン

内藤 「何盗ってるおおおおおおおお!!!!!!」