|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

クリスマス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンデレ

男 「さて・・・最初の部屋は・・・ツン子だなっと・・・」

ツン「すー・・・すー・・・」

男 「さて、ツンの欲しいモノはっと・・・」

ツン
お願い事は
とくに無いわよっ!
こ、子供じゃ無いんだからねっ

男 「・・・な、生意気な・・・ん?縦読みか・・・おと・・・こぉ!?」

ツン「むー・・・うにゃうにゃ・・・」

男 「ちきしょう・・・可愛いじゃねえか・・・じゃあ俺の靴下をそっと枕元に」

ツン「こ、この匂いは!!男!!ってアンタ何してんのよ!!!」

男 「なんで俺の匂いだって判るんだよ!!」

ツン「よ・・・夜這いだなんて・・・その・・・心の準備とか・・・えっと・・・下着だって・・・」

男 「いや、あのそれ勘違いだから」

ツン「///べ、別にドキドキしてないわよっ!!!」

素直クール

男 「さて・・・サンタのバイトも楽じゃないな・・・次はクーだな」

クー「zzz」

男 「さて・・・欲しいモノは・・・ん?・・・俺の写真・・・?」

クー「zzz」

男 「そっか・・・クー・・・ふふ」

クー「zzz」

男 「俺の写真が欲しかったんだな・・・ようし、今ここで撮ってやるかr」

クー「君はかなり鈍感だな」

男 「・・・起きてるし」

クー「この聖夜に君と二人きり」

男 「今の俺はサンタだぞ」

クー「しかもサンタルックと来たもんだ」

男 「いや、あのだから」

クー「それではメリークリスマス」

男 「ちょ!ま!アッー!」

素直ヒート

男 「え・・・エライ目にあった・・・さて、次は・・・ヒートか」

ヒー「んがぁぁぁ・・・おとこぉぉぉ・・・・ふぎゅる」

男 「・・・女の子だろうに・・・なんて寝相だ、ったく」

ヒー「わたしはぁ・・・しあわせだぞぉ・・・おとこぉぉ・・・ふみゅー」

男 「はいはい、さて・・・欲しいモノはっと・・・うおっ!!」

ヒート

『男ッッッッッッッッ!!!!と男の子供ッッッ!!!はちまんにん!!」

男 「は、八万人ってなんだよ・・・おっかねぇなあ・・・」

ヒー「おとこぉぉぉ・・・ぐぅぅ・・・ついにななまんにんめだぁぁぁ・・・ぐぅ・・・」

男 「虫かお前は」 がすっ

ヒー「ふぎゅうっ!!」

無駄に荘厳

男 「あれで起きないのも不思議なんだが・・・次は・・・荘厳さんか」

荘厳「すー・・・・すー・・・・」

男 「うおっ!!な・・・なんて神々しい寝顔!その周辺を光に包まれながら天使が!!」

荘厳「すー・・・うにゃ」

男 「何ぃ!!しかも!!その寝顔を優しく見つめるあれは・・・!!」

サンタ「ハァァイ・・・良い子にはプレゼントだよ・・・」

男 「リアルサンタ!!!荘厳さん!!!」

荘厳「すー・・・いかめしぃ・・・くふふ・・・」

軍事マニア

男 「さ、サイン貰っちゃった・・・サンタさんに・・・次はミリ子か・・・」

男 ひょいっ

ちゅどーーーーん!!!!バルバルバル!!!ビリビリビリ!!!

男 「な、何て部屋だ・・・ったく・・・って!!!アレはリアルサンタさん!!!」

サンタ「ボ・・・ボーイ・・・私はもう駄目デス・・・こ、このプレゼントを・・・オネガイ・・・シ」

男 「サンタさーーーーーん!!!!」

ミリ 「うるしゃいぞ・・・うにゃうにゃ・・・なんだおとこか・・・」

男 「こ、このサンタ殺し!!!」

ミリ 「お前は一体何を言っているのだ・・・」

渡辺さん

男 「正直何がなんだかだ・・・もう、次は・・・渡辺さん・・・くぁっ!!!?」

佐藤「・・・」

男 「あ、あの・・・実はサンタさんからですね・・・そのプレゼントを託されてですね・・・」

佐藤「・・・PS3・・・」

男 「うえっ!?あの・・・一体何が・・・ですか?」

佐藤「渡辺さん・・・PS3が欲しいみたいなのよね・・・」

男 「へ・・・へぇ・・・い、今手に入れるのは至難の業じゃないかなって・・・」

佐藤 ギロリ

男 「ひいっ!!!か、買ってきます!!!な、何がなんでも!!!」

佐藤「ふん・・・可愛い・・・渡辺さん・・・」
渡辺「うにょうにょ・・・すぅ・・・」

脇谷

男 「俺の野郎・・・泣いてたな・・・次は、脇谷さんか・・・」

脇谷「すぅ・・・すぅ・・・」

男 「欲しいのは・・・?んぅ?」

脇谷
『出番』

男 「・・・すまない」

脇谷「な、なんで謝るんだよっ!!!」

男 「くぅっ!!!」

ツンサメ

男 「さて・・・次は・・・鮫子か・・・」

鮫子「・・・キリキリキリキリ・・・」

男 「歯ぎしり凄いな・・・怖いぞ・・・・さて手紙はっと・・・ん?」

鮫子
『アイス買っといて』

男 「・・・手紙と一緒に・・・1000円か・・・」

鮫子「キリキリキリキリ・・・・」

上田

男 「・・・夢が無いぞ鮫子・・・次はっ・・・っと上田か・・・」

上田「・・・うぎゅ・・・むー・・・むー」

男 「寝ながら怒るなよ・・・ったく。さて欲しいのは・・・っと」

上田
『お金と地位と名誉と身長が180以上でスマートで白衣の似合うメガネの美男子で年収が----』

男 「・・・えっと、携帯・・・っと」

ぴ・・・ぴ・・・ぴ・・・

男 「出会い系に登録しといたぞ・・・」

上田「うむー・・・ずー・・・ぬがぁぁ・・・すー」

誤解殺気

男 「ったく・・・黒すぎだ・・・上田め・・・次は・・・少し緊張するな・・・」

誤殺「・・・・・・」

男 「お!起きてる・・・あり?」

誤殺「すー・・・・すー・・・」

男 「目開けたまま寝るなよ・・・じゃあアイマスクだ」

誤殺「すー・・・すー・・・」

男 「こ、怖かったなぁ・・・次は?なんだ友の野郎か・・・」

友 「んがー!んがー!」

男 「はいはい、じゃあさっさと手紙・・・ん?」


『恋人』

男 「はは、しょーがねぇーなぁ・・・ほら」

俺 「むー!!!むー!!!」

男 「そして・・・リボン巻いてっと・・・ほら!びっくりするぞ・・・友の野郎」

俺 「むぐふー!!!むぐふー!!!」

男 「それじゃ・・・良い夢を・・・」

俺 「むーーーーーーーーーー!!!!!!!!」

友 「うにゃうにゃ・・・にゅふふ・・・あいしてりゅよはにぃぃ・・・」

ぎゅっ

俺 「ぬっふーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」

やさしい

男 「へへ・・・何か良いことした後は気持ちがいいなっと・・・次は・・・優か」

優 「すーだよー・・・すーだよー・・・」

男 「ね、寝ながら笑ってるぞ・・・この子は・・・あれ?サンドイッチと・・・暖かいコーヒー・・・」


『サンタさんへ、寒い中ご苦労さんなんだよーこれで暖かくして頑張ってなんだよー』

男 「優・・・」

優 「すーだよー・・・ぐーだよー・・・」

男 ずず・・・

男 「暖かい・・・へへありがとな・・・優、あれ?もう一枚・・・手紙が・・・」


『世界平和』

男 「くうっ!!!俺は汚れてるなぁ・・・うう・・・」

火星人

男「優…サンドイッチ美味かったぞ…次はシオンか」


火星人「z」

男「欲しいのは…伊勢海老1年分?」

火星人「zz」

男「1年分てどれだけだよ具体的に…しょうがないからとりあえず1尾…」

触手A「そこに置いといてくれ」

男「あいよ」

触手B「ご苦労様」

男「いえいえ」

火星人「zzz」