|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

男が記憶喪失になったようです12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

表記一例
新ジャンル「ツンバカ」=バカ

新ジャンル「ツンサメ」=鮫子

新ジャンル「俺」=俺と友

新ジャンル「無駄に荘厳」=荘厳

新ジャンル「軍事オタ」=ミリ

新ジャンル「やさしい」=優

新ジャンル「やる気のない古本屋の女店主」 =店主

新ジャンル「淡白」=淡白

とらいんより不良=不良



バカ「おはよー♪ 鮫子……ってどしたの? 机に座るなり伏せちゃって」

鮫子「……何でもないわ」

バカ「ふーん、まあ何か悩み事だったら一人で抱え込んじゃ駄目よぅ
   こういう時の為の親友なんだからッ! ま、まあ……恋愛相談以外で」

鮫子「……」

バカ「ど、どしたの? あ、あっちしを見つめちゃったりなんかして」

鮫子「ツンバカ、アタシの事怖い?」

バカ「い、いきなり何よぅ……そんな目つきじゃ誰だって怖がるもんよぅ
   ホラ! 笑って笑って♪ 鮫子たーん♪」

鮫子「……え、えへへー鮫子たーんよぅ♪」

バカ「う、うえぇ……鮫子がおかしくなった……」

鮫子 ギュッ←硬度10

バカ「ち、違うのッ! まさか乗るとは思わなくッま、マグネッ――にゃあああ!」

友 ガクガクブルブル←全部見てた
俺 ガクガクブルブル←全部見てた
男 ハァハァハァハァ←おっぱいしか見てない

姉御「ホラ! 席にさっさと着く! 出席取るよ!」

男 「ハイ! 男ここに居ます!」

姉御「……バカ出席ね」

男 「あの、もうちょっと優しく。なんつっても記憶喪失のナイスガイなんですから
   もうちょっと優しくしてもバチはぁ当たらんと思うんじゃが……てんてぇ♪」

姉御「何ならこれで殴ってみる? 勢いでそのまま記憶が元に戻るかも♪」

男 「お前ら! さっさと席に着かんかい! 先生様の怒りが落ちる前に!」

姉御「ったく、この男は……記憶失っても悲壮感の一つありゃあしない」

男 「そ、そんなに褒められると照れるのう。もしかして禁断の恋ですかッ!?」

姉御「やっぱり一発殴っておくわ、少しはまともになるかもね」

男 「お前ら! さっさと席に着かんかい! まったくこのクラ」

ツン「男、煩い……その口にマチ針ブッ刺して縫い付けるわよ」

男 「……」

姉御「ツンの言うことは聞くんだな……まあ男は女の尻に敷かれてる
    くらいが丁度良いとも言うくらいだか――」

荘厳「男様♪ そんなとびっきりおっかねぇ席に座るくらいでしたらこちらへいら」
姉御「荘厳、廊下立ってろ」

男 「な、何だか廊下の方向が物凄く眩しいんだが」

姉御「はい! お喋りしない! 次、ミリ子!」

ミリ「ハッ!」

姉御「実に良い返事ね、まったく……まあミリ子さんは真面」

カチャン

ミリ「!!!?」

友 「おっと、ペンケースがっと……」

優 「はい、友君ペンケース落ち」

チュイン パシャン

ミリ「あ……」
優 「あ……」
友 「あ……れ?」

ミリ「すまない、友。不意な金属音に反応してつい撃ってしまった、許せ」

姉御「……ミリ子、持ち物全て教卓に置いて廊下に立ってろ!」

ミリ「し、しかし武器一つ持たず如何にしてして戦場を生き延びろと言うのだ!」

姉御「ここは学び舎! 学校の三階の教室の一角! 廊下はあっち! 進めっ!」

男 「……廊下から異様な光と妙な薬莢の匂いで何が何だかな……」

姉御「それじゃ、えっと淡白? 居ない、か。まぁたあの子は……」

男 「た、蛋白ちゃんだなんてそな卑猥な……」

ツン「……」

男 「ぁぃ……さぁせん……」





その頃-------

店主ぺら――ぺら

淡白ぺら――ぺら

店主「……ん? こんな時間か、おーいそこの学生」

淡白「ん?」

店主「ガッコ、行かねぇの?」

淡白「今良いところだから」

店主「ふぅむ、たまぁに早く店開けるとこれだもんねぇ……まあいっか」

淡白 いそいそ

店主「コラ、店の商品にしおり差し込むなって」





手紙 ぽーん

男 「あてっ? 誰だよっ、って手紙か?」

友 「……ニヤニヤ」

男 「ったく、くだんねぇ用事だったらとっちめてや――ほう」

友 「……ニヤニヤ」

男 グッ!

友 グッ!

手紙「放課後遊びに行こうぜ、前にもよく行ってた
   ゲーセンな男同士の友情も大事にせぇよ」

男 (ゲーセンか……そういや最近は女達に振り回されっぱなしだしな)

男 (……男連中だけにしろよッ! と念を押しておくか)

ツン「……何ぼうっとしてんのよぅ、授業に集中しなさいよね」

男 「おう」





不良「んー……つまり何か。あー」

男 「お休みの所起こしてしまって大変申し訳ない、つまりだ」

不良「金を貸せと」

男 「ぴんぽーん♪ つかお前も来いよぉ、なっ! 今日は男祭りで
   男同士の友情を深めようではないか、まる」

不良「んー」

男 「まだ寝ぼけてるのか?」

不良「俺は今朝方までバイトだったからなぁ……ふぁ」

男 「ふむ、身なりと振る舞いはいっちょ前に不良の癖に
   やってる事は男だなっ! 気に入ったぞ! 金貸せ」

不良「まあ悪くないかもなぁ、最近は友とも俺の野郎とも遊んでねぇし」

男 「だろ?」

不良「つか、何で金借りるのが俺なんだ? もっと他にいるだろうに」

男 「女連中だと確実に合流されちまう、友の野郎は貸せるほど余裕が無い
   俺のアンニャロウは『じゃ、じゃあここに契約書書けよな!』とか言うし」

不良「幾ら持ってる?」

男 「70円」
不良「惜しいな、俺は380円だ、タバコ買ってお終いだな」

友 「お? こんな所に居たのか、どうよ? 金の目処はついたか?」

男 「……」

不良「……あー友、火貸してくんね?」

友 「相変わらずだなおめぇは、結構目付けられてっから気ぃつけろよ、ホレ」

不良「さんきゅ」

俺 「居たか? 友、おお? やってるねぇ」

男 「さて困ったな、金が無いぞ」

ウエ「あ、不良君! もう、皆が探し……う、うえっ! た、タバコッ!」

友 「捕獲」
俺 「開始」
不良「完了っと」

ウエ「ちょ、止めッ止めてよぉおおお」

男 「すまないな、少年。君と友情の絆を深めたくなったのだよ……」

ウエ「ひ、ひいいい。ひぎゃあああああああ!」

男 「さて、これでメンバーも軍資金の確保も出来た訳だが」

不良「ちゃんと返すんだろ? あいつの金だし」

男 「それはモチのロンだ」

不良「……ぷか」

男 「……」

不良「やっぱ不安かぁ」

男 「えっ!?」

不良「いやな、やっぱ記憶が無いってのは不安なんだろうなってこった
   今までのお前はここまで必死にやってきてんだろうしなぁ」

男 「……」

不良「ワリィ、少し突っ込みすぎたか?」

男 「あ、あのよぉ! や、やぱぱ違和感とかあんのかな!? なぁ!?」

不良「逆だ、違和感が無さ過ぎてんだよ。おめぇは」

男 「そ、それなら良しではないのかのう」

不良「んなわきゃねーだろ。だからこその違和感があるんじゃねーか
   演技なのか、それともこいつ記憶が戻ってるんじゃねーのか?
   ……まあ、なぜそこまで完璧を装うのかまでは、わかんねーけどな」