|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

鸚鵡返し


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ

新ジャンル「鸚鵡返し」

物語

男「よしよし。それにしてもそんな特別にクレープ好きなのか」
女「別に」
男「何だそれ。わけわからんぞ。じゃあどうしてそんなに行きたかったんだ?」
女「それは…」
男「俺のこと好きなのか?」
女「好き」
男「…悪かった。お前に質問するときは選択肢が必要だっけな。
  クレープが食べたかったのか?何となくか?
  意地か?腹減ってるのか?一人で帰るのが心細いのか?それともやっぱり俺が好き?」
女「好き」
男「クレープが?」
女「…」
男「…俺がだとか言うんですか君は」
女「言うんです」
男「言うんですか」
女「うん」

備考

相手の言った言葉の一部でしか返事ができない
誰もいないとき、もしくは完全に心を許した相手とは普通に話せるらしい。
その場合言語は問わない。

参考