|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

『「誰か」と「誰か」中身が入れ替わったら』


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『「誰か」と「誰か」中身が入れ替わったら』

外見(中身)ということでお願いします。








「渡辺さん」と「佐藤さん」

佐藤(渡辺)「あれれ~?わたしのお弁当がないよ~?」
渡辺(佐藤)「……これ」
佐藤(渡辺)「お弁当だ~、ありがと~」
渡辺(佐藤)「……(コクリ」

俺「…ドジじゃない渡辺さんなんて渡辺さんじゃない!!(泣」
友「だが、ドジな佐藤さんは結構な破壊力だぞ…!」
俺「…ドジッ子属性侮りがたし!」

渡辺(佐藤)「……(渡辺さんの体渡辺さんの体渡辺さんの体渡辺さんの体渡辺さんの体渡辺さんの体渡辺さんの体渡辺さんの体)」
佐藤(渡辺)「あれれ~?鼻血がでてるよ~?大丈夫~?」








「素直ヒート」と「ほぼ無反応」

無反応(ヒート)「男ぉぉぉぉぉぉ!一緒に帰ろうぜぇぇぇぇぇぇぇぇ!!(満面の笑み」
友「…相当クると思ったがここまでとは…!」
俺「…やべぇ、俺感動だけで鼻血がでそうだ」


ヒート(無反応)「……(ペラ」
俺「くぅぅ!さっきとは逆ベクトルの破壊力…!」
友「元々スペックは非常に高い上に、男曰く「唯一の欠点」が無くなった訳だからな…」
俺「ヒート…恐ろしい子…!」








「ミツメル」と「誤解殺気」

誤殺(ミルナ)「( ゚д゚ )」
友「殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される」
俺「小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!」
誤殺(ミルナ)「( ゚д゚)」
友「はぁ、はぁ、プレッシャーで死ぬかと思った」
俺「俺、心不全起こしそうになった…」
誤殺(ミルナ)「( ゚д゚ )」
友「殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される殺される」
俺「小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!小銭しかないっす!」


ミルナ(誤殺)「~♪」
友「なんかすっごい嬉しそうに見つめてるぞ」
俺「まぁ…脅えられることが無いからな」

ミルナ(誤殺)「あ…猫さんの着ぐるみだ…(ドキドキ」
ミルナ(誤殺)「…えい!(ぽふん」
着ぐるみ「……(なでなで」
ミルナ(誤殺)「…えへへ」

友「…癒されるな」
俺「ああ、癒されるな」








「すみっこ」と「ダンボール」

友「えーと、こっちにいるのがえーじで」
ダンボール(えーじ)「うに」

俺「こっちにいるのがダンちゃんなわけだ」
えーじ(ダンボール)「……(ゴトゴト」

友「んで、ダンちゃんは何でダンボールに入ってるの?」
えーじ(ダンボール)「……(ガタガタ」
俺「なんだか落ち着かないらしい」
えーじ(ダンボール)「……(ゴトゴト」

ダンボール(えーじ)「私はとっても落ち着く」








「実は女だった内気な奴」と「サブキャラ」

脇谷(内木)「あ、あのさ…一緒に帰ってもいいかな(不安そうな上目遣いで」
男「!!…あ、ああかまわないぞ(やべぇ…脇谷ってこんなに可愛かったっけ…)」
脇谷(内木)「本当…?うれしい…!(軽く涙ぐみながら微笑む」
男「お、大げさなヤツだな…ほ、ほら、行くぞ!」
脇谷(内木)「うん!」

俺「こ、これは予想外だ…!脇役オーラが無くなっただけで…」
友「あ、ああ…正直、ここまで化けるとは思わなかった」

俺「…で、あっちはどうしたの?」

内木(脇谷)「ブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブツブ(教室の隅に体育座りで壁を見ながら」

友「…普段とまったく変わらないと思っていたが、こっちには一発逆転イベントがあることに気がついたんだろ」
俺「あー、限りなく近い立場のヤツとの絶対的な差を見せ付けられちゃった訳か…」
友「…不憫なヤツ」







「魔法少女」と「内気魔王」

内魔(魔法少女)「くらえ!エターナルフォースブリザード!!!(一瞬で大気中の水分が凍りつく」
俺「誰だ!あいつと内魔ちゃん入れ替えた馬鹿は!!!」
友「いいから止めろ!!!!!!」


魔少(内魔)「え、えーと、あの…なんでしょうか?(顔を真っ赤にして」
俺「…平和だな」
友「ああ、平和だな」
魔少(内魔)「あ、あの…はうぅぅぅ(顔を真っ赤にして気絶」
俺「…萌えだな」
友「ああ、萌えだな」







「友」と「俺」
俺(友)「さて、ここまでで俺達が入れ替わってると気付いた人は何人いるかな?」
友(俺)「いるわけないだろ」
俺(友)「…それもそうだな」

俺(友)「ところで」
友(俺)「ん?」
俺(友)「お前って本当に男だったんだな(ペタペタ」
友(俺)「跡形も無く塵にしてやる」
俺(友)「ちょ、ま、落ち着けコレお前の体だかrぁfjkdlkだl;いだjf」







「ひよこすとぉかぁ」と「素直狂う」

タッタッタッタッタッタ
トテトテトテトテトテ

狂う(日和)「ゆうやぁ…ゆうやぁ…」
ゆうや「はぁ、はぁ、はぁ、俺が何したっていうんだ…!」
狂う(日和)「やぁ…おいてっちゃやぁ(半べそ」
ゆうや「くっ!追いつかれる…まずい!日和!こっちに来ちゃダメだ!」
日和(狂う)「…クスッ(ナイフを取り出す」
ゆうや「…っ!日和…何を…!」
日和(狂う)「心優しい親鳥さん、ヒナをいじめちゃダメですよ♪」
ゆうや「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

俺「…ホラーだな」
友「ああ、これは恐いぞ…!」

ゆうや「見てないで何とかしてくれ!!」
日和(狂う)「ほーら、頑張らないと当たっちゃうよ?」
狂う(日和)「グス…グス…ゆうやぁ…(ぎゅ」
ゆうや「あああ!ダメ!今しがみついちゃダメ!!!」






「守護者」と「恵」

DQN「げへへ、金出せや!」
守護(恵)「いやぁぁ!助けてぇ~!」

恵(守護)「はぁっ!」

バキィッ!!

DQN「グハァ…」ガクリ

守護(恵)「あ、ありがとう…助かったぁ」
恵(守護)「気にするな、たまたま通りかかっただけだ」


俺「か弱そうな娘が逞しそうな男を守るとは…」
友「これは新鮮だな」









「やさしい」と「ツンサメ」

鮫子(優)「あ、友君、お財布落としたんだよ~」
友「え?あ、ああ、ありがとう…」
鮫子(優)「どういたしましてなんだよ~」
友「……」
鮫子(優)「……」
友「……」
鮫子(優)「……?」
友「…あ、いや、なんでもない」
鮫子(優)「変な友君~」

友「わかってはいるんだが…なんか裏があるような気がして…」
俺「…わかる、わかるぞその気持ち」


俺「あ、まずったな…財布忘れた」
優(鮫子)「……」
俺「……」
優(鮫子)「…何?(ギロリ」
俺「え!?いや、なんでもない!」
優(鮫子)「お金なら貸さないわよ。自業自得でしょ」
俺「そ、そうだよな!その通り!じゃぁな!!!」
タッタッタッタッタッタ

優(鮫子)「変なヤツ」

俺「わかってはいるんだが…俺の中の何かが、もう耐えられないって…」
友「…わかる、わかるぞその気持ち」






「素直クール」と「ツンデレ」

ツン(クー)「さて、今日も男のところへ行くか」
クー(ツン)「ちょっと待ちなさいよ!」
ツン(クー)「ん?どうした?」
クー(ツン)「男のところに行ってどうするつもりよ!」
ツン(クー)「いつもどおりだが?」
クー(ツン)「ダメ!絶対ダメ!」
ツン(クー)「何か問題でもあるのか?」
クー(ツン)「だ、だって!今クーは私だから!」
ツン(クー)「…ツンは男が嫌いなのか?」
クー(ツン)「そ、そんな訳ないじゃない!」
ツン(クー)「だったら何の問題がある?」
クー(ツン)「え、えーっとそれは…と、とにかくダメなものはダメ!!!!!」
ツン(クー)「おかしなツンだ」

友「ストレートに愛を囁くツン」
俺「顔を真っ赤にして叫ぶクー」
友「ギャップ萌えの極地だな」
俺「ああ、わき腹の浪漫回路が唸りを上げてるぜ」





「脳内実況」と「看板娘」

看板(脳実)「…(すっかり春めいてきました今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
       私は現在何故か看板娘さんと脳内が入れ替りまして、喫茶エクレールの前で看板を持っております。
       しかし、この看板が以外と重く、長時間立ちっぱなしの持ちっぱなしはかなり堪えるのです!
       看板娘さんがこのような苦行を毎日行っていると思うと、私関心と感動で言葉もございません!
       まるで水面下で必死に足を動かす優雅な白鳥のごとき美しさです!)」

友「…変わらないな」
俺「…そうだな」

脳実(看板)「……」

友「…変わらないな」
俺「…そうだな」


読心クール「脳実、今日はやけに静かだな」
脳実(看板)「…カキカキ『そうかしら?』」