|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

男と脇谷 ~はじまりの日~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男と脇谷 ~はじまりの日~


いまでも、私のヒーローは男だ。

そしてあの日まで、ヒロインは私だった。

今でもはっきり覚えてる。
あの夕焼けの帰り道。
私はヒロインじゃないんだと知った、あの日のこと。
あの時、私は6歳だった。


いつもの公園、いつもの3人。

初めは私が怪我をした。
おいかけっこで滑って転んですりむいて。
膝から沢山血がにじむ。
それでも男は笑って言った。
「どんくさいなぁ。何してるんだよ」
私は笑って返事した。
「あはは、ドジっちゃった」
本当は泣きたいくらい痛かったけど、私は笑って返事した。
私が泣けば、きっと男は困るから。

帰り道、女の子が怪我をした。
ちょっとつまづいてすりむいて。
たいしたこと無い怪我だった。
それでも男は、心配そうに駆け寄った。
「おい、大丈夫か?」
女の子は、恥ずかしそうに返事した。
「こ、このくらいなんでもないわよ!」
男はしゃがんで背中を向けて。
「家までおんぶしてやるよ!」
女の子は恥ずかしそうに、男の背中によりかかる。

転んで怪我した女の子を、幼い男が背負って歩く。
怪我した私はその後ろ、一人でとぼとぼついて行く。

おかしいね、私だって怪我してるのに。

夕焼けで真っ赤に染まった帰り道。
私は思い知らされた。

ああ、男のヒロインはあの子なんだ。


十字路で二人と別れ、しばらく歩いて泣き崩れた。
痛くて、辛くて、悔しくて。

遠巻きに過ぎるお姉さん。
無視して歩くお兄さん。
無関心な大人達。

膝を抱えて泣いてても、誰も助けてくれなかった。

おかしいね、ヒロインが困ってるなら、必ず誰かが助けに来るのに。
どうして誰も私を助けてくれないの?

そして、思い知らされた。

そうか、私はヒロインじゃないんだ。

だから、誰も助けてくれないんだ。

私は立ち上がった。
誰も助けに来ないなら、自分の足で歩かなきゃ。

涙を拭いて、顔上げて、深呼吸をひとつして。

誰も助けに来ないなら、私は強くならなくちゃ。
一人で強くならなくちゃ。





夕闇迫る帰り道、私は脇役になった。