|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

男が記憶喪失になったようです10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツン「で、そこの馬鹿」

男 「ぬ? さっきから人の事を馬鹿馬鹿と……大体言うのならこう
   もうちょっと可愛らしく、胸元に『馬鹿馬鹿ぁ』みたいな感じでだな」

ツン「す、少し黙りなさいッ、この馬鹿面した間抜けッ!」

男 「ぐっ……」

ツン「なぁんで、記憶喪失の事を黙ってたのかしら? 男……」

男 「……」

ツン「なぁに黙ってんのよぉ……その口は何の為についてんのよ」

男 「しゃ、喋ってもいいのかッ!?」

ツン「喋らないでどうやって答えるのよッ! この馬鹿ッ!」

男 「ぬ、ぬぐぅ……なんちゅう女じゃあ、このツインテールは」

ツン「あんですって!?」

男 「ヒイッ!」

クー「少し落ち着け、ツン。男が怯えてるじゃないか」

ツン「うぎゅ……」

男 「その、えっと……だ、黙ってた理由はだな」

クー「うん」

男 「面白そうちゅうか、見知らぬ世界を歩く旅人気分というかだな
   俺の空チックに空が青かったからみたいな……って何で皆、頭を抱えてるんだ?」

ツン「……」
クー「……」
ヒー「……」
荘厳「……」
ミリ「……」

男 「ま、まあそういうことじゃけん、ふ、深い意味は無くってよ」

クー「……」

男 「えっと、おしまい……なんだけど」

クー「男」

男 「んお? どうした?」

クー「やはり君は、お仕置きが必要なようだ」

男 「何でッ!?」

男 「うぉーいうぉーい!」

ヒー「まったく、君はどうしようもないな……ほら、あまり泣くな」

男 「ぐ、グーで殴った人がそれを言いますかッ!?」

ツン「グーで済んだだけでも感謝しなさいよねッ、まったく……ホラ!
   こっち向きなさいよ、消毒液が跳ねるじゃない、もう」

男 「いだだだだだッ! しみしみしみるッ!」

ヒー「そ、その……男ぉ、だ、大丈夫か? えっとその
   少しやりすぎたというか、お! 男が悪いんだからなッ!!!」

男 「……まあ心配かけていたんだろうな、少し何時もと違っていたかもしれんし」

ミリ「いや、いつも通り馬鹿丸出しだったぞ、少し違和感はあったがな」

男 ←涙目

荘厳「うー……」

男 「えと? そ、荘厳さん……だったかな? どうした? そんなに唸って
   背後にドラゴンが見えるんで少し自重して、欲しい、かな? なんて言っちゃったり!」

荘厳「な、納得が出来ませんわーーーーー!!!」

男 「ヒイッ!!!」

ミリ「どうした荘厳、そんなにドラゴン暴れさせて」

荘厳「仰ってる意味が判りかねます! だ、大体本当なんですの!? 記憶喪失!
   こ、この私が見抜けないだなんて、納得がいきませんわ!」

男 「あ、あの……えっと、あじゃあっ! 火、火がぁッ!」

荘厳「こ、この私が見抜けないなんてありえないんですッ! 男様の将来を誓い合った伴侶の私としてはッ!」

男 「え? そ、荘厳さんはオレの嫁なのか?」

ヒー「そ、荘ぉぉぉぉ厳ッッッ!! おまおまおま、お前は何こんな時に大嘘ついてんだッ!!!」

クー「そんな事実は無い、気にするな男」

男 「そ、そうか……びっくりしたわい」

クー「君はいつも通り、この私を見つめていればいいのだからな
   おっと、これは皆に秘密だったかな? すまない男……ふふ」

男 「えええええッ!? つ、つまりオレは君の、えっと? な、何なのさ?」

ミリ「気にするな、あんな女狐のこんこんちきは無視してかまわんぞ……あんなへっぽこ眼鏡
   どうせこの機会にこの私から寝取ろうと考えているある意味、可愛そうな子だからな」

クー「ああ、男。ミリ子の寝言なんて気にするなよ、彼女はたまに起きながら寝言を吐くんだ
   可愛そうにな、ベトナムできっと何かトラウマを背負ったんだろう、優しい私はそれでも
   平等に付き合うがな、ふふ……」

男 「あ、あの! 皆おおおおお落ち着け、まままままだ慌てる時間じゃないッ!」

クー「クッ!」
ミリ「フン!」
荘厳「……む」

ヒー「お、男ぉぉぉ……や、やっぱり私の事もわ、忘れてしまってるのか?」

男 「あ、ああ……すまない」

ヒー「い、いいんだ! その……私は男が元気なら、そして……」

男 「え……」
男 (この子、いい子だなぁ……元気で、それでいて健気で)

ヒー「この、お腹の子供の認知さえしてくれたら、きっと今までどおりやっていけるぞっ!!!」

男 「ブーッッッッ!!!!」

ヒー「男ぉ~二人で話したよね……『男のだったら星也って名前で、女の子なら真紅だな!』って」

男 「な、何てセンスだ……オレって、じゃなくてッ!! こ、子供ッ!!!?」

ヒー「ふふ、ダーリンッ。さあ今日から私の家に行くぞッ!! 手取り足取り介護するからなッ!」

男 「ちょ、ま」

クー「な、なんだと!? お、男ッ何時の間にし、仕込んだ!!」
男 「し、仕込んだとか言うなッ!!」

(新ジャンル「甘え下手の策略アンニュイ」=甘策表記)

甘策「ふぅ、いい加減にしなさいよ、ヒート」

ヒー「い、いい加減とは何だ! わ、私は真剣にだな男の!」

甘策「……昨日、私から『アレ』借りていったわよね」

ヒー「う、えと、その……」

男 「アレ?」

甘策「女の子の必需品よ、たまたま周期が早まったのかしらね……ヒー」

ヒー「うううううう!!!」

甘策「ふふ、惜しかったわね、お馬鹿さぁん」

男 「えっと、あの」

甘策「ふぅ、まあ良いわ。とりあえず先週した約束は覚えてるかしら?」

男 「先週? あーすまん……その、三日くらいしか、えっと」

甘策「もう……今週の日曜は私の買い物に付き合うって約束だったじゃない、馬鹿ね」

男 「そ、そうなのか? じゃ、じゃあ」

友 「え? 今週末は俺たちとゲーセ……がふッ!」

(新ジャンル「やさしい」=優表記)

優 「あ、あははー男君モテモテだね」

男 「そ、そうなのか?」

優 「あははー甘策さん、友君に容赦ない鈍器浴びせてるよ」

男 「ひ、ヒイッ!!」

優 「……」

男 「……ん?」

優 「男君、言ったんだよーこの前」

男 「え?」

優 「……『オレは少し胸が控えめなお前が好きなんだ』って、もう照れるんだよー」

男 「お、オレはちっぱい好きだったのか!?」

優 「あははー」

男 「そうか、オレって結構記憶失う前は『マニアック』だったんだなぁ……しかもちっぱいだとハァッ!!」

優 「あははー男君^^――――ちっぱいとかマニアックの意味が判んないんだよー」

男 「あ、あの……えっと、な、何で鈍器を振り上げるの、かな? かな?
   て、てか誰か助けろッ! そこの女みてぇな男ッ!!」

俺 「お、オレを巻き込むなッ! た、頼むッ、は、離せ!」

男 「おおおお俺を見捨てるなッ! つ、つーかいい加減中立の奴に俺の歴史を語らせるべきなんだッ!」

俺 「お前の黒歴史なんざ知らんわッ! か、勝手にしろよな!」

男 「だ、誰なんだッ! この中で本当の事言ってる奴はッ! ってか居るのか?!」

俺 「知るかよぉー! あ、ちょ! 猫、こっち来い!! 猫ッ!」

猫 「ん? 何だ?」

俺 「おおおおお男の歴史というかな? 男と女たちの間に入ってと、とりあえず何とかしてくれ!」

猫 「はぁ? 馬鹿かお前らは、そんな面倒な事はせんよ、勝手にせぇ」

俺 「あああああ! ま、窓から逃げたッ!! 男も追えッ! 行くぞッ」

男 「うああああ! ね、猫が喋った!!」

俺 「うるせぇーーーー!!」




一方その頃、男宅で

冷蔵庫 ぱたん

火銀「……」

冷蔵庫 ぱたん

火銀「……」

押入れ ごそごそ

火銀「……」

戸棚 ごそごそ

火銀「……」

台所 ごそごそ

火銀「……#」

冷蔵庫 どがん!

火銀「男の糞ったれぇぇぇぇ!!! 食べるものが何もねぇーじゃねぇーかぁああああ!!!」

(新ジャンル「火銀燈」=火銀表記 )