|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

クーと脇谷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クーと脇谷

クー「ふぅ…」
脇谷「クーちゃんが溜め息なんて珍しいね」
クー「え?…ああ、脇谷か…ちょっとね」
脇谷「愚痴くらいなら聞くよ?」
クー「…そうだな、お願いしようか」
脇谷「はいはい、お安い御用よw で、どうしたの?」
クー「自分はつくづく脇役なんだなと思ってな…」
脇谷「……どうして?」
クー「私にはヒーや狂うみたいな情熱もなければツンや荒鷹のような可愛らしさも無い」
脇谷「……」
クー「私には何も無いんだよ。ただ、冷静に見てるしか脳の無いただの傍観者だ」
脇谷「……」
クー「そんな私がどうして男を振り向かせられる?この、からっぽの脇役がさ…」
脇谷「…ざけるな」
クー「ん?」
脇谷「ふざけるな!!!!!!!」
クー「!?」
脇谷「何が傍観者だ!何がからっぽだ!ふざけるのもいい加減にしてよ!」
クー「わ、脇谷?」
脇谷「知らないでしょ!デートの途中で、偶然会った女の子と男が喧嘩してるのを見てる寂しさなんて!」
クー「……」
脇谷「知らないでしょ!その女の子を追いかける男の後姿を見送る辛さなんて!」
クー「……」
脇谷「知らないでしょ!好きな人から他の子へのプレゼントを相談される切なさなんて!」
クー「……」
脇谷「知らないでしょ!男から異性としてみてもらえない悔しさなんて!」
クー「……!」
脇谷「あんたみたいにちゃんと女として見てもらえるヤツが脇役だったら!」
クー「……」
脇谷「私は!…私は一体何なのさ…」
クー「あ……」

脇谷「…消えてよ」
クー「!?」
脇谷「戦わないならさっさと消えてよ。目障りだからさ」
クー「脇谷…」
脇谷「そんな程度の覚悟で男の隣にいるなんて、この恋愛(戦い)に対する侮辱だよ」
クー「……」
脇谷「……」
クー「……」 

脇谷「…どうしてここまで言われて黙ってるのよ!」
クー「え?」
脇谷「本当に、本当にクーちゃんの想いってそんな程度だったの!?」
クー「……」
脇谷「私への同情だったら迷惑だ!このくらいで挫折するほど…あきらめるほど私はヤワじゃない!」
クー「…脇谷は強いな」
脇谷「覚悟の差だよ」
クー「覚悟…そうか、私に足りなかったのは、自分を変えてでも一緒にいるっていう覚悟」
脇谷「…やっぱりわかってない」
クー「え?」
脇谷「…男はね、そのままのクーちゃんを見てるよ」
クー「あ…」
脇谷「もう、これ以上は教えてあげない。あとは自分で考えなきゃ」
クー「…ああ、そうだな」

脇谷「…うん、もう大丈夫そうだね」
クー「ああ、もう2度と諦めない。…何かお礼をしなくてはいけないな」
脇谷「いいよ。私たち友達でしょ?」
クー「…ありがとう」
脇谷「…どういたしまして」
クー「うん、なんだか男の顔が見たくなってきたよ。行ってくる」
脇谷「いってらっしゃい」

タッタッタッタッタ






脇谷「…私、ほんと馬鹿だなぁ」