|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

上田


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

出身スレ



物語

こんにちは、私はナレーターの上田です。
今日は幽霊ちゃんと主人公・吉岡くんの出会いについて語りましょう

ある日のこと、吉岡くんが大学からの帰り道を歩いていると、
小学生達が交通事故の供養のために御供えしてある花やお菓子を
けったり、投げたり、めちゃくちゃにしていました。
吉岡「こらこら、そんなことをしてたら祟りがあるぞ!」
声をかけられた小学生達は、吉岡くんに罵声を浴びせつつ、
逃げていきました。
吉岡「ごめんな、あいつらがバラバラにした花とかは今度俺が御供えするから、あいつらを許してくれ」
合掌をすると、吉岡は再び、家路を歩き出した。
幽霊『な…なんて優しい人なの…私のためにあそこまでしてくれるなんて!』
今日から私はあの人と暮らすわ!という気持ちが、幽霊ちゃんの
なかに芽生えてしまったのです。

上田「私も結婚したい!」

備考

はじめはナレーターで40近いおばちゃんという設定だったが、いつしか同級生に。
男日照り。
いい男をゲットするためには冗談抜きで手段を問わない危険な女。
将来の夢は文筆業。
いちおうメガネっ娘。ただし、表情はきつい。
悪霊やドッペルゲンガーとの騒動を経て、ドクオと微妙な感じに付き合うことに。