|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ツンバカと脇谷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンバカと脇谷

脇谷「たまには女の子らしいところも見せないと、いい加減本当に女として見られなくなっちゃいそうだなぁ」
脇谷「うーん、かといっていつまでも渡せそうにないお弁当じゃ埒があかないし…」
脇谷「…そうだ!お菓子ならいつ渡したって違和感は無いはず!」
脇谷「私にだってお菓子くらい作れるってとこ見せてやるんだから」
~製作中~
チーン
脇谷「出来た…味のほうはっと」
サクサク
脇谷「会心の出来ね!これならあの鈍感男でも褒めざるを得ないはず!」

~翌日~
脇谷「よし、渡しに行こう…できるだけさりげなく…」
バカ「あら脇谷さん、何持ってるの?」
脇谷「あ、ツンバカちゃん。クッキー焼いたから男におすそ分けしてあげようかなって」
バカ「美味しそうなクッキーね」
脇谷「ありがとwよかったら一枚食べる?」
バカ「いいの?」
脇谷「平気平気w」
バカ「それじゃいただきます…あら?なんだか右手の指が痛いわね…」
脇谷「ああ!指は一緒に食べちゃだめ!噛むなら指を口から出さないと!」
バカ「そ、それもそうね…(サクサク)あら美味しい、脇谷さんにこんな特技があったなんてしらなかったわ」
脇谷「へへwありがとw」
バカ「ところで、その手に持ってる袋は何?」
脇谷「ふえ?あ、ああ、クッキー焼いたから男におすそ分けしてあげようかなって…」
バカ「美味しそうね…一枚いただいてもいいかしら?」
脇谷「え?」
バカ「ダメならかまわないのだけど…」
脇谷「あ!ううん!全然平気だよ!はい、どうぞ」
バカ「ありがとう、いただきます…あら?なんだか味がしないわね…」
脇谷「クッキーは口に入れてから噛まないと食べられないよ!」
バカ「そ、それもそうね…(サクサク)あら美味しい、脇谷さんにこんな特技があったなんてしらなかったわ」
脇谷「あ、ありがと(何このものすごいイヤな予感のするデジャブ!)」
バカ「ところで、その手に持ってる袋は何?」
脇谷「えええ!?(やっぱりー!」

~くりかえし~

バカ「美味しそうね…一枚…あら?なんだかおなかがいっぱいね…」
脇谷「そ、そっか…それは残念だね…」
バカ「それじゃ、またね」

脇谷「うう、結局残ったのは3枚…どうしよう…」


俺「うー、エクレアが食いてぇ…妥協してもしくはなんか甘いものが食いてぇ…」
俺「ん?なんか甘くていい匂いが」
脇谷「はぁ…」
俺「お、脇谷がクッキー持ってる!フフフ…アイツならうしろから颯爽と奪っても笑って許してくれるキャラだからな…」
タッタッタッタッタ
俺「いただきっ!」
パシッ
脇谷「わぁぁぁぁ!」
俺「やっほー!甘いものだ!(サクサク)うお!なんかめっちゃうめぇ!」
脇谷「……」
俺「脇谷、いい仕事しますなぁ…ってどうした?ツッコミはまだk」
脇谷「……っぅぅぅぅぅ(ボロボロ」
俺「わぁぁぁ!どうした!な、なんで泣いてるんだよ!いつもの事だろう!!」
脇谷「ぅぅぅぅぅぅぅぅ!(ボロボロ」





ツンバカと脇谷if
男「何か小腹がすいたな…」
脇谷「はぁ…」
男「お、脇谷がクッキー持ってるな…フフフ、アイツならうしろから颯爽と奪っても笑って許してくれるからな」
タッタッタッタッタ
男「いただきっ!」
パシッ
脇谷「わぁぁぁぁ!」
男「ふははは!油断してるお前が悪い!(サクサク)腹へってる時は何でも旨いな!」
脇谷「奪っておいてその言い草!?」
男「冗談だ冗談、昔からお前料理だけは上手かったからなw」
脇谷「え…」
男「ん?どした?何か変なこと言ったか?」
脇谷「えあ!?ううん!なんでもない!なんでもない!」
男「そうか、にしてもずいぶん少ないな」
脇谷「ああ、それはツンバカちゃんがw」
~談笑中~
男「っと、もうこんな時間か」
脇谷「あ、ほんとだ…あ、あのさ!久々に一緒に帰らない?」
男「ん?ああ、悪い、シューに買い物手伝わされる約束でな」
脇谷「そ、そっか…ほらほら、またお米投げつけられるまえにさっさと行きなさいw」
男「言われなくてもそうするさ。んじゃまたな~」
脇谷「バイバーイw」

脇谷「…うん、大丈夫、これでまた頑張れる」